展示会スケジュール

おつつみ展~和布とあそぶ~

おつつみ展~和布とあそぶ~ 本日閉会。
次回、乞うご期待!
─  ふろしきと手拭い ─
DSCN1204web thumb DSCN1210web thumb DSCN1214web thumb DSCN1215web thumb

会期:2009年1月26日(月)~31日(土) 11:00am~7:30pm ※最終日は午後5時まで
◆◇◆ 風呂敷と手拭いは『くらしの和布』として「古風」にも「今風」にも見事にマッチするオシャレな素材です。 ◆◇◆
おつつみ展~和布とあそぶ~が閉会しました。 風呂敷(ふろしき)や手拭い(てぬぐい)は以前は人々にとって大変身近な存在でした。
それが生活の洋式化とともにバッグや紙袋に押しやられ、すっかり引き出しの奥に仕舞い込まれてしまいました。
ところがここ数年、風呂敷と手拭いが「環境問題」「省資源」「レジ袋有料化」など様々な観点から見なおされてきています。
正に「もったいない」を実行するエコロジーの旗手ともいえるのが風呂敷と手拭いといえますね。
一枚の布が、さまざまな形のものを包み、安全に運び、バッグの代わりにもなります。
また、結んだ姿が美しいので贈り物を引き立てるラッピングにもなります。
そして一枚一枚の布地の美しさと和の伝統を伝える多彩な図案もとても魅力的。
今回の作品展では1901年創業という京都の老舗『宮井』の風呂敷、 「江戸の粋」として知る人ぞ知る「江戸千代紙のいせ辰」の手拭いと風呂敷、 イタリアのコモと並び世界中のハンカチ・スカーフの染色を手掛けて高い技術を評価されてきた 横浜伝統の型染め『捺染(なっせん)』の手拭いをご紹介致しました。
特に一枚の手拭いを、一冊の本になるように折りたたみ、 和綴じしてできた「てぬぐい本」は2007年度のグッドデザイン賞受賞の優れもの。
赤い綴じ紐をほどけば一枚の手拭いとして使えます。
幕末開港以来、洋のデザインと和の粋を活かした伝統工芸『横浜捺染』の傑作です。
おしゃれな手拭い・風呂敷で地球に優しい生活をしてみませんか?

創作ちりめん・染めと和布 二人展

創作ちりめん・染めと和布 二人展 本日閉会。次回、乞うご期待!
─  服部芳子・梶田けい子 ─
DSCN1149web thumb DSCN1155web thumb DSCN1160web thumb DSCN1167web thumb
※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。
会期:2009年1月19日(月)~23日(金) 11:00am~7:00pm ※最終日は午後6時まで
◆◇◆ 丹後ちりめんの優雅なオリジナルウェアと懐かしの風に吹かれるような和布を使った一品物の創作服です。 ◆◇◆
創作ちりめんと染めに和布の二人展が閉幕しました。 共に当ぎゃらりー初のお目見えとなります服部芳子さんと梶田けい子さんのお二人です。
高級感あふれる丹後ちりめんを活かした優雅で個性的デザインの創作服は名古屋市のちりめん工房『夢』服部さん。
伝統に培われた丹後で織られ 京都で染められた『夢ちりめん』はフォーマルにもカジュアルにも重宝に着こなして頂けます。
更に素材はポリエステル100%ですので、しわになりにくくウォッシャブルでお手入れも簡単。
色が落ちたり、縮んだりすることなしに洗濯が出来るので旅行着やお出かけ着にいいんです。
また工房スタッフの妹さんが手掛けられる一品物の手描き染も必見。
パンツ、コート、ジャケット、ブラウス、ベストと豊富に揃った品揃えも嬉しいところです。
かたや懐かしい風に吹かれるような日本の和布を使った一品物の創作服は岐阜市の和布工房『カジタ』梶田さん。
パッチワーク使いの絣ジャケット、コート、ローケツ染めのベスト、大島紬の刺し子ブラウスなど 多彩で個性的な作品が勢揃い。
着やすさを十分考慮した作りですので、古布の使い方も納得のいくところ。
大変手間の掛かる刺し子の仕事は障害者の方にお願いするなど ざっくばらんで明るいお人柄がうかがい知れる素敵なウェアです。
他に工房スタッフのお姉さんが作る和の小物や置物も楽しい逸品です。
二人展の作品は店主ブログ「モノもの応援帳」でも詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみて下さい。

長岡一夫 と てん技グループ 漆のしごと展  閉会御礼。

長岡一夫 と てん技グループ 漆のしごと展  閉会御礼。
次回、乞うご期待! ─  摺り漆・乾漆・螺鈿 ─
DSCN1027web thumb DSCN1031web thumb DSCN1033web thumb DSCN1037web thumb
※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。
会期:2009年1月12日(月)~17日(土) 11:00am~6:00pm ※最終日は午後5時まで
◆◇◆ 足付き笊、水盤に竹輪象嵌をしたものをものを中心に板膳、竹筒、乾漆等の作品が並びました。 ◆◇◆   
「漆のしごと」が閉幕しました。 長岡一夫さんと長岡さん率いる職人集団「てん技グループ」の木と漆の作品展です。
長岡さんの始まりは百貨店宣伝部でのポスター書き。半世紀も前の話です。
このときのレタリング経験が 今回の作品展の特徴である「文字」につながるとは御本人自身、思いもよらなかったことでしょう。
爾来、ウィンドウ装飾・商品展示用小物の製作・売場改装・飲食店等の内装工事・美術館 博物館の展示にかかわって50年。
その間、木工芸の分野にも関心を高め、10年程前からはご自身で漆の仕事を手掛けるようになりました。
木地は主に、てん技グループのメンバーがこしらえて、漆塗りと加飾は長岡さんが一手に引き受けるという仕組み。
リタイアした大工さんから家具職人まで多彩な人材を抱える 長岡さんとてん技グループならばこそ出来る、バラエティー豊かな作品の数々です。
家具・板膳・鉢・盆・椀・木皿など、これまでの仕事の集約を興味深くご覧頂くことが出来ます。
漆のしごと展の作品は店主ブログ「モノもの応援帳」でも詳しくご紹介中。 どうぞのぞいてみて下さい。 

山下春径 付立染展 ─年の瀬を飾る─

山下春径 付立染展 ─年の瀬を飾る─  閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─  和服・洋服・靴・傘・マフラー ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年12月21日(日)~27日(土) 11:00am~7:00pm ※最終日は午後4時まで
◆◇◆ 付立染とは下絵もなしに、一気に一筆で描き上げる技法。それ故、同じ作品は絶対に出来ません。 ◆◇◆  
押し迫った年の瀬に、付立染の数々を美しく楽しく飾る付立染展。
『年の瀬を飾る』を題しての本年二度目の山下春径さんの作品展です。
付立(つけたて)染とは友禅染や紅型染と違い、下絵なしで直接、布地に一つ一つ写生をもとに絵を描く染物です 着物・帯からテーブルセンター・ブラウス・帽子などの小物まで、 山下春径さんは付立染の技法で山野草の花を咲かせます。
素朴で可憐な花たちは私たちに季節の野山を思い起こさせてくれることでしょう。
山下春径さんの人と作品は初夏の折の記事ですが、店主サイト「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみて下さい。

きよ陶房 清水 久 陶展 

きよ陶房 清水 久 陶展  閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─  HISASHI KIYOMIZU CLAY WORKS EXHIBITION ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年12月15日(月)~20日(土) 11:30am~7:00pm ※最終日は午後5時半まで
◆◇◆ 清水さんは生粋の京都人。京都ならではのモダンで個性豊かな食器と花器と茶器の作品展です。 ◆◇◆
京都・岩倉の地で、食器を中心とした作陶活動を続ける清水 久さんの作品展が閉幕しました。
東京では二年ぶりとなる個展です。
清水さんは江戸時代より連綿と続く京焼の名家『清水六兵衛』家の分家筋にあたるというバックボーンを持ちながらも 陶芸の世界に新たな造形分野を切り開いた作家、八木一夫 (1918-1979)に師事。
伝統とモダンのせめぎ合いのなかで独自の陶境(スタイル)を築き上げてきた陶芸家です。
伝統に根ざし、新しい意匠に創意をこらして出来た作品の数々には 類稀な個性に出会う喜びがあります。
今回は年の瀬ということで一陽来復の初春、年の初めを寿ぐに相応しい華やぎの器も色々と並びました。
人々の心を沸き立たせてくれる新年の食卓で、きっと賛嘆の声があがることでしょう。
また清水 久さんの仕事には金彩・銀彩・練り込み・線彫りといった様々な陶芸技法が使われています。
成形方法もロクロとともに、石膏型を重用。
型というと「なぁんだ、型で作るのか」 ……などという声をよく聞きますが 手作りの型はロクロと比較すると、量産にはとても不向き。
ですがその不自由さに魅力があります。 ロクロでは出来ない表現が可能なのです。
フォルムへの厳格な姿勢は、お父様が彫刻家であられたというのが、うなずける逸品の数々です。
次回展は再来年(2010年)12月13日(月)から18日(土)に早々と決定。お楽しみに!
清水 久さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」でも詳しい作品のご紹介をしております。
どうぞのぞいてみてください。 

吉田百合香 百合香工房手織り作品展

吉田百合香 百合香工房手織り作品展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─  タピストリー・ストール・マフラー・上衣・テーブルセンター etc. ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年12月8日(月)~13日(土) 11:00am~6:30pm ※最終日は午後5時まで
◆◇◆ 一色ずつ染め上げた糸を、一打ちごとに心を込めて丹念に織り込んでゆく手仕事の織物です。 ◆◇◆  
百合香工房 手織り作品展が閉幕。今回でなんと33回目の会になりました。
作品は着尺・タピストリー・ストール・マフラー・テーブルセンターからウェアまで色々。
すべて手織りで、一色ずつ染め上げた糸を一本ずつ丹念に織り込んで行くという 丁寧な手仕事から生まれたものばかりです。
主宰者の吉田百合香さんは東京生まれ。 女子美術大学 芸術学部 工芸科を卒業されました。
その折に師事されたのが染織工芸家で、民芸運動の創始者・柳宗悦のおいに当たる柳 悦孝先生。
当時は芹沢銈介先生も頻繁に同大学を訪れ、学生と親しく交わられたとか。
そんなキラ星のような先生方の薫陶を得られたことが、吉田さんをしてここまで織りに打ち込ませたのかもしれません。  
百合香工房では先生のご自宅をアトリエに手織り教室を開いています。 詳細は百合香工房のウェブサイトをご覧下さい。
吉田百合香さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。

MINE&TAMI 毛糸と粘土の仲良し展

MINE&TAMI 毛糸と粘土の仲良し展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─  創作粘土・布細工 杉木多美子 & 手編みニット MINE ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年12月1日(月)~6日(土) 11:00am~7:00pm ※最終日は午後5時まで
◆◇◆ 天然素材にこだわり着やすさを追求したオリジナルの手編みニットとほのぼのとした創作粘土に布細工 ◆◇◆  
毛糸と粘土の仲良し展が閉幕しました。今回で第七回目。
創作粘土人形とアクセサリーの杉木多美子さんと、手編みニットのMINEさんの作品展です。
MINEとは編み物大好き仲間が集まったグループ名。代表者は水沼伊代子さん。
ウールと草木染と藍染・・・ 天然素材にこだわり、着やすさを追求したオリジナルの一着からは、手づくりの温もりが伝わってきます。
創作粘土人形とアクセサリーを手掛けるのは杉木多美子さん。 素材は石粉粘土と樹脂粘土。
肉付けしたものは自然乾燥され、着色のうえ艶出しをかけます。
テーマはまずピエロ。次にクリスマスやお節句に合わせた季節もの。
そして近年、取り組んでいられる猫と兎シリーズ。 それらには、どこか懐かしく心安らぐ『和み』があります。
それからアクセサリーはぜひ手に取って頂きたいと思います。 ブローチの軽さにはきっと驚かれることでしょう。
他にイヤリング・チョーカーもあり、一年中使えるシンプルでカジュアルなものです。
次回展は来年(2009年)11月30日(月)から12月5日(土)に早々と決定。お楽しみに!
毛糸と粘土の仲良し展の様子は店主ブログ「モノもの応援帳」でご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。

松羽陶房 宇田川雅章 作陶展

松羽陶房 宇田川雅章 作陶展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─ 切り込みと練り込みの器 ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年11月24日(月)~29日(土) 11:30am~7:00pm ※最終日は午後5時まで
◆◇◆ 玄人をも、うならせる超絶技巧『切り込み』と、土色の異なる粘土を混ぜて模様を作る『練り込み』の器。  ◆◇◆  
宇田川雅章作陶展が閉幕しました。
宇田川さんは東京生まれ。駒澤大学経済学部を卒業して、笠間にて修業。
1981年に都内にて独立され、数々の公募展・陶芸展に入選・入賞を重ねる実力派です。
メインはご自分が考案された超絶技巧『切り込み』の器。特に茶道具の水指に力作が揃いました。
また今回は『練り込み』の器を多数制作。
『練込み』とは、色の異なる粘土を複数用意し、それを練り込むことで様々な模様を表現する陶芸技法です。
特徴は絵付けと違い表と裏に同じ模様が出ること。 また柄も、マーブル、ストライプ、市松、矢絣など様々。
陶芸家によっては計算し尽くされた緻密な作業を繰り返し チェッカーフラッグのような幾何学模様を作り出す方もあるのですが 宇田川さんの場合はむしろ感性に委ねた柔らかい表情の練り込みとなっています。
色のコントラストも抑え目でお料理を盛るにも具合がよさそうです。
精緻を極めた『切り込み』と感性が自由に飛翔する『練り込み』。
二つの仕事が絶妙なバランスで楽しめる作品展となりました。
次回展は来年(2009年)10月12日(月)から17日(土)に早々と決定。お楽しみに!
宇田川雅章 作陶展の様子は店主ブログ「モノもの応援帳」でご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。

羊工房masako 作品展 2008

羊工房masako 作品展 2008 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─ 羊工房masako 手紡ぎ草木染め 山頭まさ子とその仲間たち ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年11月17日(月)~21日(金) 11:30am~7:00pm ※会期中無給
◆◇◆ Back to Back 羊の背中から人の背中へ!手紡ぎ草木染めの風合いを大切に作りました。 ◆◇◆
◇◆◇山頭まさ子さんのウェブサイト「羊工房masako 手紡ぎ草木染」もどうぞのぞいてみてください。◇◆◇  
羊工房masako作品展が閉幕しました。山頭まさ子さんとその仲間たちの作品展です。
羊に魅入られてしまった人、それが山頭さんです。 まず羊ありき。羊の毛をみてデザインが決まります。
編むものはシンプルでも、『手作り』だからという言い逃れを許さないクオリティーがあります。
どうして手紡ぎ手編みが良いのか・・・・・ それは微妙に動きの異なる手作業ゆえに、毛糸が空気を含んで膨らんでくれるから。
軽くて暖かいセーターを手にして、あらためて手仕事の素晴らしさと素材の良さに気付かされる作品展となりました。
次回展は来年(2009年)11月16日(月)から20日(金)に早々と決定。お楽しみに!
羊工房masako 作品展の様子は店主ブログ「モノもの応援帳」でご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。

アトリエみさき ハンドクラフト展

アトリエみさき ハンドクラフト展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─  竹内美佐子/佐藤隆平/服部まさ子 ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年11月10日(月)~15日(土) 11:30am~7:30pm ※最終日5:00閉会
◆◇◆ 押し花・キルト・ニット・銅版画の楽しいコラボレーションです。クリスマスデコレーションも楽しめます!◆◇◆  
アトリエみさき ハンドクラフト展が閉幕。今回で12年目。
コンテンポラリーキルターとして活躍する佐藤隆平さん、銅版画の服部まさ子さん、 押し花と手作りの竹内美佐子さんのコラボレーションです。
楽しいクリスマス・デコレーションもあり、暖かいハーモニーに満ちた会場となりました。
次回展は来年(2009年)11月9日(月)~14日(土)に早々と決定。
どうぞ御期待下さい。