展示会スケジュール

花入れと器 清水弥生 備前作陶展

花入れと器 清水弥生 備前作陶展 閉会。

次回、乞うご期待!

─ 馥郁たる土味、千変万化する窯変の趣き、土と炎が織りなす備前焼。 ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年3月17日(月)~22日(土) 11:00am~7:00pm ※最終日4時閉廊
◆◇◆ 清水さんは備前焼の伝統に現代の生活感覚を取り入れた「使える」焼き物を、手捻りで作陶しています。 ◆◇◆  
清水弥生さんの備前焼の個展が閉幕しました。
平成元年の第一回展に始まり、隔年の開催。今回で第十回展を迎えます。
今回の個展では平成18年の初窯と、昨年の窯で出た作品が並びました。  
備前の魅力はその陶土の特質にあります。絵付けをせず、釉薬も掛けない『焼き締め』だけに土がとても大事。
備前の土は田圃の下の土ですが、そのままで使うことはありません。
土の力を十分引き出すために、土づくりには大変な労力と手間ひまを掛けています。
こうして精製し熟成させた陶土はすべて手びねりで形作られ 半地下式の穴窯で14日間、薪(火力が強いため赤松割木のみを使用)で硬く焼き締められます。
釉薬も使わず、絵付けもしない、ただただ焼き締めただけの、土と炎の芸術。
それはひとつひとつがかけがえのない個性を帯びた作家ものですが、清水さん自身が主婦であるという立場から これくらいの価格で買えたらいいな、と思える手頃な値段に抑えてあります。
産声を上げたばかりの備前は、いわば原石。 使い込むほどに、滑らかな土肌となり、味わいを深めていきます。
器を育てる楽しみが、使い手にとっての備前焼の魅力でもあります。
そしてもう一つ付け加えたいのは水を美味しくするという、科学的にも立証された備前の力。
例えば画像右端のコーヒードリッパーを使えば味は格別。
美を愛でると共に味も楽しめるのが備前の器です。
備前の花器も、その花もちの良さでは定評があります。水を浄化する備前の力ならではのことですね。  
次回展も平成22年3月15日から20日に決定。乞うご期待です!  
尚、清水弥生 備前作陶展の詳細は店主サイト『モノもの』応援帳にてご紹介中。 
どうぞのぞいてみてください。

創真窯  浜渡富雄 創作陶展

創真窯  浜渡富雄 創作陶展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─ 彩 泥 紙 抜 き の 器 ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年3月10日(月)~15日(土) 11:00am~7:00pm ※最終日5時閉廊
◆◇◆ 浜渡さんは現在は日本工芸会準会員。数々の公募展において入選入賞多数という今が旬の陶芸家です。 ◆◇◆  
陶芸の産地を持たない千葉県にあって、自由な発想で作品を創り、 発表している浜渡富雄さんの作品展が、ぎゃらりー小川にて閉会しました。  
浜渡さんは岩手県八幡平、国立公園松尾村に生まれ、現在は日本工芸会準会員。 数々の公募展において入選入賞多数という今が旬の陶芸家です。  
特徴は『彩泥紙抜き』。大変手間の掛かる細工ですが、一品一品に込められた思い入れと気合が、 どんな小品一つをとってみても、大作なみの充実感を感じさせてくれます。
作家ものだけに作品すべてが意匠を凝らした一品作。 ですが決して鑑賞陶器ではありません。
料理を盛り、花を生けて、暮らしとともに活きる器です。   
次回展は来年6月8日から13日に決定!その折も是非お越し下さいますように。
尚、浜渡富雄 創作陶展の詳細は店主サイト『モノもの』応援帳にてご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。

2008年  春の展示会 6人展

2008年  春の展示会 6人展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─ 5人のジュエリーと1人の組紐 ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年3月3日(月)~8日(土) 11:00am~8:00pm ※最終日5時閉廊
◆◇◆ α工房の“薫風”こと鈴木 薫さんとその仲間たちによるジュエリーとアクセサリーなどのグループ展。 ◆◇◆
2008年3月3日から8日まで2008 春の展示会 6人展が当ぎゃらりー小川にて開催されました。
α工房の“薫風”こと鈴木 薫さんとその仲間たちによるジュエリーとアクセサリーなどのグループ展です。  
金・銀・プラチナなど多様な素材と、様々な宝石・貴石を使ったオリジナル作品のジュエリーは 5人の作家がカジュアルからエレガンスまでをカバー。
リフォーム相談も可です。
次回展も来年(2009年)3月2日から7日に決定。その折はお気に入りの逸品をお探しにお越しになりませんか。
出品作家は前出の鈴木 薫さん、そして『純銀クロッシェ』の井上京子さん。
『オリジナルジュエリー』は柏山節子さん。『彫金』の佐藤悦子さんに『ミネラルストーン』の三好郁子さんです。  
もうお一人は日本の貴重な伝統工芸品、幅1.5センチのアートともいえる『組紐』の塚田道代さん。
尚、春の展示会 6人展の詳細は店主サイト『モノもの』応援帳にてご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。

TSUMUGI  栗林桐子 紬服展

TSUMUGI  栗林桐子 紬服展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─ 京都より2008年紬服 木綿バージョン ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年2月25日(月)~29日(金) 11:00am~7:00pm ※最終日5時閉廊
◆◇◆ 昔のキモノがもつ手織りの良さを存分に肌に感じて頂ける軽さと着心地をどうぞお楽しみ下さい。 ◆◇◆
2008年2月25日から29日まで 栗林桐子 紬服展「京都より2008年紬服~木綿バージョン」が 当ぎゃらりー小川にて開催されました。
栗林さんは京都在住。お家が帯の創作に携わっていたことからこのお仕事を創められて、はや20有余年。
手織紬(大島紬・結城紬)を中心に趣味性の高い服を作ってこられました。
今回は手織紬を素材にしたオシャレな服と素敵なバッグ、小物の数々、 刺し子・裂織を使い見事に現代にマッチした品の良い服が並びました。
日本でもその時、その地でしか作り得なかった貴重で上質な伝統素材を、 この道20年の手技が一点一点、大切に仕立てた逸品です。
昔のキモノがもつ、手織りの良さを存分に肌に感じて頂ける軽さと着心地をどうぞお楽しみ下さい。
次回展は来年4月。2009年麻バージョンと題して春夏ものを中心に展開致します。どうぞ御期待の程。
栗林桐子 紬服展の詳細は店主サイト『モノもの』応援帳でご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。

鳥と花と魚たち 水留良雄 作陶展

鳥と花と魚たち 水留良雄 作陶展 閉会、

次回乞うご期待!

─ 花・鳥・魚をテーマに栃木県の烏山町で作陶している水留さんの個展です ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年2月4日(月)~9日(土) 11:30am~8:00pm ※最終日6時閉廊
◆◇◆ 最上質の木灰がみつかり、今回の灰釉ものは極上の窯上がりです。是非お手に取ってご覧下さい。 ◆◇◆
今回でなんと22年目の第22回展となる水留良雄 器展が閉幕しました。 サブタイトルは“鳥と花と魚たち”。
小鳥や魚、草花やフクロウ・猫・兎などをモチーフに 自然の優しさ・大切さを、土の温もりと素朴さで表現した食器と花器の陶芸展です。
益子に魅せられ益子に学んだ水留さんですが、 作品は従来の益子焼のイメージをくつがえすに十分な驚きの器です。
家庭食器として普段使いにして頂きたい手頃なものから、 意匠を凝らして調度品としても存在感にあふれた力作まで、充実の内容です。
次回展は来年2月2日から7日に決定。乞うご期待です。どうぞお楽しみに!
水留良雄 作陶展の詳細は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。

国指定伝統的工芸品 会津塗 会津のぬりもの展

国指定伝統的工芸品 会津塗 会津のぬりもの展 

次回乞うご期待!

─ 創業300年余の老舗 会津漆器 白木屋漆器店 ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年1月15日(火)~2月1日(金) 11:30am~8:00pm ※日曜休廊
◆◇◆ 享保時代から続く会津若松の会津塗の老舗 白木屋漆器店の会津漆器を産地価格で展示即売。 ◆◇◆
会津若松といえば会津塗。言わずと知れた日本有数の漆器産地です。
この地で慶安年間から優に300年以上は続くという老舗中の老舗、 白木屋漆器店謹製の会津塗が並ぶ「会津のぬりもの展」が閉幕しました。  
会津塗の特徴は生活に即した実用性と堅牢さにあります。 また技法として会津塗を特徴付けるのは「花塗り」。
「塗り立て」ともいって、上塗の後で研いだり磨いたりせず、漆本来の塗り肌を生かした仕上げの方法です。
柔らか味があって、丈夫な仕上りになりますが、 刷毛目、塵埃、流れ、色ムラ、縮みなどがない花塗り特有の気品ある塗り肌に仕上げるには、 調合・刷毛さばき・乾燥管理など永年の経験と熟練の技が必要とされます。  
さて、まだまだ家庭で日常的に活躍する漆器といえば汁椀類に限られますが、 会場には茶托・銘々皿・弁当箱・盃・鉢・皿・盆・重箱・屠蘇器と多品種の会津塗が並んでいます。 お値段も全品、会津若松での産地価格。ほんとうのほんものが格安に手に入る絶好の機会となりました。  
上質の漆器は使うごとに色が深まり、家庭の年輪とともに美しさを増すものです。 春めく日々の歓びのなかで迎える桃の節句、桜の春を称える卯月の花見、そして青葉の好季節といった折節や、 父の日、母の日、誕生日や様々な記念日に、例えば重箱を使われてはいかがでしょう。
凝った料理を奢ることもなく、重箱の一段にプチケーキを並べるなど、趣向を変えるだけで器が活用出来ます。
器は心豊かな生活の必需品。伝統の器で新しい楽しみを発見出来るかも知れません。  
会津のぬりもの展の詳細は店主ブログ「モノもの応援帳」でご紹介中。 
どうぞのぞいてみてください。

長岡一夫 と 展技グループ 漆のしごと展

長岡一夫 と 展技グループ 漆のしごと展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─ 摺り漆・乾漆・螺鈿 ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年1月7日(月)~12日(土) 11:00am~6:00pm ※最終日5:00閉会
◆◇◆ 杉、松、桧の板目の美しさを板膳として拭きあげたものを中心に竹筒、乾漆等の作品が並びました。 ◆◇◆
「漆のしごと」が閉幕しました。 長岡一夫さんと長岡さん率いる職人集団「展技グループ」の木と漆の作品展です。
長岡さんの始まりは百貨店宣伝部でのポスター書き。半世紀も前の話です。
このときのレタリング経験が、 今回の作品展の特徴である「文字」につながるとは御本人自身、思いもよらなかったことでしょう。
爾来、ウィンドウ装飾・商品展示用小物の製作・売場改装・飲食店等の内装工事・美術館 博物館の展示にかかわって50年。
その間、木工芸の分野にも関心を高め、10年程前からはご自身で漆の仕事を手掛けるようになりました。
木地は主に展技グループのメンバーがこしらえて、漆塗りと加飾は長岡さんが一手に引き受けるという仕組み。
リタイアした大工さんから家具職人まで、5人の多彩な人材を抱える長岡さんと展技グループならばこそ出来る、 バラエティー豊かな作品の数々です。
家具・板膳・鉢・盆・椀・木皿など、これまでの仕事の集約を興味深くご覧頂くことが出来ます。
さて長岡さんの仕事の特徴は器に「文字」を書くこと。 まず木地に直接、墨で文字を手書きします。
レタリングの技術が活きるのが正にこのとき。
その上から生漆を摺り込んでは、拭き取ることを何度も繰り返し、器を仕上げるといった手順。 摺り漆(拭き漆)という技法です。
文字は主に漢字。般若心経や中国の古典である菜根譚、良寛和尚の文などを写しています。
「漆のしごと」では漆芸技法として、摺り漆以外にも「螺鈿」「乾漆」がみられます。
乾漆は奈良時代の仏像などによく使われた技法で木を使わずに麻布を器胎とします。
軽くて丈夫なこと、そして自由な造形が可能であることが特徴です。
漆芸の幅広さを体感出来る作品展となりました。
次回開催は再来年を予定。どうぞお楽しみに!

百合香工房作品展 2007

吉田百合香 百合香工房作品展 2007 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

タピストリー・ストール・マフラー・テーブルセンター etc.

DSCN8264hp thumb DSCN8265hp thumb DSCN8266hp thumb

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2007年12月17日(月)~12月22日(土) 11:00am~7:00pm ※最終日5:00閉会
◆◇◆ 一色ずつ染め上げた糸を、一打ちごとに心を込めて丹念に織り込んでゆく手仕事の織物です。 ◆◇◆  
百合香工房作品展 2007が閉幕!今回でなんと32回目の会になりました。
作品は着尺・タピストリー・ストール・マフラー・テーブルセンターからウェアまで色々。
すべて手織りで、一色ずつ染め上げた糸を一本ずつ丹念に織り込んで行くという丁寧な手仕事から生まれたものばかりです。
主宰者の吉田百合香さんは東京生まれ。女子美術大学 芸術学部 工芸科を卒業されました。
その折に師事されたのが染織工芸家で、民芸運動の創始者・柳宗悦のおいに当たる柳 悦孝先生。
当時は芹沢銈介先生も頻繁に同大学を訪れ、学生と親しく交わられたとか。
そんなキラ星のような先生方の薫陶を得られたことが、吉田さんをしてここまで織りに打ち込ませたのかもしれません。 
百合香工房では先生のご自宅をアトリエに手織り教室を開いています。
詳細は吉田百合香さんのウェブサイト 「百合香工房」 をご覧下さい。
次回は2008年12月。どうぞ御期待下さい。

《グループえりまき》マフラー展

寒さの冬 暖かく 《グループえりまき》マフラー展 

次回、乞うご期待!

関根恵子 林 菜美 小林リエ 築添美土 渡辺由紀子 三宅康子 
やすだ多美子 増田治子 小林のぶ子 宮田ますみ(ガラスアクセサリー) 築添菜生(はがき)

DSCN8226hp thumb  DSCN8227hp thumb DSCN8228hp thumb DSCN8229hp thumb

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。


会期:2007年12月10日(月)~12月15日(土) 11:30am~7:00pm ※最終日5:00閉会
◆◇◆ ウール・カシミア・麻・絹などの天然素材を使った手織りの作品は心地よく暖かです。 ◆◇◆
グループえりまきのマフラー展が閉幕。 今回でなんと15回展を数えます。
活動開始は四半世紀前。 メンバーそれぞれが、主婦であり、仕事をもつなかで、織り続けてきた25年間でした。
その歳月を支えてきたものは、良いものを生み出したいという、ひたすらなクラフトマンシップです。
ウール・カシミア・麻・絹などの天然素材を使った手織りの作品は心地よく暖かです。
会場には絵はがき・ガラスアクセサリー・フェルトも並び、メンバーの多芸多才ぶりにビックリ。
次回は2009年11月。どうぞ御期待下さい。

第35回 VIVO彫金教室展

第35回 VIVO彫金教室展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─  VIVO彫金七宝教室 TEL.03-3463-2430 ─ 

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。  

会期:2007年12月3日(月)~12月8日(土) 11:00am~8:00pm ※最終日6:00閉会
◆◇◆ VIVO彫金教室は1964年オープン。日本の彫金教室の草分けとして40有余年の歴史を誇っています。 ◆◇◆
第35回 VIVO彫金教室展が閉幕しました。
佐々木先生・久留島先生・分部先生と、キャリア2年から30年の生徒17名の作品展です。
VIVO彫金教室は1964年オープン。日本の彫金教室の草分けとして40有余年の歴史を誇っています。
今回の作品展の主体は彫金ジュエリー。素材はシルバーを主に、金、パールやターコイズ、瑪瑙・翡翠など多彩です。
少人数なので、それぞれの個性にあった指導がされるため、一人一人の作品は極めてオリジナリティーに富んでいます。
手法は鋳金と鍛金。金属を鍛えヤスルという、オーソドックスで丹念な手仕事が魅力です。
VIVO彫金教室は渋谷にあります。
電話番号は03(3463)2430。どうぞお問い合せ下さい。