MINE&TAMI 毛糸と粘土の仲良し展

MINE&TAMI 毛糸と粘土の仲良し展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─  創作粘土・布細工 杉木多美子 & 手編みニット MINE ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年12月1日(月)~6日(土) 11:00am~7:00pm ※最終日は午後5時まで
◆◇◆ 天然素材にこだわり着やすさを追求したオリジナルの手編みニットとほのぼのとした創作粘土に布細工 ◆◇◆  
毛糸と粘土の仲良し展が閉幕しました。今回で第七回目。
創作粘土人形とアクセサリーの杉木多美子さんと、手編みニットのMINEさんの作品展です。
MINEとは編み物大好き仲間が集まったグループ名。代表者は水沼伊代子さん。
ウールと草木染と藍染・・・ 天然素材にこだわり、着やすさを追求したオリジナルの一着からは、手づくりの温もりが伝わってきます。
創作粘土人形とアクセサリーを手掛けるのは杉木多美子さん。 素材は石粉粘土と樹脂粘土。
肉付けしたものは自然乾燥され、着色のうえ艶出しをかけます。
テーマはまずピエロ。次にクリスマスやお節句に合わせた季節もの。
そして近年、取り組んでいられる猫と兎シリーズ。 それらには、どこか懐かしく心安らぐ『和み』があります。
それからアクセサリーはぜひ手に取って頂きたいと思います。 ブローチの軽さにはきっと驚かれることでしょう。
他にイヤリング・チョーカーもあり、一年中使えるシンプルでカジュアルなものです。
次回展は来年(2009年)11月30日(月)から12月5日(土)に早々と決定。お楽しみに!
毛糸と粘土の仲良し展の様子は店主ブログ「モノもの応援帳」でご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。