陶 三 人 展

陶 三 人 展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─ 荒川美樹子 / 中本久美子 / 馬場博子 ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年11月4日(火)~8日(土) 11:00am~7:00pm ※最終日4:00閉会
☆★☆ 自然釉に魅せられ、信州で穴窯を焚く三人の陶芸展です。 ☆★☆
陶三人展が閉幕しました。 出品者は荒川美樹子さん、中本久美子さん、馬場博子さん。
三人は1994年より丸沼陶芸倶楽部で作陶を始めた同期生。 百田輝先生はじめ丸沼陶芸倶楽部の諸先生方に師事されました。
丸沼陶芸倶楽部では年に二度、穴窯を焚きますが、 その折の体験から穴窯への興味やみがたく、自主的な窯焼へと邁進。 ついに自然釉に魅せられた三人は信州で穴窯を焚くに至りました。
穴窯とは登り窯の原型で一週間近くもの間、薪をくべ続け、器を焼き締めていく技法。
土と対話し、炎と格闘して出来た作品の数々には格別な味わいがあります。
もちろん穴窯作品以外にも手頃な日常の器もあり、バラエティー豊かな内容となっています。
「陶三人展」の作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にてご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。