刺繍展 2008 「尾 瀬」

刺繍展 2008 「尾 瀬」 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─ 鈴木則子  高嶋愛子  中條美智代 ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年6月16日(月)~6月21日(土) 11:00am~7:00pm ※会期中無休
◇◆◇ 尾瀬の自然をテーマにした創作刺繍の三人展です。ご来廊頂きありがとうございました! ◇◆◇
尾瀬 刺繍展 ─2008─ が閉幕しました。 出品作家は鈴木則子さん、高嶋愛子さん、中條美智代さん。
「尾瀬」をテーマに、風景や草花などの豊かな自然をモティーフとした欧風刺繍の作品展です。 尾瀬ヶ原と尾瀬沼、 そしてそれを取り囲む燧ヶ岳・景鶴山・至仏山・アヤメ平・皿伏山などを含む一帯は湿原植物や高山植物の豊庫です。
尾瀬ヶ原は春から秋にかけて有名なミズバショウ・ニッコウキスゲをはじめ数多くの湿原植物に彩られます。
尾瀬を訪れた人は四季それぞれの美しさに感動し、通うほどに魅せられていくとか。
そんな尾瀬の魅力にとりつかれた3人が、三者三様、とりどりの表現と様々な技法で尾瀬を綴る刺繍展。
次回展は2010年(平成22年)6月14日(月)~19日(土)に決定!どうぞお楽しみに。
尾瀬 刺繍展 2008 は店主サイト“モノもの”応援帳にて詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみて下さい。