2008年 手編ニット作品展

2008年 手編ニット作品展 閉会御礼。

次回、乞うご期待!

─ 手編ニット作家 木下マル子 ─

 

※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。

会期:2008年6月2日(月)~6月7日(土) 11:30am~6:30pm ※会期中無休
◇◆◇ キャリア40年、手編ニット界の草分けである木下マル子さんの作品展です。 ◇◆◇  
キャリア40年という手編ニット界の草分け、木下マル子さんの作品展が閉幕しました。
今から30年ほど前のこと、銀座の「ミモザ」とのお付き合いが木下さんの大きな転機となりました。
「ミモザ」といえば当時は銀座のモダンを代表するファッションのお店。
それまでは普段着に過ぎなかった手編ニットが一躍、お洒落着として認められる原動力となったのです。
そこで出会った越路吹雪・波野久里子といった有名人が、 木下さんのニットを着てテレビに出てくれる、 ご自身も帝国ホテルでファッションショーを開く、 そうしたことの積み重ねが今日の手編ニットの隆盛につながってきたのでしょう。
木下さんはご高齢ながら大変お元気です。
次回展は来年5月18日から23日に決定。
その折もどうぞお越し下さい。