BE SMART 第6回 生徒作品展

BE SMART 第6回 生徒作品展 閉会。次回、乞うご期待!

~ サンドブラスト SANDBLAST ~

 

最新更新日時:2010年10月16日 土曜日 午後 7:36:26
会期:2010年10月14日(木)~16日(土)11:00a.m.~7:00p.m. ※最終日は5時まで
◇◆◇ 主宰者 古江佳子さんと28名の生徒さんによるサンドブラスト加工ガラス作品の展示会です。 ◇◆◇
古江佳子(ふるえ けいこ)さんが主宰する 東京都調布市のカルチャースクール「BE SMART」の第6回 生徒作品展が閉幕しました。
作品はサンドブラスト加工を施したガラスの食器・花器・ランプなどです。
サンドブラスト技法を施したガラスは、 さまざまな文様を「色被せガラス」などの表面に浮き彫りした、彩り鮮やかなガラス工芸品です。
この浮き彫りに用いる加飾技法を「サンドブラスト技法」といいます。 サンドは砂、ブラストは爆風や空風という意味。
エアーコンプレッサーで作った圧搾空気で、金剛砂をガラスの表面に吹きつけて、彫刻する技法です。
エアーコンプレッサーを使うため、長いガラス工芸の歴史の中では、新しい技法で、 他の彫刻技法に比べると彫るスピードが速いうえ、吹きつける圧縮空気の圧力調節によって、 彫刻面の深さや繊細な曲線、ボカシなど、微妙な表現の変化をつけることもできます。
この「サンドブラスト技法」は「色被せガラス」に用いると、最も効果的な技法です。
文様を彫る場合は、彫刻しない部分をマスクで保護しマスキングしていない部分に砂を吹きつけて研削します。
さて、「色被せガラス」は削っても削っても同じ色が出てくる単なる色ガラスとは違い、 異なる色を吹く複層に重ねて溶着させた手作りの特殊ガラスです。
一色被せ、二色被せなど、様々な種類の被せガラスがあります。
素材のバリエーションは豊富にあり、 インテリア工芸品からテーブルウェアまで創作イメージを限りなく広げ、ハンドクラフトの楽しさを満喫できます。
講師 古江佳子さんの作品は、以前の記事ですが店主ブログ「モノもの応援帳」のなかで御紹介中。
「BE SMART」のホームページもどうぞご覧下さい。
次回、第7回 生徒作品展は2012年6月7日(木)から9日(土)に早速、決定しました。どうぞお楽しみに。