篠崎 節 草 木 染 展

篠崎 節 草 木 染 展  閉会御礼。次回、乞うご期待!

~ 型 染 KATAZOME ~

 

最新更新日時:2010年10月10日 日曜日 午後 6:01:00
会期:2010年10月5日(火)~10月10日(日)11:00a.m.~7:00p.m. ※最終日は5時まで
◇◆◇ 草木染を半世紀に渡って手掛けてきた染色家 篠崎 節(しのざき みさお)さんの型染による作品展です。 ◇◆◇
草木染を半世紀に渡って手掛けてきた染色家 篠崎 節(しのざき みさお)さんの個展が閉幕しました。
篠崎さんは染料植物の発見や技法の開発など、 伝統の中に新しい草木染の世界を開拓した 現代の名工にして染色家の故 山崎青樹氏(群馬県重要無形文化財指定者)とともに、 草木染の研究に半生を注いできました。
自然の花や木を使った染料は正倉院の時代からありましたが、 明治以降は化学染料が使われるようになり、藍染などを除いてほとんど途絶えてしまいました。
草木染に携わってから、何百種類という植物を採集して染色を試してきた篠崎さんは 現在、安中市内の自身の工房で、主に型染(糸染めでない型紙での染色)の創作に取り組んでいます。
かねてより個展の開催を望む声は多かったのですが、 「展示のための展示は好まない」との理由から、久しくその機会がありませんでした。
今回、「多くの方が何回も立ち止まって見て、喜んでもらえるものを作りたい。それがひとつの評価だと思っている。」 とのことから当会場での個展が実現する運びとなりました。
出品作は着物、着尺地、のれん、洋服、卓布などです。
篠崎 節さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」の新着エントリにて詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみてくだい。