京焼の俊英  清水大介 陶展

京焼の俊英  清水大介 陶展 閉会御礼。次回、乞うご期待!

─ DAISUKE KIYOMIZU EXHIBITION ─

 

最新更新日時:2011年06月04日 土曜日 午後 8:54:57
会期:2011年5月30日(月)~6月4日(土) 11:00a.m.~8:00p.m.  ※最終日午後5時閉場
◇◆◇ 土にこだわり、釉薬にこだわり、独自の陶境(スタイル)を築き上げようと精進する京焼の若手作家です。 ◇◆◇
2009年11月、京都のギャラリー洛中洛外にて 初の個展を開いた陶芸家 清水大介さんの東京初お目見えです。
清水さんは陶芸家である 父君、清水 久氏の長男として生まれました。 生来の焼物へのセンスの良さは、 正にその影響と得心出来ます。
江戸時代より連綿と続く 京焼の名家『清水六兵衛』家の分家筋にあたるという バックボーンを持ちながらも、 土にこだわり、釉薬にこだわり、 独自の陶境(スタイル)を築き上げようと 精進する若い力を是非、応援して下さい。
清水大介さんの人と作品は 店主ブログ「モノもの応援帳」でご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。