小柳晴久 古伊万里の再現に挑む

小柳晴久 古伊万里の再現に挑む 閉会御礼。次回、乞うご期待!

─ 陶 庵 貴 祥 窯 ─

 

最新更新日時:2011年04月01日 金曜日 午後 8:21:01
会期:2011年3月22日(火)~4月1日(金)11:00a.m.~7:00p.m. ※日曜休廊
◇◆◇ 古伊万里の技を再現した貴祥窯の器からは、有田焼草創期の颯爽とした時代の息吹が感じられます。 ◇◆◇
日本の磁器発祥の地、肥前有田の隣町である山内町の緑豊かな自然の中にあって、 穏やかな佇まいを見せる工房で、古伊万里の器の再現に取り組む「貴祥窯」の作品展が閉幕しました。
貴祥窯(窯主:小柳晴久)は現代の生産技術に独自の工夫を加えることによって、 味わい深い初期伊万里から盛期伊万里の粋を伝える注目の窯元です。
古伊万里の技を再現することで現代によみがえった逸品の数々からは、 有田焼草創期の颯爽とした時代の息吹が感じられます。
貴祥窯(窯主:小柳晴久)の人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみてくだい。