TSUMUGI 栗林桐子 紬 服 展

TSUMUGI 栗林桐子 紬 服 展 本日閉会。次回、乞うご期待!

─ 京都より2012年紬(つむぎ)服~麻バージョン ─

 

最新更新日時:2012年05月25日 金曜日 午後 11:52:17
会期:2012年5月21日(月)~5月25日(金) 11:00a.m.~7:00p.m.  ※最終日午後5時まで
◇◆◇ 昔のキモノがもつ手織りの良さを、存分に肌に感じて頂ける軽さと着心地が魅力です。どうぞお楽しみ下さい。 ◇◆◇
誰もが空を見上げた朝、金環日食の日に 日本の上質を着ると題した栗林桐子さんの 紬(つむぎ)と麻の創作服展が開幕しました。。
今年4月、ニューヨークで個展を開催され 好評を博した栗林さんの日本凱旋となり、 帰国後、初の個展となります。
栗林さんは京都在住。 お家が帯の創作に携わっていたことからこのお仕事を創められて、はや30有余年。手織紬(大島紬・結城紬)を中心に趣味性の高い服を作ってこられました。
今回は上布を使い見事に現代にマッチした春夏ものの品の良い服を中心に、帽子、素敵なバッグ、小物の数々が並びました。
日本でもその時、その地でしか作り得なかった貴重で上質な伝統素材を、この道30年の手技が一点一点、大切に仕立てた逸品です。
上布、芭蕉布、小千谷縮。 昔のキモノがもつ、手織りの良さを存分に肌に感じて頂ける軽さと着心地、 日本の夏に涼を呼ぶ植物糸の野趣と繊細さ、 その風合と情趣あふれる風情を 是非、お手にとって心ゆくまでお楽しみ下さい。