石工房 磊造 石と木の作品展

石工房 磊造 石と木の作品展  閉会御礼。次回、乞うご期待!

 ─  小佐野哲二・小佐野美紀 ─ 

 

最新更新日時:2012年01月28日 土曜日 午後 11:37:15
会期:2012年1月23日(月)~28日(土)11:00a.m.~7:00p.m. ※最終日午後6時まで
◆◇◆ 石の灯りやフクロウをモチーフにした置物とアクセサリー、そしてウッドピクチャーの作品展です。 ◆◇◆
石の作家 小佐野哲二さんと、 ウッドピクチャー作家 小佐野美紀さんの夫婦展です。  
哲二さんは1956年、山梨県勝山村(河口湖畔)生まれ。
油絵を学んだ後、石のクラフトを志し、 Art Directorの中村重樹 氏に師事。 自らの工房を「石工房 磊造(らいぞう)」と命名し 活動を始めました。
美紀さんは1957年福島県いわきの海岸の町に生まれ、 1992年より木工芸作家 小嶋 伸 氏に師事。
木の素材の持っている暖かさに引かれ、 ウッドピクチャー作家として作品制作を行っています。  
作品内容は自然の石の灯りや花器、 フクロウをモチーフにした置物とアクセサリー、 そして木の女の子・うさぎ・カバさんたちとウッドピクチャーです。
"石のある生活"を提案する小佐野哲二さんの作品群のなかで、 錦上に花を添えるのは小佐野美紀さんの ウッドピクチャーを主とした木彫作品。
流木の板材を背景にした、木彫りの女の子やうさぎ、 カバさんの像は、ほのぼのとした懐かしさに満ちています。