古代裂(こだいぎれ)お雛様と創作ジュエリー二人展

□2020/11/24(火)~11/28(土)
11:00AM~6:00PM(最終日は4:00PM)

――■ 出品作家 ■―――――――――――――
    創作ジュエリー : 葛城晴子
    古代裂お雛様と人形作家 : 栗崎和風
―――――――――――――■ 出品作家 ■――
  
世界中から集められた布で作られた(下駄,草履の)鼻緒作家と、軽やかでスウィートなリボン織り作家、そして古代裂を着せたお雛様を作る人形作家が集います。

20191125-3person exhibition 01 20191125-3person exhibition 02 20191125-3person exhibition 03 20191125-3person exhibition 04 20191125-3person exhibition 05
20191125-3person exhibition 06 20191125-3person exhibition 07 20191125-3person exhibition 08 20191125-3person exhibition 09 20191125-3person exhibition 10

世界中から集められた布で作られた(下駄,草履の)鼻緒作家と、軽やかでスウィートなリボン織り作家、そして古代裂を着せたお雛様を作る人形作家が集う『こだわりの三人展』が、2020年11月24日~28日まで、ぎゃらりー小川にて開催されます。

● 葛城晴子 ~創作ジュエリー~
石の持つ魅力を最大限に活かし、ひとつひとつ丁寧にデザインから仕上げまで行っています。
金、プラチナ、銀など多彩ジュエリーを展開しています。リング、ペンダント、ブローチなど、繊細な細工も見どころです。

● 栗﨑和風 ~古代裂(こだいぎれ)お雛様~
雛人形は常に着物をまとっていますが栗崎和風さんの雛人形は、その身に着けている着物にこだわりがあります。それらの人形のすべてには、着物の宝庫であった19世紀の古代着が使用されています。
当時の着物は、使われている絹が現代のものと比べて良質であり、洗練された技術を持った人々によって作られていました。当時の染色や刺繍の技法は今となっては再現するのが難しく、全てがますます稀少価値が高くなり、手に入れることが非常に困難になっています。
日本の伝統である着物は、代々母から娘へと受け継がれてきました。栗崎和風さんはその貴重な着物を使って価値ある『お雛様』を作り続けています。
『こだわり』から生まれる匠の技で命を吹き込まれた『お雛様』の穏やかで優しい表情にきっと心が癒やされることでしょう。