展示会スケジュール

おつつみ市~手ぬぐいと風呂敷~

□2018/06/11(月)~06/22(金)(17日は休廊)
11:00AM~7:00PM

古くからの生活道具である「手ぬぐい」と「風呂敷」は汗を拭ったり物を包んだり色々に使えて便利ですね。

オシャレな「手ぬぐい」と「風呂敷」をご紹介する「おつつみ市」では風呂敷の普及と風呂敷文化の復興に努める京都の老舗「宮井」と「むす美」の風呂敷を展示販売。
花のお江戸の情緒・風流・心意気を巧みに映した、東京は谷中「いせ辰」の品や、横浜から「新しい和」を発信するテキスタイルブランド「濱文様」の品なども賑やかに並びます。
手頃な価格のギフトやお土産としても重宝します。どうぞお楽しみください。

20180611- nuno-01 20180611- nuno-02 20180611- nuno-03 20180611- nuno-04 20180611- nuno-05
20180611- nuno-06 20180611- nuno-07 20180611- nuno-08 20180611- nuno-09 20180611- nuno-10

 『くらしの和布』は「古風」にも「今風」にも見事にマッチするオシャレな素材です。日本人の心の底に流れる「和」のなごみとゆとりを、暮らしの中で思う存分に楽しめるアイテムが「手ぬぐい」と「風呂敷」。

その風呂敷(ふろしき)や手拭い(てぬぐい)・・・以前は人々にとって大変身近なものでした。
それが生活の洋式化とともにバッグや紙袋に押しやられ、いまではすっかり引き出しの奥に仕舞い込まれてしまいました。
ところがここ数年、風呂敷と手拭いが 「環境問題」「省資源」「レジ袋有料化」など様々な観点から見なおされてきています。
正に「もったいない」を実行するエコロジーの旗手ともいえるのが風呂敷と手拭いといえますね。

一枚の布が、さまざまな形のものを包み、安全に運び、バッグの代わりにもなります。
また、結んだ姿が美しいので贈り物を引き立てるラッピングにもなります。
そして一枚一枚の布地の美しさと和の伝統を伝える多彩な図案もとても魅力的。
おしゃれな手拭い・風呂敷で地球に優しい生活をしてみませんか?