長岡一夫 と てん技グループ 漆のしごと展  閉会御礼。

長岡一夫 と てん技グループ 漆のしごと展  閉会御礼。
次回、乞うご期待! ─  摺り漆・乾漆・螺鈿 ─
DSCN1027web thumb DSCN1031web thumb DSCN1033web thumb DSCN1037web thumb
※作品は画像をクリックして拡大詳細写真をご覧下さい。
会期:2009年1月12日(月)~17日(土) 11:00am~6:00pm ※最終日は午後5時まで
◆◇◆ 足付き笊、水盤に竹輪象嵌をしたものをものを中心に板膳、竹筒、乾漆等の作品が並びました。 ◆◇◆   
「漆のしごと」が閉幕しました。 長岡一夫さんと長岡さん率いる職人集団「てん技グループ」の木と漆の作品展です。
長岡さんの始まりは百貨店宣伝部でのポスター書き。半世紀も前の話です。
このときのレタリング経験が 今回の作品展の特徴である「文字」につながるとは御本人自身、思いもよらなかったことでしょう。
爾来、ウィンドウ装飾・商品展示用小物の製作・売場改装・飲食店等の内装工事・美術館 博物館の展示にかかわって50年。
その間、木工芸の分野にも関心を高め、10年程前からはご自身で漆の仕事を手掛けるようになりました。
木地は主に、てん技グループのメンバーがこしらえて、漆塗りと加飾は長岡さんが一手に引き受けるという仕組み。
リタイアした大工さんから家具職人まで多彩な人材を抱える 長岡さんとてん技グループならばこそ出来る、バラエティー豊かな作品の数々です。
家具・板膳・鉢・盆・椀・木皿など、これまでの仕事の集約を興味深くご覧頂くことが出来ます。
漆のしごと展の作品は店主ブログ「モノもの応援帳」でも詳しくご紹介中。 どうぞのぞいてみて下さい。