展示会スケジュール

はら・かおり 作陶展 ── モノガタリ ──

□2017/06/05(月)~06/10(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)

明かりを灯して 花を添えて
       自分だけの 「モノガタリ」が始まる

猫の作品を中心にオブジェ、灯り等を発表している陶芸家【はら・かおり】さんが、時間と空間に思いを巡らせて作陶した個展です。

20170605 HaraKaori-01 20170605 HaraKaori-02 20170605 HaraKaori-03 20170605 HaraKaori-04 20170605 HaraKaori-05
20170605 HaraKaori-06 20170605 HaraKaori-07 20170605 HaraKaori-08 20170605 HaraKaori-09 20170605 HaraKaori-10

2004年の個展「風にふかれて」で倫理的・宗教的な森を散策した原さんは「ふわり」(2005年)、「ぽっかり」(2006年)で
抽象化された立体に遊び、2007年と2008年は一転して猫という身近にありながら神秘的で芸術的な生き物をテーマに制作しました。

2009年は~赤坂・猫の森カフェ~で、テーマは同じ猫ながら一転してユーモアとウイットあふれる楽しい世界を展開し、
2010年の「優しい時間」では、小春日和のように温かな、ネコと人の日常を陶土で表現してくれました。

また、2011年の「鎮守の森」では~自然の中で、人も動物も同じように生かされ守られている
~そんな安心で楽しい世界を陶人形で描きました。
そして東日本大震災後の2012年の個展「Life vol.1」では本当の豊かな時間とは何なのかを問いかけました。

アートとクラフトの両面から現代陶芸のあり方を見つめる原さんの面目躍如というところですね。
2013年の「野良猫公園」、2014年の「猫が棲む」、2015年の『何処へ』を経て、2016年は『猫展』。

そして今回の個展は「モノガタリ」。灯り、プランター、アクセサリーの新作、そして子猫物語として、親猫に加えてたくさんの子猫が並んでいます。会場の壁には以下のようなメッセージが貼られています。

『モノガタリ
作品に題名はつけない。
毎日、毎瞬間、うつろう心を作品に見つけて欲しいから、題名はつけない。』

是非お越しいただいて作品の中に自分のモノガタリを見つけて下さい。
はら・かおりさんの人と作品は以前の記事ですが、店主サイト【"モノもの"応援帳】にて詳しくご紹介中。どうぞのぞいてみてください。

 
【 はら・かおり Profile 】
1959年 東京生まれ
1980年 大学在学中より陶芸に親しむ 吉祥寺「アトリエ飛行船」に通う
1982年 東京理科大学 数学科卒業
1987年 築窯「りんご窯」と名付ける
1991年~1993年 ロフトにて猫の作品を販売
1993年9月~1995年3月 イタリアに遊学 フィレンツェにてテラコッタと絵付けを学ぶ
1999年 岐阜県土岐市主催「ユーモア陶彫展」に入選
2001年 所沢に「Atelierうふ」を開設
2008年 静岡県河津町に「宇普庵」を開設
2011年 平成招き猫100人展 大賞
1988年~個展・グループ展を中心に活動 現在は所沢の自宅にて制作中
 
はら・かおり作陶展「野良猫公園」 in 東京赤坂ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。

浜渡富雄 創作陶展

□2017/05/29(月)~06/03(土)
11:00~19:00(最終日は5:00PMまで)

彩泥紙抜きの達人 浜渡富雄さんは岩手県八幡平、国立公園松尾村に生まれ、現在は日本工芸会正会員。
数々の公募展において入選入賞多数という今が旬の陶芸家です。

20140609 hamawatari-01 20140609 hamawatari-02 20140609 hamawatari-03 20140609 hamawatari-04 20140609 hamawatari-05
20140609 hamawatari-06 20140609 hamawatari-07 20140609 hamawatari-08 20140609 hamawatari-09 20140609 hamawatari-10

陶芸の産地を持たない千葉県にあって、自由な発想で作品を創り、発表している浜渡富雄さんの作品に描かれた葡萄、泰山木、山法師、野山の草花や葉からは、緑に憩うような優しさが匂い立つようです。
浜渡富雄さんは岩手県八幡平、国立公園松尾村に生まれ、現在は日本工芸会正会員。数々の公募展において入選入賞多数という今が旬の陶芸家です。
成形方法はロクロ挽きがほとんど。特徴は『彩泥紙抜き』。絵柄を切り抜いた紙を器に貼り─紙抜き─、そこに化粧土で彩色する─彩泥─陶芸技法です。さらにはその上から手で絵を描き加え、丹念に花びら一枚、枝葉の一つ一つを完成させていきます。大変な集中力を必要とするこの細工を経て、初めて器に豊かな色彩と優美な表情が宿ります。一品一品に込められた思い入れと気合が、どんな小品一つをとってみても、大作なみの充実感を感じさせてくれます。

'゜★*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:..:*::・'゜☆。

【 略 歴 】
  1954年 岩手県八幡平国立公園松尾村に生まれる
  1989年 千葉県に築窯
  1992年 伝統工芸新作展入選
  1992年 全陶展新人賞受賞
  1995年 習志野市美術展覧会会長賞受賞
  1995年 長三賞陶芸展入選
  1996年 朝日陶芸展入選
  1997年 千葉県展文化振興財団会長賞受賞
  1997年 北の菓子器展奨励賞受賞
  1997年 日本伝統工芸展入選
  2002年 益子陶芸展入選
  2002年 千葉三越個展
  2004年 大滝村教育長賞受賞
  2005年 神谷紀雄氏に師事
  2008年 めし碗グランプリ展 スポンサー賞受賞
  2009年 河北工陶芸展 岩手県知事賞受賞
  2009年 伝統工芸陶葉会展 陶葉会賞受賞
  2013年 第1回 陶美展入選
  2013年 日本伝統工芸展入選
  2015年 日本陶芸展入選
  2015年 陶美展 優秀賞(高島屋賞)受賞
  2015年 めし碗グランプリ展グランプリ大賞受賞

  創真窯 日本工芸会正会員 千葉県美術会会員

'゜★*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:..:*::・'゜☆。

* * * * * * * 作家全日在廊 * * * * * * *

浜渡富雄 創作陶展2013の会場と展示作品を撮影し、YouTubeにアップロードしました。

手作り5人展

□2017/05/22(月)~05/27(土)
11:00~19:00(最終日は6:00PMまで)

創作レザーアクセサリー作家 小島厚子さんを中心に、「アトリエ ルート・ロロ」の渡辺洋子さん、「あとりえ うおぷく」の大平晃司さん、「アトリエ土窯日和(どようびより)」の松井真治さん、そして鳥居圭子さんが集まった「手作り5人展」です。

20170522 tezukuri5ninten-01 20170522 tezukuri5ninten-02 20170522 tezukuri5ninten-03 20170522 tezukuri5ninten-04 20170522 tezukuri5ninten-05
20170522 tezukuri5ninten-06 20170522 tezukuri5ninten-07 20170522 tezukuri5ninten-08 20170522 tezukuri5ninten-09 20170522 tezukuri5ninten-10

Atelier Rue & Roro (アトリエ ルート・ロロ)を主宰する渡辺洋子さんはジョストボのグレードマスターです。
“Zhostovo-ジョストボ”とはトールペイントの一種で、ロシアのモスクワ地方ジョストボ村で描かれてきた伝統的工芸品。漆黒を背景としたトレー等に花、鳥、果物などのモチーフがあざやかに描かれています。

『あとりえ うおぷく』 大平晃司さんは【染めの仕事】です。東京新宿の染色工房で働き覚えた伝統的染色技術を活かして、オリジナルデザインのバッグ・ポーチ・ブックカバー・Tシャツなどの作品を制作しています。
デザイン・図案を考えて型紙を作り、摺り込み染を主に柿渋染・絞り染・浸染で白生地を染め、その生地を裁断・縫製して仕上げるまで、正に首尾一貫した一人の手仕事です。絵柄はネコ・カエル・フクロウ・タツ・ウサギなどのキャラクターものが中心。バッグの持ち手の凝りようなど、既製品では決してお目にかかれない魅力的な逸品ながらも、お値段が大変手ごろというのが、また嬉しいところです。

『アトリエ土窯日和(どようびより)』の松井真治さんは、ピースをつなぐパズルの器「ピースシリーズ」を作っています。その器はジグソーパズルと同じ様に、ピースの形に成形した粘土を1つ1つ組み繋げて作成しています。一つのカケラも集まって繋がれば、魅力的なカタチになるのです。

『サロン悠』の鳥居圭子さんは正絹古布の工芸作家。着物生地(シルク)を使ってデザインしたバッグやテーブルセンターから、服飾小物品と畳へり生地を使ってデザインしたバッグや財布などを出品します。

小島さんの作品の特徴は彫金の経験から皮革を金属のように仕上げていること。お母様の­趣味のレザークラフト、お父様の趣味の油絵、自らの彫金の技術を合体させて独自の作風­を確立した創作レザーアートです。デザインはユニークで面白く、そして楽しい。実用的­には超軽量。長く使うほどに独特の艶が出てきます。


――■ 出品作家 ■―――――――――――――――――――――――――――――――――
ロシアンアートジョストボペインティング  / 「アトリエ ルート・ロロ」 渡辺洋子
               創作染め  / 「あとりえ うおぷく」 大平晃司
              陶芸・食器  / 「アトリエ土窯日和(どようびより)」 松井真治
     正絹古布創作・畳へり生地創作  / 「サロン悠」鳥居圭子
           皮革アクセサリー  / 「創作レザーアクセサリーWELL」小島厚子
―――――――――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――

正野芳子 創作人形展

□2017/05/15(月)~05/20(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)

今注目の人形作家・正野芳子さんの代表作や新作を一堂に集めた『正野芳子 創作人形展』を開催します

20150511 shouno-01 20150511 shouno-03 20150511 shouno-02 20150511 shouno-04 20150511 shouno-05
20150511 shouno-07 20150511 shouno-06 20150511 shouno-08 20150511 shouno-09 20150511 shouno-10

「埼玉女流工芸展(於 県立近代美術館)」に連続7回入選をとげるなど、いま注目の人形作家・正野芳子さんの代表作や新作を一堂に集めた『正野芳子 創作人形展』を開催します。

正野さんの人形をみるとき、私たちはその豊かな表情に魅せられ、いつしか不思議なノスタルジーの世界に誘われます。
見る人すべてに、たとえ一時でも、安らぎと幸せを与えてくれるはず。心の乱世ともいえるこの時代に生きる私たちにとって、それはかけがえのない宝物となってくれることでしょう。

* * * * * * * 略  歴 * * * * * * *

2007年 個展(東京 銀座 ギャラリーポート)
2008年 第32回
     埼玉女流工芸展にて埼玉県美術家協会賞受賞
2009年 個展(東京 赤坂 ぎゃらりー小川)
2011年 個展(東京 赤坂 ぎゃらりー小川)
2012年 DOLL EXPO2012入選 グランドプリンスホテル高輪
2013年 個展(東京 赤坂 ぎゃらりー小川)
2015年 個展(東京 赤坂 ぎゃらりー小川)
2016年 創立40周年記念 女流工芸展(於 埼玉県立近代美術館)にて「出初め式」がNHKさいたま放送局賞受賞

埼玉女流工芸展(於 県立近代美術館)連続7回入選
埼玉県さいたま市在住

正野芳子 創作人形展 2011 in ぎゃらりー小川を You Tube でご覧いただけます。

島田 猛 作陶展

□2017/04/24(月)~05/02(火)29日と30日は休廊
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)

島田 猛さんは伝統工芸新作展・日本伝統工芸展入選、千葉県展知事賞受賞など今が旬の陶芸家。
近年は、従来のイメージを一新する彩泥シリーズを発表。あたかも、伝統工芸をデザインで練り直したような新鮮な作品です。

20140414 shimada-01 20140414 shimada-03 20140414 shimada-05 20140414 shimada-06 20140414 shimada-07
20140414 shimada-08 20140414 shimada-09 20140414 shimada-10 20140414 shimada-02 20140414 shimada-04

春には里桜が咲き、柚子・木蓮に囲まれた工房でドクダミ・椿を中心に草花をモチーフとした器と花入れを
自由な発想で制作する島田 猛さんの陶芸展。

島田さんは伝統工芸新作展・日本伝統工芸展入選、千葉県展知事賞受賞など高い評価を受けている今が旬の陶芸家です。
その作品は古格を偲びながらも季節の詩情や自然のニュアンスを大切に、落ち着いた色調に抑制の効いた筆致が美しいものばかりです。

* * * * * * * 島 田 猛(しまだ たけし) プロフィール * * * * * * *
【 略 歴 】
1956年  長崎県生まれ            
1986年  西葛西陶芸教室主催        
1990年  陶芸工房陶心 築窯         
1990年  伝統工芸展入選 以後11回入選
1990年  日本伝統工芸展入選          
1991年  千葉県展知事賞受賞          
2003年  千葉県展八街市長賞受賞       
2004年  千葉県美術会員推挙
2013年  陶美展入選
2014年  陶美展入選
2016年  陶美展入選

島田 猛 作陶展 2013 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。

鳥と花と魚たち 第31回 水留良雄 陶展

□2017/04/17(月)~04/22(土)
11:30AM~7:30PM(最終日は6:00PMまで) 
 
今回でなんと31年目の第31回展となる【水留良雄 陶展】。サブタイトルは【鳥と花と魚たち】です。
 
20150323 mizutome-01 20150323 mizutome-02 20150323 mizutome-03 20150323 mizutome-04 20150323 mizutome-05
20150323 mizutome-06 20150323 mizutome-07 20150323 mizutome-08 20150323 mizutome-09 20150323 mizutome-10
 
小鳥や魚、草花やフクロウ・猫・兎などをモチーフに自然の優しさ・大切さを、土の温もりと素朴さで表現した食器と花器の陶芸展です。
益子焼に魅せられ栃木県益子で学んだ水留さんの作品には、従来の益子焼のイメージをくつがえすに十分な驚きがあります。
ほっこりあたたか、ノスタルジックな釉調が魅力の日常の器から
匠を凝らして調度品としても存在感にあふれた力作まで、正に充実の内容です。
 
【水留良雄(みずとめ よしお) プロフィール】
 昭和24年 新潟県東蒲原郡津川町に生まれる
 同 49年 益子 秋山一夫氏に師事
 同 56年 栃木県那須郡烏山町にて独立
 同 57年 個展(烏山町 和紙会館)
 同 59年 個展(新潟 大和デパート)
 平成 4年 二人展(東京銀座 陶悦)
 同  6年 個展(新潟 羊画廊十回展)
 同  8年 個展(長岡市 ギャラリー紺十一回展)
 同 16年 個展(新潟 新発田市 ギャラリー栞三回展)
 同 17年 二人展(盛岡 かわとく壱番館キューブ店十一回展)
       個展(山形 よし埜画廊十一回展)
       個展(益子 ギャラリーもえぎ四回展)
 同 18年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十回展)
 同 19年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十一回展)
 同 20年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十二回展)
 同 21年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十三回展)
 同 22年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十四回展)
 同 23年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十五回展)
 同 24年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十六回展)
 同 25年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十七回展)
 同 26年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十八回展)
 同 27年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十九回展)
 同 28年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川三十回展)
 
水留良雄 陶展2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。
 

手作り3人展

□2017/3/22(水)~3/24(金)
11:00AM~7:00PM(最終日は6:00PMまで)

モラ手芸とパッチワーク作家の篠田明代さん、和服地創作服の池田知江さん、手織りと裂き織りの飯田香代子さんが集まった「手作り3人展」。多彩で多様な手仕事の粋が満喫出来ます。 

20170322 tezukuri3ninten-01 20170322 tezukuri3ninten-02 20170322 tezukuri3ninten-05 20170322 tezukuri3ninten-10 20170322 tezukuri3ninten-06
 20170322 tezukuri3ninten-08 20170322 tezukuri3ninten-04 20170322 tezukuri3ninten-07 20170322 tezukuri3ninten-0920170322 tezukuri3ninten-03

福井市在住の池田知江さんは「大人の洋服」をテーマに、藍染めの布地や和服地を使ったシルクのオリジナルウェアを創作しています。

東京在住の篠田明代さんはモラ手芸作家。パナマ共和国 サンブラス諸島のクナ族の民族衣装が起源となるモラ(MOLA)の作品づくりをしています。モラは「飾り布」で、これを縫い付けたバッグやクッション、小物の他に現地モラも多数準備をしています。

福井県越前市在住の飯田香代子さんは手織りのプロフェッショナル。
着物の布を細く裂き、織りこみ、衣服や生活用品へと再生する織物「裂き織り」を主に手がけ、暖簾、タペストリー、バッグなどを制作しています。

――――■ 出品作家 ■―――――――――――――
洋服・藍染・着物  / 池田知江
 モラ手芸・パッチワーク  / 篠田明代
  手織・裂織・バッグ・マフラー  / 飯田香代子
―――――――――――――■ 出品作家 ■――――

*作品は展示販売いたします

春の展示会 5人展 2017

□2017/03/07(火)~03/11(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
α工房の"薫風"こと鈴木 薫さんとその仲間たちによるグループ展。
ジュエリーとアクセサリー、洋服や帯締めなど、人がその身体の上にまとう衣服や装身具を展示販売いたします。
 
20170307 harunotenjikai-01 20170307 harunotenjikai-03 20170307 harunotenjikai-05 20170307 harunotenjikai-07 20170307 harunotenjikai-09
20170307 harunotenjikai-02 20170307 harunotenjikai-04 20170307 harunotenjikai-06 20170307 harunotenjikai-08 20170307 harunotenjikai-10
 
2017年(平成29年)3月7日~11日まで春の展示会 5人展2017が、ぎゃらりー小川にて開催されます。
 
α工房の"薫風"こと鈴木 薫さんとその仲間たちによる【服飾】をテーマとした5人によるグループ展。
ジュエリーとアクセサリー、洋服や帯締めなど、人がその身体の上にまとう衣服や装身具を展示販売いたします。
金・銀・プラチナなど多様な素材と、様々な宝石・貴石を使ったオリジナル作品のジュエリーは複数の作家がカジュアルからエレガンスまでをカバー。リフォーム相談も可です。
 
出品作家は前出の鈴木 薫さん、そして『ちりめん小物』の小池眞知子さん。『オリジナルジュエリー』は柏山節子さん。『彫金』は佐藤悦子さん。もう、お一人は日本の貴重な伝統工芸品、幅1.5センチのアートともいえる『組紐』の塚田道代さん。
 
会場はジャパネスクコンテンポラリーとでも称すべき、上質な素材美と、モダンにアレンジされたデザインが調和した素敵で落ち着いた空間となることでしょう。
 
――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――――――――――
    小池眞知子   佐藤悦子   塚田道代
        鈴木 薫     柏山節子
――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――
 
春の展示会 6人展2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。
 

誕生記念 山下 春径 付立染個展

□2017/01/30(月)~02/04(土)
11:00AM~6:00PM(最終日は4:00PMまで)

山下春径さんは会期中の2月2日に満90歳の誕生日を迎えることになられます。誕生記念に心も新たにした付立(つけたて)染の個展です。

【山下春径さんからのメッセージ】
夢中で描き続けた「付立染」も早五十年が過ぎようとしています。二月二日には満九十歳の誕生日を迎えることになりますが、私の力の続く限り、この仕事に一生を捧げ、新しい年をまた歩いていこうと思っています。

今回の作品展では、気持ちも新たに描いた作品の数々のほか、白生地からぼかし染めを施し、一面にモミジを散らした手描き小紋、そして今ではもう数が少なくなっているような貴重な着物や帯なども飾らせていただきます。ぜひ赤坂のぎゃらりー小川で、お会いできることを楽しみにお待ちしております。   付立染 家元 山下 春径

20160328-tuketatezome 01 20160328-tuketatezome 02 20160328-tuketatezome 03 20160328-tuketatezome 04 20160328-tuketatezome 05
20160328-tuketatezome 06 20160328-tuketatezome 07 20160328-tuketatezome 08 20160328-tuketatezome 09 20160328-tuketatezome 10

付立(つけたて)染とは友禅染や紅型染と違い、下絵なしで直接、布地に一つ一つ写生をもとに絵を描く染物です。
着物・帯からテーブルセンター・ブラウス・帽子などの小物まで、山下春径さんは付立染の技法で山野草の花を咲かせます。
素朴で可憐な花たちは私たちに季節の野山を思い起こさせてくれることでしょう。

山下春径さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。

山田美也子 オールドリバティとパッチワークを楽しむ

□2017/1/23(月)~1/28(土)
11:00AM~6:30PM(最終日は4:00PMまで)

山田美也子さんはヴィンテージのオールドリバティプリントの収集をして、その生地で創作服を作る服飾作家さんです。 

20170123 yamadamiyako-01 20170123 yamadamiyako-02 20170123 yamadamiyako-03 20170123 yamadamiyako-04 20170123 yamadamiyako-05
20170123 yamadamiyako-06 20170123 yamadamiyako-07 20170123 yamadamiyako-08 20170123 yamadamiyako-09 20170123 yamadamiyako-10

リバティプリントとはイギリス・ロンドンにあるリバティ社のオリジナル生地のことです。

コットン100%ですが、まるでシルクのような手触りと、キレイでしなやかなドレープ、また、シワになりにくいのが特徴の生地です。日本では、花柄のイメージが強いのですが、花柄以外の柄もたくさんあり、フラワー柄を中心に、アールヌーボー柄、幾何学模様、ペイズリー柄など様々です。

山田美也子さんはヴィンテージのオールドリバティプリントの収集をして、その生地で創作服を作る服飾作家さんです。
オールドリバティプリントを使った着やすくおしゃれなコートやジャケット、パッチワークスカートやバッグ、ポーチ、ぬいぐるみ、帽子などの小物も並びます。

なかにはロンドン直輸入のタナローン地を800枚つなぎ合わせたパッチワークスカートもあります。
貴重で格調高いプリントの魅力と、絹のような手触りと光沢、そして美しく深みのある色調と豊かなドレープ性が特徴です

貴重な生地の販売もしています。オールドリバティプリントのパッチワークをどうぞお楽しみください。