展示会スケジュール

トンボ玉&グラスアート展

トンボ玉&グラスアート展 閉会御礼。次回、乞うご期待!

─ どんぐり工房 永井芳枝 ─

 

最新更新日時:2010年09月11日 土曜日 午後 7:50:11
会期:2010年9月6日(月)~11日(土)11:00a.m.~7:30p.m. ※会期中無休
◇◆◇ 素朴ながらも幻想的なパート・ド・ヴェールと、四季の花が息づくトンボ玉の数々。新しい個性に出会う喜びがあります。 ◇◆◇
東京郊外のあきる野市にある トンボ玉工房「どんぐり」を主宰する永井芳枝さんの作品展が閉幕しました。
永井さんは東京都昭島市の生まれ。
もともとクレイ粘土で創作人形の制作を続けてきただけに、粘土やワックスを原型にして型を作り、 その中に敷き詰めたガラス粉を焼成するガラス技法「パート・ド・ヴェール」に関心を持つようになりました。
ガラス造形作家 狩野智宏氏に指導を受けるようになったのが十年前。ガラスの仕事のスタートです。
この出会いはトンボ玉の制作を主とするバーナーワークの世界へと永井さんを導き、 その後、各地のワークショップで様々な技術を習得した永井さんは、 自分なりの感性で多くのテクニックを消化していきました。
そして六年前には大自然に囲まれた自宅の庭に工房「どんぐり」を設立するに至ったのです。
それ以降、倦むことなく制作に励み、 東京恵比寿の「ギャラリーまぁる」での初個展を経て今回の作品展を開催する運びとなりました。
トンボ玉は、チョーカー・ブローチ・帯留め・イヤリング・指輪など、 身に着けるものに仕立てられ作品となります。
材料となるのはホウケイ酸ガラス(硼珪酸ガラス)。パイレックスという呼び名が一般的です。
とても硬質なので使い難いのですが、火の温度や除冷の過程で、色が変化することが特徴で、 その面白さを追求するための選択とのこと。
確かに永井さんのトンボ玉には陶芸作品の窯変にも例えられるような千変万化する不思議な彩りが宿っています。
また、ランプとイベリコ豚をメインに制作されたパート・ド・ヴェール作品も注目です。
細かい表情よりは全体のフォルムを重視してシルエットの美しさでみせる表現には、素朴ながらもどこか幻想的でアルカイックな魅力が満ちています。
永井芳枝さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」の新着エントリにて詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。
またトンボ玉工房「どんぐり」のサイトとブログも是非ご覧下さい。

クレイアート三人展

クレイアート三人展 閉会御礼。次回、乞うご期待!

─ 柴田桂子・千々岩久美子・千々岩由佳子 ─

 

最新更新日時:2010年09月05日 日曜日 午後 5:11:32
会期:2010年9月2日(木)~4日(土)11:00a.m.~7:00p.m. ※最終日5時まで
◇◆◇ 三者三様の作品が、クレイアートの世界へと皆様を御案内する、創作人形とクレイフラワーの作品展です。 ◇◆◇
千々岩久美子さんと千々岩由佳子さんの母娘と、 柴田桂子さんの三人による「クレイアート三人展」が閉幕しました。
衣裳を着せた人形と花々の作品展です。
素材はすべて粘土。 人形の肌はまるでビスク・ドール(ジュモウに代表される磁器製人形)とも思えるほどのきめ細かさですが、 窯で焼いたものではありません。
ただ、使う粘土の種類はしっとりとした綿菓子の様な軽量粘土や透明感・透過性のある樹脂粘土など、 作るものにより、また使う手法により様々です。
千々岩久美子さんは、これまでのあいだ、様々な師をおとなうことを続け、 多くのことを学んでこられましたが、現在は彫刻に関心を引かれています。
人形制作の中で感じている多くのことを、 『彫刻』という芸術性と結び付けることで、新たな創作表現を見いだそうとしているのです。
最初の設計図書きから衣裳作りまで、すべてを始めから終わりまで手掛けるなかで、 人形の造形性を大事にする姿勢は、創作人形の世界にあらたな魅力ある切り口をもたらしてくれることでしょう。
また千々岩さん母娘はクレイフラワーも制作しています。
飯田美雪さんの教室にも通われた千々岩さんですが、型紙を使うアートフラワーとは違って、 クレイフラワーは花芯からして手づくりなので、花のふくらみを作り出すにも多くのテクニックが必要とのこと。
確かな技術に支えられた繊細な感性と情感溢れる表現が見事です。
さて千々岩さんとは、同じ教室で勉強された柴田さんの作品は日本の叙情的な美しさを表現した創作人形です。
手掛ける多くは市松人形。 市松人形の由来は江戸時代に爆発的な人気を博した歌舞伎役者「佐野川市松」の若衆姿を再現した人形ですが、 江戸から昭和の初期にかけて盛んに作られてきました。
衣裳は古いちりめん等を着せて、自由に着せ替え出来るのが特徴の日本の伝統的な人形です。
市松人形の着物はちりめんで作られます。
ちりめんは細やかな「しぼ」のある優しく美しい絹織物で、 300年ほど前の江戸時代から現代に至るまで日本の着物の材料として愛好されてきました。
柴田さんは市松人形の着物を江戸ちりめんや明治大正時代の古布のちりめんを利用して縫い上げます。
当時を偲んで身に纏う物にこだわる市松人形には、見る人の心を癒すぬくもりがあります。
みなさん、当ギャラりー初のお目見えです。新鮮な驚きに満ちた会場となりました。
次回展も平成24年3月22日(木)~24日(土)に早々と決定!どうぞお楽しみに。

染付磁器 ~ 青と白の器展 ~

染付磁器 ~ 青と白の器展 ~ 閉会御礼。次回、乞うご期待!

─ 伊勢花野窯 前田和子 / 会津無一窯 鈴木幹雄&孫枝 ─

 

最新更新日時:2010年08月27日 金曜日 午後 11:37:41
会期:2010年8月17日(火)~27日(金)11:30a.m.~8:00p.m. ※日曜休廊
◇◆◇ 移ろう季節と向き合うなかで、自然の」草花」を藍と碧の世界に写し出した器の数々が並びました。 ◇◆◇
伊勢「花野窯」の前田和子さんと、 会津「無一窯」の鈴木幹雄・孫枝ご夫妻による染付磁器の作品展が閉幕しました。
仕事のジャンルは同じですが、決して『染付対決』ではなく、見事な二重奏。
キャラクターがまったく違うのですから、競い合いがないのは当然ですね。 まずは花野窯、前田さんからご紹介。
三重県伊勢に生まれた和子さんは、愛知県瀬戸で修業し1988年に同地で独立。 途中から実家のある伊勢に窯を移転し、染付一筋に励んでこられました。
テーマは山野草。繊細で淡い色香の漂うような風情は、非凡な描技あってのこと。
移ろう季節と向かい合うなかで作られた器からは、青と白を超えた豊かな彩りの世界が感じられます。
一方は雪深い北会津で、白磁三昧のものづくりに打ち込む鈴木さんご夫妻。
ふたりの仕事は、ご主人が器胎を作り、絵付けは奥さんがもっぱらに。 ぽってりとしたあたたかみある生地と、ガッツあふれる元気な手描が魅力です。
鈴木孫枝さんの絵のモティーフは実にバラエティー豊か。
山野草もあれば、洋花・観葉植物もあり、 パイナップル・マンゴーといった果物から、色々な野菜、果てはホッキ貝まで描きます。
類稀な個性に出会う喜びが待つ作品展です。
尚、以前の記事ですが、店主サイト【“モノもの”応援帳】にて 前田和子さんと、鈴木幹雄さん孫枝さんの人と作品をご紹介中。
ちょっとのぞいてみてください。
来夏の次回展をどうぞお楽しみに!

手吹びいどろ ~ 宙吹きガラス展 ~

手吹びいどろ ~ 宙吹きガラス展 ~ 閉会御礼。次回、乞うご期待!

─ 吉田元雄・押野 静 ─

 

最新更新日時:2010年08月10日 火曜日 午後 8:37:41
会期:2010年7月28日(水)~8月10日(火)11:00a.m.~7:30p.m. ※日曜休廊
◇◆◇ NHKプロジェクトXにも出演した円熟のt匠と、気鋭の若手女性作家の宇宙吹きガラスの作品展です。 ◇◆◇
型を一切使わずにガラス器をつくる“宙吹きガラス”は、 ガラス本来の美しさが最も率直に表現出来る伝統技法です。
宙吹きガラスは通常、助手との共同作業。 親子ほども年齢の違う吉田元雄さんと押野 静さんは吹き手とアシスタントの関係であり、師弟でもあります。
2007年2月、押野さんがガラス工芸作家として独り立ちするのを機として開いた二人展。
大好評をもって迎えられました。今回はその第三回展となります。
円熟の匠と気鋭の若手の作品が一堂に並び、ますます充実の作品展となりました。
前回の記事ですが店主ブログ「モノもの応援帳」にて吉田さんと押野さんを詳しくご紹介中です。
どうぞのぞいてみてください。

潮騒の器と陶人形  伊勢志摩風門窯展

潮騒の器と陶人形  伊勢志摩風門窯展 閉会御礼。次回、乞うご期待!

─ 海のシェイプ2010 ─ (高橋武男&高橋ひとみ)

 

最新更新日時:2010年07月23日 金曜日 午後 7:02:13
会期:2010年7月12日(月)~23日(金)日曜休廊 午前11時~午後7時 ※19日(祝)と最終日は午後5時半迄
◇◆◇ 伊勢志摩・・・この恵みの国に根ざし、美しい風土のなかから生まれた器と陶人形の夫婦展です。 ◇◆◇
賢島と真珠筏の浮かぶ英虞湾。 映画『喜びも悲しみも幾歳月』の舞台となった安乗岬の灯台と的矢湾・・・。
この恵みの国に根差し、美しい風土のなか、 自由な発想で独自の陶境に遊ぶ「伊勢志摩風門窯」高橋武男&高橋ひとみさんの夫婦展が閉幕しました。
伊勢志摩の魅力を器に託したものづくりに取り組む武男さん、 ほのぼのとした土味に、滋味あふれる陶人形創りに励むひとみさん。
「風門窯の器と人形に出逢えてよかった!」と喜んでいただける作品展です。
伊勢志摩風門窯展の様子は昨年の記事ですが、店主ブログ「モノもの応援帳」でご紹介中。
どうぞのぞいてみてください。
次回展も来年同時期7月11日(月)から22日(金)に決定。是非お楽しみに!

花の器と食の器  清水 陽 作陶展

花の器と食の器  清水 陽 作陶展 閉会御礼。次回、乞うご期待!

─ 白磁と青白磁 ─   (いけ花協力 草月流:中村まりえ)

 

最新更新日時:2010年07月10日 土曜日 午後 7:01:53
会期:2010年7月5日(月)~10日(土) 11:00am~7:00pm ※最終日は午後4時まで
◇◆◇ 作品は食器・花器など日常の器が中心で、凛としたたたずまいのなかに優しさを宿した磁器の器です。 ◇◆◇
静岡県伊豆市の陶芸家 清水 陽(しみず よう)さんの作陶展が閉幕しました。
清水さんは武蔵野美術短期大学を1982年に卒業後、愛知県瀬戸の赤津焼窯元で陶芸修業。
以降、各地で個展・グループ展を重ね、現在は伊豆市で制作を続けています。
作品は食器・花器など日常の器が中心で、 凛としたたたずまいのなかに優しさを宿した磁器(青白磁・白磁)を得意としています。
清水さんの器は、一見いま流行の白い器と一緒くたに、「シンプル」という言葉で括られてしまいそうですが、 同じ「シンプル」でも量産で作られたものとは、味わいが違います。
手のぬくもりというか、表情が異なるんですね。
和にも洋にも使える、お料理が映える、清潔で使いやすい、お花が活きる、 ということでは白であれば量産品でもいいのかもしれませんが、 シンプルだからこそ上質である必要があります。 なぜなら、表情があることで、長く使っても飽きがこないんですね。
月の満ち欠けをモチーフにして制作した花器「moon」など、 様々な生け方を楽しむ事ができる花器も多く出品されています。
いけ花協力は草月流で華道家の中村まりえ(披香)さん。
花をいける人の立場からみて、清水さんの花器は花との相性がよく、お洒落にいけやすいとのこと。
色は白ですが、いけかた一つ、素材の選択ひとつで、四季を問わずに通年活躍してくれますとのことでした。
清水 陽さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」の新着エントリにて詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみてくだい。

夏の訪れと共に  付立染つけたてぞめ 展

夏の訪れと共に  付立染つけたてぞめ 展 閉会御礼。次回、乞うご期待!

─ 付立染 家元 山下春径 ─

 

最新更新日時:2010年07月02日 金曜日 午後 6:46:03
会期:2010年6月28日(月)~7月2日(金) 11:00am~6:30pm ※会期中無休
◇◆◇ 付立染とは下絵もなしに、一気に一筆で描き上げる技法。それ故、同じ作品は絶対にできません。 ◇◆◇
雨に濡れたあじさいの美しさに心慰められる今日この頃に、 付立染の数々を美しく楽しく飾る付立染展。
『夏の訪れと共に』と題しての山下春径さんの作品展が閉幕しました。
付立(つけたて)染とは友禅染や紅型染と違い、 下絵なしで直接、布地に一つ一つ写生をもとに絵を描く染物です。
着物・帯からテーブルセンター・ブラウス・帽子などの小物まで、 山下春径さんは付立染の技法で山野草の花を咲かせます。
素朴で可憐な花たちは私たちに季節の野山を思い起こさせてくれることでしょう。
山下春径さんの人と作品は以前の記事ですが、店主サイト【モノもの応援帳】にて詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみて下さい。
次回展は来年の年の瀬、12月19日(月)からに早速決定しました。どうぞお楽しみに!
また、山下春径さんのお店「径 みち」のウェブサイトもご覧になって下さい。 

─ 和布にあそぶ ─ おつつみ展 2010夏

─ 和布にあそぶ ─ おつつみ展 2010夏 閉会御礼!

Item: ふろしき/てぬぐい/てぬぐい本 (その他いろいろ)

 

最新更新日時:2010年06月25日 金曜日 午後 11:10:26
会期:2010年6月21日(月)~25日(金) 11:00am~7:30pm ※会期中無休
◇◆◇ 風呂敷と手ぬぐいは『くらしの和布』として「古風」にも「今風」にも見事にマッチするお洒落な素材です。 ◇◆◇
恒例となりました『おつつみ展』の夏編が閉幕。
新柄なども豊富に取り揃え、お楽しみ頂ける会場となりました。
風呂敷(ふろしき)や手拭い(てぬぐい)・・・以前は人々にとって大変身近なものでした。
それが生活の洋式化とともにバッグや紙袋に押しやられいまではすっかり引き出しの奥に仕舞い込まれてしまいました。
ところがここ数年、風呂敷と手拭いが 「環境問題」「省資源」「レジ袋有料化」など様々な観点から見なおされてきています。
正に「もったいない」を実行するエコロジーの旗手ともいえるのが風呂敷と手拭いといえますね。
一枚の布が、さまざまな形のものを包み、安全に運び、バッグの代わりにもなります。
また、結んだ姿が美しいので贈り物を引き立てるラッピングにもなります。
そして一枚一枚の布地の美しさと和の伝統を伝える多彩な図案もとても魅力的。
今回は新作として、イタリアのコモと並び、 高い技術を評価されてきた横浜伝統の型染め『捺染(なっせん)』の手拭いハンカチをご紹介。
名付けて「ABCはんかち」。
例えばAならAPPLEで、リンゴの絵というふうに、 アルファベット全26文字を絵柄で展開しています。
お名前のイニシャルやお好みの柄を選んで、自分用やお友達のプレゼントにも最適です。
サイズは日本手拭いの半分なので、ポケットに入れやすい小粋な長方形。 お弁当包みにしても、布巾としても使えます。
また生地は吸収性・速乾性に優れた、てぬぐい素材「上総理 じょうそうり」を使用。
晒の総理(織り方の種類を表しています)とほぼ同じですが、 糸の本数を増やして、より肌触りのよいものに仕上げています。
吸水性がよく、ながくお使いいただくうちに更に柔らかくなるのが特徴です。
幕末開港以来、洋のデザインと和の粋を活かした伝統工芸『横浜捺染』の傑作です。
おしゃれな手拭い・風呂敷で地球に優しい生活をしてみませんか?

尾瀬に魅せられて─ 尾瀬 刺繍展 2010

尾瀬に魅せられて─ 尾瀬 刺繍展 2010 閉会御礼。次回、乞うご期待!

Artists: 鈴木則子/高嶋愛子/中條美智代 (50音順)

 

最新更新日時:2010年06月19日 土曜日 午後 6:51:35
会期:2010年6月14日(月)~19日(土) 11:00am~7:00pm ※最終日5時まで
◇◆◇ 尾瀬の風景や草花など、豊かな自然をモチーフとした欧風刺繍の作品展。四季それぞれの美しさに感動があります。 ◇◆◇
尾瀬 刺繍展 ─2010─ が閉幕しました。
出品作家は鈴木則子さん、高嶋愛子さん、中條美智代さん。
「尾瀬」をテーマに、風景や草花などの豊かな自然をモティーフとした欧風刺繍の作品展です。
尾瀬ヶ原と尾瀬沼、そしてそれを取り囲む燧ヶ岳・景鶴山・至仏山・アヤメ平・皿伏山などを含む一帯は 湿原植物や高山植物の豊庫です。
尾瀬ヶ原は春から秋にかけて有名なミズバショウ・ニッコウキスゲをはじめ数多くの湿原植物に彩られます。
尾瀬を訪れた人は四季それぞれの美しさに感動し、通うほどに魅せられていくとか。
そんな尾瀬の魅力にとりつかれた3人が、三者三様、とりどりの表現と様々な技法で尾瀬を綴る刺繍展。
東京都心にいながら、緑と水にあふれる自然のなかへと、心と体がとけ込んでゆくようなリラックスした空間となりました。
2008年のエントリですが、店主サイト【“モノもの”応援帳】にて「尾瀬 刺繍展」を詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみて下さい。
次回展も早速に会期決定!2012年(平成24年)6月11日(月)~16日(土)です。お楽しみに。

身につけるアート─The Jewellery 2010

身につけるアート─The Jewellery 2010 閉会御礼。次回、乞うご期待!

Artists: 工藤幸子/小森 梓/桜川りょう/高橋容子 宮野美樹/森 尚子/山本幸子 (50音順)

 

最新更新日時:2010年06月12日 土曜日 午後 7:03:55
会期:2010年6月7日(月)~12日(土) 11:00am~7:00pm ※最終日4時まで
◇◆◇ 七宝、金属、とんぼ玉 ─ 7人の作家が、個性豊かにジュエリーという名のアートの世界を展開します。 ◇◆◇
七宝、とんぼ玉、金属、7人の作家がそれぞれの素材・技法を駆使して、 ジュエリーという名のアートの世界を展開。
大胆あり、繊細あり、多くの方々に7つの個性の饗宴をお楽しみ頂ける内容となりました。
出品者:工藤幸子 (純銀・アートジュエリー)~シンプルなデザインから 舞台装飾を思わせるアートジュエリーまでを幅広く制作しています。
銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト 最優秀賞・文部科学大臣賞 他 銀座展示会 他 小森梓 (とんぼ玉)~つながる模様の面白さを追求して制作しています。
「100 LANPWORKERS」」に作品収録 KOBE とんぼ玉ミュージアム「とんぼ玉展覧 2009」他にて作品発表   桜川りょう (彫金)~パールや日本の伝統技法、緋銅を主に用い、 たおやかで芯の強い現代女性のonとoffを演出します。
(社)ジュウリーデザイナー協会正会員 他  銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト グランプリ 他 ジュエリーアート札幌 他に出品  高橋容子 (七宝)~七宝の魅力は、作家の世界観によって様々な表情をみせる事だと思います。
手から伝わる心を作品から感じて頂けると幸いです。
日本七宝協会会長賞 他 全国百貨店での展示会等   宮野美樹 (とんぼ玉)~ガラスの美しさをシンプルに表現できたらと思い制作しています。
International Society of Glass Beadmakers(USA)会員  THE BEAD MUSEUM(Arizona,USA )に作品収蔵 Japanランプワークフェスティバル展 他にて作品発表  森尚子 (彫金・アートクレイシルバー) ~心うきうき♪身に着けて楽しくなるジュエリーを制作しています。
(社)ジュウリーデザイナー協会正会員 他 日本ジュエリーアート展入選 他 創作市場第20号「粘土に遊ぶ」マリア書房 他に作品掲載    山本幸子 (彫金・アートクレイシルバー)~花や木そして自然から感じるイメージを形にしました。
(社)日本ジュウリーデザイナー協会正会員 他  粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト ブティック賞 他 展示会多数 7人の人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」の新着エントリ「身につけるアート―The Jewellery 2010 」にて 詳しくご紹介中。
どうぞのぞいてみてくだい。
次回展は早々と来年、6月20日より25日に決定。是非お楽しみに!