展示会スケジュール

石川秀隆 老梅焼「蒼龍展」

□2019/04/01(月)~04/03(水)
11:00AM~6:30PM(最終日は5:00PMまで) 
 
清流『道志川』が流れる自然豊かな山梨県道志村に「蒼芒庵(そうぼうあん)」を構える陶芸家 石川秀隆さんの個展です。
作品はすべて『手びねり』によって作陶された一点ものばかり。抹茶碗などの茶陶と花の器のほかに食器も手がけます。
幾星霜を経た老梅の木肌のような独特の土肌と、自由で造形力豊かな作品は高く評価されています。
 
20190401 IshikawaHidetaka-01 20190401 IshikawaHidetaka-02 20190401 IshikawaHidetaka-03
 
当会場では初の個展となります。石川秀隆さんでしか造ることを得ない『老梅焼』を是非お手にとってご覧ください。
 
石川 秀隆(いしかわ ひでたか) 
――■ プロフィール ■――――――――――――――――――――――――――

1947年 神奈川県三浦市に生まれる 
2001年 竹中貞夫氏、竹中陽子氏に師事 
2003年 老梅焼開眼 
2004年 蒼々庵窯を開窯 コラボレーション展 
2005年 個展/横須賀プリンスホテル、鎌倉やまびこギャラリー
2006年 個展/茅ヶ崎ぎゃらりぃーbe、藤沢蔵まえギャラリー 
2007年 個展/横浜そごうギャラリー
2008年 個展/八ヶ岳ギャラリー花のワルツ
2009年 個展/鎌倉ギャラリー ユー他/各地で開催
2011年 全美展読売新聞社賞
2012年 全美展神奈川県議会議長賞
2013年 全美展東京新聞社賞
2014年 個展/各地で開催
2015年 神奈川美術協会展奨励賞
2016年 東京都美術館90周年記念、東京国際美術選奨を授与
――――――――――――――――――――――――――■ プロフィール ■――

 

鳥と花と魚たち 第33回 水留良雄 陶展

□2019/03/25(月)~03/30(土)
11:30AM~7:30PM(最終日は6:00PMまで) 
 
今回でなんと33年目の第33回展となる【水留良雄 陶展】。サブタイトルは【鳥と花と魚たち】です。
 
20150323 mizutome-01 20150323 mizutome-02 20150323 mizutome-03 20150323 mizutome-04 20150323 mizutome-05
20150323 mizutome-06 20150323 mizutome-07 20150323 mizutome-08 20150323 mizutome-09 20150323 mizutome-10
 
小鳥や魚、草花やフクロウ・猫・兎などをモチーフに自然の優しさ・大切さを、土の温もりと素朴さで表現した食器と花器の陶芸展です。
益子焼に魅せられ栃木県益子で学んだ水留さんの作品には、従来の益子焼のイメージをくつがえすに十分な驚きがあります。
ほっこりあたたか、ノスタルジックな釉調が魅力の日常の器から
匠を凝らして調度品としても存在感にあふれた力作まで、正に充実の内容です。
 
――■ 水留良雄(みずとめ よしお)プロフィール ■――――――――――――――――――――――――――
 昭和24年 新潟県東蒲原郡津川町に生まれる
 同 49年 益子 秋山一夫氏に師事
 同 56年 栃木県那須郡烏山町にて独立
 同 57年 個展(烏山町 和紙会館)
 同 59年 個展(新潟 大和デパート)
 平成 4年 二人展(東京銀座 陶悦)
 同  6年 個展(新潟 羊画廊十回展)
 同  8年 個展(長岡市 ギャラリー紺十一回展)
 同 16年 個展(新潟 新発田市 ギャラリー栞三回展)
 同 17年 二人展(盛岡 かわとく壱番館キューブ店十一回展)
       個展(山形 よし埜画廊十一回展)
       個展(益子 ギャラリーもえぎ四回展)
 同 18年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十回展)
 同 19年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十一回展)
 同 20年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十二回展)
 同 21年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十三回展)
 同 22年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十四回展)
 同 23年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十五回展)
 同 24年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十六回展)
 同 25年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十七回展)
 同 26年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十八回展)
 同 27年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十九回展)
 同 28年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川三十回展)
 同 29年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川三十一回展)
 同 30年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川三十二回展)
――――――――――――――――――――――――――■ 水留良雄(みずとめ よしお)プロフィール ■――
 
水留良雄 陶展2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。
 

栗崎和風・椿Ako 二人展

□2019/03/11(月)~03/16(土)
11:00AM~6:00PM(最終日は4:00PMまで) 

栗崎和風さんの作る古代裂のお雛様と、椿Akoさんがカラーサンドの粒粒で描いた粒彩画の二人展。 椿Akoさんは当ギャラリー初のお目見えです。日本伝統の『お雛様』と、点描画のように美しい発色の絵を展示販売します。

20190311 KurisakiTsubaki-01 20190311 KurisakiTsubaki-02 20190311 KurisakiTsubaki-03 20190311 KurisakiTsubaki-04 20190311 KurisakiTsubaki-05
20190311 KurisakiTsubaki-06 20190311 KurisakiTsubaki-07 20190311 KurisakiTsubaki-08 20190311 KurisakiTsubaki-09 20190311 KurisakiTsubaki-10
 

北九州市小倉の地で、江戸時代の小袖を使ったこだわりのお雛様を制作する栗崎和風(くりさきわふう)さんと、大阪在住の粒彩画家 椿Ako(つばきあこ)さんの二人展が、2019年(平成31年)3月11日~16日まで、ぎゃらりー小川にて開催されます。

栗 崎  和 風
雛人形は常に着物をまとっていますが栗﨑和風さんの雛人形は、その身に着けている着物にこだわりがあります。それらの人形のすべてには、着物の宝庫であった19世紀の古代着が使用されています。
当時の着物は、使われている絹が現代のものと比べて良質であり、洗練された技術を持った人々によって作られていました。当時の染色や刺繍の技法は今となっては再現するのが難しく、全てがますます稀少価値が高くなり、手に入れることが非常に困難になっています。
日本の伝統である着物は、代々母から娘へと受け継がれてきました。栗﨑和風さんはその貴重な着物を使って価値ある『お雛様』を作り続けています。

『こだわり』から生まれる匠の技で命を吹き込まれた『お雛様』の穏やかで優しい表情にきっと心が癒やされることでしょう。

――■ 栗崎和風プロフィール ■――――――――――――――――――――――――――
1946年 福岡県北九州市小倉生まれ
1971年 日本木目込人形協会教授、木目込人形教室にて指導にあたる
1980年  野村百華会人形学園教授
1992年 『古代裂(こだいぎれ)お雛様展』青山のギャラリーにて開催 以後毎年開催
1993年 ハリウッド女優メリル・ストリープ来日の際にお雛様を贈呈
NHK テレビ出演
1994年  百華会雅号 『和風華』 認定
1995年 『インターナショナルフェアー』モナコにて出展 モナコ政府主催
1998年 『日本の伝統工芸展』 以後毎年全国の百貨店にて出展
1999年 『古代裂(こだいぎれ)お雛様展』個展を開催
定期的に、東京、大阪、名古屋他(高島屋、三越、伊勢丹など)
2003年 『江戸着物コレクションとお雛様展』銀座ポーラギャラリーにて開催
『ケベックと日本の文化交流』カナダにて出展 グランプリ受賞
2004年 『江戸着物コレクションとお雛様展』北九州市立小倉城庭園企画展示室にて開催
『江戸着物コレクションとお雛様展』愛媛県歴史文化博物館にて開催
2007年 『Japan Expo』ロサンゼルスにて出展
2012年  ニューヨークにて個展
『さくら祭りと古代裂お雛様』をテーマに講演
アメリカに日本から桜が植樹されてから100年の記念の年になり、『さくらと日本文化』というテーマで『サクラ・ヘルス・フェアー』がニューヨークにて開催されました。
ニューヨークのウェブ番組の特別出演、You Tubeにアップされる。
~ニューヨーク素敵な着物女(びと)シリーズ~
2014年 『Japan Expo』 パリにて出展
――――――――――――――――――――――――――■ 栗崎和風プロフィール ■――

椿Ako
粒彩画とは、カラーサンドなどの粒で描く絵画です。
粒の大きさは細い筆でちょんと打った小さな点ぐらいの大きさ。彩りの粒々を混ぜ合わせて中間色を表現しています。美しい彩りの粒が混ざり合って色彩を構成します。色彩が濁らず、画面が美しいのがなによりの特徴です。
筆は使いません。接着剤を塗り、その上にパラパラとカラーサンドを振りかけて描く様は、まるで降りそそぐ光が一枚の絵を描くような神秘に満ちています。

――■ 椿Akoプロフィール ■――――――――――――――――――――――――――
1955大阪府生まれ
サンドアート協会設立
粒彩画教室(住吉武道館にて)
工房:粒彩明光舎

*受賞歴 第24回染色衣装図案コンクール 大阪商工会議所会頭賞
     第33回現代文化賞 2001大阪工芸展入選
     第10回新成会展金賞
     第17回全日本アートサロン絵画大賞展入選
     第26回国民文化祭京都2011美術展入選

*展 示 第1回カンヌ日本文化フェスティバル
     モナコ公国主催インターナショナルフェア
     第3回カンヌ日本文化フェスティバル
     日仏アートマルシェ2000・2001・2002
     カナダアートEXPO
     椿明子的沙芸世界展(香港)
     京都2011美術展 京都市美術館
     NHK福岡大英博物館古代エジプト展イベント 死者の書サンドアートペインティング監修指導
     現代仏教美術展2013 兵庫県立美術館
     サンドアートのデモンストレーション開催地
     インターナショナルフェア(モナコ)
     インターナショナルフラワー(インド・バンガロール)
     ケベック州文化交流会(カナダ)
     アイランドリゾート(香港)
     中部国際空港(名古屋)
     JR西日本第46回地盤工学研究発表会(神戸)
     大阪工業大学(大阪)
――――――――――――――――――――――――――■ 椿Akoプロフィール ■――

春の展示会6人展 2019

□2019/03/07(木)~03/09(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 

α工房の「薫風」こと鈴木 薫さんとその仲間たちによる【くらし】をテーマとした6人によるグループ展。ジュエリーとアクセサリー、洋服や帯締め、和布小物や照明、イラストなど様々なライフスタイルグッズを展示販売いたします。 

20180307 harunotenjikai-01 20190307 harunotennjikai-02 20180307 harunotenjikai-03 20180307 harunotenjikai-04 20180307 harunotenjikai-05
20180307 harunotenjikai-06 20190307 harunotennjikai-07 20190307 harunotennjikai-08 20180307 harunotenjikai-09 20180307 harunotenjikai-10
 

2019年(平成31年)3月7日~9日まで春の展示会6人展2019が、ぎゃらりー小川にて開催されます。

6人の作家の紹介です。
まずは『α工房』の鈴木 薫さん。今回は行灯(あんどん)のような柔らかな光で照らしてくれる「灯り」を出品しています。斬新な発想にいつも驚かされるマルチアイテムアーティストです。

(財)日本手工芸指導協会 総合科講師も務める『こまち工房』小池眞知子さんは古布のお細工物と洋服を出品。古布で作られた可愛いウサギやネコ、お雛さまがたくさん並びました。

『オリジナルジュエリー』は柏山節子さん。天然石で作られたネックレスが特にオススメです。長さによって使い勝手も違い、チョーカーのように首にピッタリのものもあれば、ロープと呼ばれる長くゆったりしたネックレスもあります。

『レース編み』は佐藤悦子さん。クロッシェレースの美しさを堪能できる 大きめのテーブルセンターから毎日の暮らしを楽しく彩るマフラーを出品しています。パールを使ったシルバーアクセサリーも並びました。

締めは日本の貴重な伝統工芸品、幅1.5センチのアートともいえる『組紐』の塚田道代さん。
色とりどりの組紐は、着物の帯締め以外にも素敵なアクセサリーとしてもその魅力を発揮します♪ストラップやネックレス、ブレスレットやメガネ紐など意外と知られていない組紐の魅力を再発見出来ます。

鈴木寿世さんはイラスト。【ふわんわん】という名の架空の犬がモデルです。中~大型の雑種犬で、飼い主を求めてネット上をさまようwebのら犬という設定が斬新。笑えます!LINEスタンプも販売中です。

会場はジャパネスクコンテンポラリーとでも称すべき、上質な素材美と、モダンにアレンジされたデザインが調和した素敵で落ち着いた空間となっています。

――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――――――――――

    小池眞知子   佐藤悦子   塚田道代
        鈴木 薫    柏山節子    鈴木寿世
――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――

春の展示会 6人展2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。
 

「暮らしを彩る器たち」高橋和則・隼哉 親子展

□2018/12/02(日)~12/08(土)会期中無休
 午前11時~午後7時(最終日は午後6時まで)

陶芸教室 楽陶会を主宰する吉光窯 高橋和則(たかはし かずのり)さんと息子さんの親子展です。

長男の隼哉(しゅんや)さんは京都の地で、伝統ある京焼(清水焼)の技術を習得してきました。
器を主体とした陶器のロクロ成形と、陶芸の幅広い知識と技術を学び、いま陶芸家として独り立ちをしようとしています。
これを機会に親子であり、師弟でもある父 和則さんとの二人展を開催する運びとなりました。

20181202-kikkogama 01s 20181202-kikkogama 02s 20181202-kikkogama 03s 20181202-kikkogama 04s 20181202-kikkogama 05s
20181202-kikkogama 06k 20181202-kikkogama 07k 20181202-kikkogama 08k 20181202-kikkogama 09k 20181202-kikkogama 10k

店主が学生時代からお世話になった田端の高橋粘土の社長さんが、実は陶芸家の高橋和則(たかはし かずのり)さんであることを後年知った折は驚きを覚えたものでした。当会場では2016年に引き続いての作品展です。

【 略 歴 】
•1959  東京北区田端に生まれる
•1982  父・楽焼作家 高橋一翠に陶芸を学ぶ
•1988  楽陶会主宰となる
       楽陶会展(松坂屋上野店)以後隔年
•1990  第20回全陶展入選 以後毎年
•1993  埼玉陶芸展 毎日新聞社賞
       第1回個展(赤坂ギャラリー小川)
•1995  全陶展 会友優秀賞
       第2回個展(松坂屋上野店)
•1996  第18回日本新工芸展入選 以後毎年
       日中陶芸文化交流展出品(景徳鎮)
•1997  第3回個展(松坂屋上野店)
•1999  第4回個展(松坂屋上野店)
•2001  全陶展 陶光会賞
       第5回個展(松坂屋銀座店)
•2002  北区の工芸作家展(飛鳥山博物館)以後毎年
•2003  第6回個展(松坂屋銀座店)
•2004  全陶展選抜シドニー展
•2005  全陶展理事優秀賞
•2006  第7回個展(松坂屋銀座店)
•2007  第39回日展入選
       全陶展文部科学大臣賞
•2008  第8回個展(松坂屋上野店)
       第40回日展入選
•2010  第9回個展(銀座・ギャラリーナミキ)
•2012  第10回個展(赤坂・キギャラリー小川)
•2013  以降日展入選4回

(公社)日本新工芸家連盟会員審議員
全陶展副会長
北区陶芸会顧問/楽陶会主宰

* * * * * * * 作家全日在廊 * * * * * * * 

手編みニットMINE & 糸へんのものづくり 仲良し展

□2018/11/26(月)~12/01(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)

今回で第17回を数える人気の恒例イベント【仲良し展】。常連の『手編みニットMINE』さんに加えて、今回からは『糸へんのものづくり』さんも参加します。

――――■ 手編みニットMINE ■――――――――――――――――――――――――――
    水沼伊代子  福田静子  西谷豊子  室伏民子  渡辺幸子
――――――――――――――――――――――――――■ 手編みニットMINE ■――――

――――■ 糸へんのものづくり ■――――――――――――――――――――――――――
    藤井智佳子
――――――――――――――――――――――――――■ 糸へんのものづくり ■――――

20141201 MINE-01 20141201 MINE-03 20141201 MINE-06 20141201 MINE-07 20141201 MINE-08
20181126 ITOHEN-01 20181126 ITOHEN-02 20181126 ITOHEN-03 20181126 ITOHEN-04 20181126 ITOHEN-05

 

MINEとは編み物大好き仲間が集まったグループ名。ウールと草木染と藍染・・・天然素材にこだわり、着やすさを追求したオリジナルの一着からは、 手づくりの温もりが伝わってきます。

糸へんのものづくり 藤井智佳子さんは北海道生まれ。ニッティングアートやバスケタリーなどを学び1990年からは首都圏のギャラリーを中心に活動しています。
「草木染め」「藍染め」の帽子とウエア類などを出品します。ベランダのソーラー発電の電気を使ったり、アンティークの炭アイロンを使ったりと、暮らしの中でできる自然エネルギーを用いた「ものづくり」の姿勢も注目されています。

天然素材にこだわり、着やすさを追求したオリジナルの一着。
確かな技術と違和感のないデザインに裏付けられた逸品。
正に大人の日常にふさわしい上質な作品の数々をお手に取ってご覧ください。

第26回 増山洋子&パインの会 押し花作品展 

□2018/11/12(月)~11/17(土)
11:00AM~6:00PM(最終日は4:00PMまで)

――――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――
   増山洋子  戸田陽子  北爪よし子  老川美佐子

 渡井久代  古岡杏悠  柴田弓子  鶴岡和子  栃本悦子       
――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――――

美しい自然の色が残せる押し花は自然の恵みをそのままに
より美しく華やかに花に第二の命を与えます

見る人に憧れと安らぎをもたらすのが押し花作品
だから自然が好き 押し花が好き

20141117-pine 01 20141117-pine 02 20141117-pine 03 20141117-pine 04 20141117-pine 05
20141117-pine 06 20141117-pine 07 20141117-pine 08 20141117-pine 09 20141117-pine 10

第26回 増山洋子とパインの会 押花作品展が、ぎゃらりー小川にて2018年11月12日から17日まで開かれます。ヴォーグ学園、増山洋子教室から出発した仲間たちのグループ展です。

増山先生は千葉市在住。1986年より押し花を始め、現在、ふしぎな花倶楽部指導理事。果物や野菜、蘭など難しい押し花を得意としている著名な押し花作家です。

近年の押し花技術は、目をみはるほど素晴らしい進歩を遂げています。乾燥技術や保存技術はもちろん、押し花を作るための道具についても格段に進みました。化学の力を応用し、押し花の持つ美しさを追求した作品は、様々な表現方法を可能とし、
絵画の域にも達する芸術性の高いものとなっています。それらの作品から、移ろう季節の息吹をお感じ頂ければ幸いです。

アトリエみさき ハンドクラフト展 2018

□2018/11/05(月)~11/10(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PM)

――■ 出品作家 ■―――――――――――――
    押し花と手づくり : 竹内美佐子
         キルト : 佐藤 隆平
         銅版画 : 服部まき子
―――――――――――――■ 出品作家 ■――
  
押し花・キルト・銅版画・刺繍の楽しいコラボレーションです。クリスマスデコレーションも楽しめますよ!

20141110 ateliermisaki-01 20141110 ateliermisaki-02 20141110 ateliermisaki-08 20141110 ateliermisaki-05 20141110 ateliermisaki-03
20141110 ateliermisaki-04 20141110 ateliermisaki-09 20141110 ateliermisaki-07 20141110 ateliermisaki-06 20141110 ateliermisaki-10

アトリエみさき ハンドクラフト展は今回が22回目。なんと22年目の秋となります。

コンテンポラリーキルターとして活躍する佐藤隆平さん、かわいいフクロウや猫をモチーフにした銅版画の服部まき子さん、そして絵画の域にも達する芸術性の高い押し花は竹内美佐子さん。3人のハンドクラフト作家がコラボレーションしたグループ展です。

会場ディスプレイとコーディネートは佐藤隆平さんが担当。楽しいクリスマス・デコレーションに魅了される 暖かいハーモニーに満ちた会場となりました。

備前 清水政幸 作陶展

□2018/10/29(月)~11/03(土)
 午前11時~午後6時半(最終日は午後3時まで)
 
釉薬を一切使わず薪の炎だけによって堅く焼き締められた土肌の【窯変】には、一つとして同じものがありません。
炎の芸術【備前焼】作家の清水 政幸(しみず まさゆき)先生の個展です。
酒器を中心に向付、皿鉢など「手にとってお楽しみいただける備前焼」が並びます。
 
今回は特に岡山県津山市の勝間田という場所の土を使った作品が注目されます。
勝間田(かつまだ)の土独特の黒い光沢のある土肌からは、備前焼の代名詞とも言える、
緋襷(ひだすき)や胡麻(ごま)、 牡丹餅(ぼたもち)、桟切り(さんぎり)とは違う造化の妙を堪能できます。
 
20130829-BIZEN-Masayuki01 20130829-BIZEN-Masayuki02 20130829-BIZEN-Masayuki03 20130829-BIZEN-Masayuki04 20130829-BIZEN-Masayuki05
20130829-BIZEN-Masayuki06 20130829-BIZEN-Masayuki07 20130829-BIZEN-Masayuki08 20130829-BIZEN-Masayuki09 20130829-BIZEN-Masayuki10
 
このたびの作品は、いままでの下り松土と、黒手になる勝間田土で制作されたものが中心です。
徳利、ぐい呑、湯呑、壺など勝間田土のジワリとした土の表情を是非ご高覧ください。 
また比較的お手ごろな価格の向付なども展示されて使って楽しむ作品が目を引きます。
清水さんのファンならずともぜひご覧になっていただきたい個展です。
 
清水政幸さんと弥生さんのホームページも、どうぞのぞいてみてください。
 
【 陶  歴 】
 昭和18年 横浜市戸塚区笠間街に生まれる。
 昭和42年 備前焼独特の「土」の魅力にひかれ、森 陶岳の門を敲く。
 昭和50年 備前長船の土師(はじ)に、半地下式窖窯を築窯する。(以後年2回焼成)
 昭和53年 昭和53年4月3日開窯の師・森 陶岳の「相生大窯」(全長50メートル)の仕事に参加。
 昭和56年 新しく窖窯を築窯。(年2回焼成。平成17年まで。)
 昭和58年 1月 東京・南青山グリーンギャラリーにて備前作陶展開催。(以後し、昭和60・62・63年に開催。)
      6月 第17回備前陶心会展にて「山陽新聞社賞」受賞。
 昭和61年 4月 天満屋にて作陶展。
 昭和62年 8月 日本伝統工芸展入選。茶の湯の造形展入選。
 平成 3年 ぎゃらりいおくむらにて作陶展開催。(以後隔年~開催)
 平成 4年 東京新宿・小田急百貨店にて作陶展開催。(以後隔年~開催)
 平成 5年 1月 第24回備前陶心会展にて「山陽新聞社賞」受賞。
 平成 6年 3月 森 陶岳師の「寒風大窯」に参画。(全長53メートル・焼成期間60日)
      日清めん鉢大賞展入選。ビアマグランカイ入選。
 平成15年 4月 森 陶岳師の新大窯に参画。(全長90メートル)
 平成18年 7月 窖窯を新しく築窯。
      12月 初窯出し。
 平成23年 6月 東京日本橋三越本店にて作陶展開催。
 平成24年 3月 岡山天満屋葦川会館にて森 陶岳大窯一門展開催。
 
 陶友会会員、陶心会会員。
 
* * * * * * * 作家全日在廊 * * * * * * *
 

遊空間七宝彫金展 2018

□2018/10/22(月)~10/27(土)会期中無休
11:00AM~7:00PM(最終日は6:00PMまで)
 
社団法人日本ジュウリーデザイナー協会(JJDA)会員 飯尾京子先生と、先生に七宝彫金を学ばれている皆さんの作品展です。
有線七宝による創造的作品とジュエリーアートの数々。現代の宝物を探しに来ませんか。

――――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――――――――――
   飯尾京子  井上多鶴子  木村智子  黒崎泰子  小坂田志津子

 佐々木順子  田中美佐子  近持こづえ  長江艶子  早田裕子(あいうえお順)       
――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――――

 
20141124 iio-01 20141124 iio-04 20141124 iio-02 20141124 iio-07 20141124 iio-08
20141124 iio-10 20141124 iio-09 20141124 iio-06 20141124 iio-03 20141124 iio-05  
 
主宰者の飯尾京子先生は東京芸術大学美術学部大学院彫金科を修了。有線七宝・鍛金・彫金を手掛けられ、米・仏・独などの国際七宝展に出品入選。1997年にはスペイン国際七宝展で大賞を受賞。(社)日本ジュウリー協会では前理事として活躍中です。
 
会場は有線七宝作品と彫金作品に分けて展示されますが、金・バロックパール・七宝を包括するといった高度な技法の作品が見られるのは、正にこの会ならでは。彫金作品には手頃な価格でお買い求め頂ける品も多数あります。
 
この会の出品者は二十歳代からご高齢の方までと、幅広いのですが、皆さん七宝・彫金の素晴らしさに魅せられた方々ばかりです。
 
飯尾京子さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。
 

* * * * * * * 飯尾京子(いいお きょうこ) プロフィール * * * * * * *

・昭和53年 国際七宝東京展 優秀賞受賞
・昭和54年 東京藝術大学美術学部工芸科卒業 安宅賞受賞 現代工芸展入選
・昭和55年 現代工芸展入選 フランス リモージュ国際七宝展入選(昭和57年・59年)
・昭和56年 アメリカ ウエストサイド メンバーショップショー入選 東京藝術大学大学院彫金科修了 青梅市天寧寺重要文化財仁王像眼部修復 アメリカ エナメルギルドウエストメンバーショー招待出品 国際七宝日本展 優秀賞受賞
・昭和58年 《遊》空間七宝展開催 以後隔年(ギャラリータカノ、青木メタル画廊他)
・昭和63年 《七宝の世界》展開催 愛媛県立美術館分館
・平成 元年 工和会展 佳作賞受賞 個展開催 三越松山 日展入選(平成2年)
・平成 3年 第一回日工会展新人賞受賞 《本七宝展》開催 銀座セントラル絵画館
・平成 4年 《本七宝展》ギャラリー銀鈴社企画展 日工会展入選
・平成 5年 日工会展入選 第34回URジュウリー新作展出品 ’93 THE ART OF JEWELLERY 入選 世田谷区美術館 伊丹市立工芸センター 日本ジュウリーデザイナー展出品(銀座和光 平成7年、9年、11年、13年、17年)
・平成 6年 THE ART OF JEWELLERY(Four Colors)入選 世田谷区美術館 THE ART OF JEWELLERY(美の力)出品 麻布工芸美術館
・平成 7年 THE ART OF JEWELLERY 出品 伊丹市立工芸センター ドイツ Email International 3 in Coburg 入選 伊藤賢治、飯尾京子二人展 ギャラリーゼフィール
・平成 8年 第37回URアートジュウリー新作展出品 日本橋高島屋 現代日本のクラフトとジュウリー展出品 ロサンゼルス アメリカ EXPOSITOIN“M”EMAUX ART LUNETTIERE 出品 フランス 飯尾京子とグループ七宝展 昇仙峡ロープウェイ七宝美術館(山梨県)
・平成 9年 スペイン国際七宝展 大賞受賞 受賞作品MCEG3(Contemporary Enamel Museum in Salou)コレクション エナメルズ‘97(米)入選 遊空間七宝彫金展開催 銀座鳩居堂
・平成10年 米 NCEG3国際七宝展 ボブ・リリー メモリアル賞受賞
・平成11年 仏 BOURGES国際七宝展批評家賞受賞 カナダ WATERLOO MASTER WORKS展招待出品 ハービンジャーギャラリー
・平成12年 スイス バレー・ド・ジュラ市後援“詩的な日本の七宝展”コーディネート
・平成13年 スペイン国際七宝展入選
・平成14年 スペイン バルセロナにて個展(FOCギャラリー)ワークショップ アート&クラフトスクールLLOTJA
・平成16年 スウェーデンJapan6開催(メタルムギャラリー)
・平成17年 スペイン Salou国際七宝展審査員特別賞受賞
現在(社)日本ジュウリーデザイナー協会理事