展示会スケジュール

グループえりまき 手織りマフラー展

□2019/11/18(月)~11/23(土)
11:30AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
─  さむさの冬 あったかく ─ 
――――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――――――――――
     小林 リエ  築添 美土  三宅 康子  小林のぶ子
   宮田ますみ(ガラスアクセサリー)  築添 菜生(ポストカード・額絵)
――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――――
 
20191118-teori 01 20191118-teori 02 20191118-teori 03 20191118-teori 04 20191118-teori 05
20191118-teori 06 20191118-teori 07 20191118-teori 08 20191118-teori 09 20191118-teori 10
 
この寒い季節に欠かせないのがマフラー。可愛らしいものから少しシックに大人っぽく装­いたい時のものまで、多種多彩に並びます。
 
ウール・カシミア・麻・絹などの天然素材の肌ざわりの良さ、着心地の良さ、普段使いの­ヘビーローテーションに耐えられる機能性に加え、アイテムも厚みのあるもの、薄地のも­の、ミニマフラー、ロングマフラー、羽織れる大判ストール・ショールまで色々あります­。鮮やかな色彩のマフラーは寒い冬、暗めになりがちな服装をパッと明るくしてくれますよ­! 
 
手織りマフラー展「さむさの冬、あったかく」2011 in ぎゃらりー小川を You Tube でご覧いただけます。

備前 清水政幸 作陶展

□2019/11/11(月)~11/16(土)
 午前11時半~午後6時半(最終日は午後3時まで)
 
釉薬を一切使わず薪の炎だけによって堅く焼き締められた土肌の【窯変】には、一つとして同じものがありません。
炎の芸術【備前焼】作家の清水 政幸(しみず まさゆき)先生の個展です。
花器と酒器を中心に向付、湯呑など「手にとってお楽しみいただける備前焼」が並びます。
 
今回は特に岡山県津山市の勝間田という場所の土を使った作品が注目されます。
勝間田(かつまだ)の土独特の黒い光沢のある土肌からは、備前焼の代名詞とも言える、
緋襷(ひだすき)や胡麻(ごま)、 牡丹餅(ぼたもち)、桟切り(さんぎり)とは違う造化の妙を堪能できます。
 
20191111-BIZEN shimizu01 20191111-BIZEN shimizu02 20191111-BIZEN shimizu03 20191111-BIZEN shimizu04 20191111-BIZEN shimizu05
20191111-BIZEN shimizu07 20191111-BIZEN shimizu06 20191111-BIZEN shimizu08 20191111-BIZEN shimizu10 20191111-BIZEN shimizu09
 
このたびの作品は、いままでの下り松土と、黒手になる勝間田土で制作されたものが中心です。
徳利、ぐい呑、湯呑、壺など勝間田土のジワリとした土の表情を是非ご高覧ください。 
また比較的お手ごろな価格の向付なども展示されて使って楽しむ作品が目を引きます。
清水さんのファンならずともぜひご覧になっていただきたい個展です。
 
清水政幸さんと弥生さんのホームページも、どうぞのぞいてみてください。
 
【 陶  歴 】
 昭和18年 横浜市戸塚区笠間街に生まれる。
 昭和42年 備前焼独特の「土」の魅力にひかれ、森 陶岳の門を敲く。
 昭和50年 備前長船の土師(はじ)に、半地下式窖窯を築窯する。(以後年2回焼成)
 昭和53年 昭和53年4月3日開窯の師・森 陶岳の「相生大窯」(全長50メートル)の仕事に参加。
 昭和56年 新しく窖窯を築窯。(年2回焼成。平成17年まで。)
 昭和58年 1月 東京・南青山グリーンギャラリーにて備前作陶展開催。(以後し、昭和60・62・63年に開催。)
      6月 第17回備前陶心会展にて「山陽新聞社賞」受賞。
 昭和61年 4月 天満屋にて作陶展。
 昭和62年 8月 日本伝統工芸展入選。茶の湯の造形展入選。
 平成 3年 ぎゃらりいおくむらにて作陶展開催。(以後隔年~開催)
 平成 4年 東京新宿・小田急百貨店にて作陶展開催。(以後隔年~開催)
 平成 5年 1月 第24回備前陶心会展にて「山陽新聞社賞」受賞。
 平成 6年 3月 森 陶岳師の「寒風大窯」に参画。(全長53メートル・焼成期間60日)
      日清めん鉢大賞展入選。ビアマグランカイ入選。
 平成15年 4月 森 陶岳師の新大窯に参画。(全長90メートル)
 平成18年 7月 窖窯を新しく築窯。
      12月 初窯出し。
 平成23年 6月 東京日本橋三越本店にて作陶展開催。
 平成24年 3月 岡山天満屋葦川会館にて森 陶岳大窯一門展開催。
 平成27年 東京赤坂ぎゃらりー小川にて作陶展開催(以後毎年)。
 平成28年 新大窯プロジェクト終える。
 
 陶友会会員、陶心会会員。
 
* * * * * * * 作家全日在廊 * * * * * * *
 

アトリエみさき ハンドクラフト展 2019

□2019/11/04(月)~11/9(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PM)

――■ 出品作家 ■―――――――――――――
    押し花と手づくり : 竹内美佐子
         キルト : 佐藤 隆平
         銅版画 : 服部まき子
―――――――――――――■ 出品作家 ■――
  
押し花・キルト・銅版画・刺繍の楽しいコラボレーションです。クリスマスデコレーションも楽しめますよ!

20191104 handcraft-01 20191104 handcraft-02 20191104 handcraft-03 20191104 handcraft-04 20191104 handcraft-05
20191104 handcraft-06 20191104 handcraft-07 20191104 handcraft-08 20191104 handcraft-09 20191104 handcraft-10

アトリエみさき ハンドクラフト展は今回が23回目。なんと23年目の秋となります。

コンテンポラリーキルターとして活躍する佐藤隆平さん、かわいいフクロウや猫をモチーフにした銅版画の服部まき子さん、そして絵画の域にも達する芸術性の高い押し花は竹内美佐子さん。3人のハンドクラフト作家がコラボレーションしたグループ展です。

会場ディスプレイとコーディネートは佐藤隆平さんが担当。楽しいクリスマス・デコレーションに魅了される 暖かいハーモニーに満ちた会場となりました。

遊空間七宝彫金展 2019

□2019/10/28(月)~11/2(土)会期中無休
11:00AM~7:00PM(最終日は6:00PMまで)
 
社団法人日本ジュウリーデザイナー協会(JJDA)会員 飯尾京子先生と、先生に七宝彫金を学ばれている皆さんの作品展です。
有線七宝による創造的作品とジュエリーアートの数々。現代の宝物を探しに来ませんか。

――――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――――――――――
   飯尾京子  木村智子  黒崎泰子  小坂田志津子

 佐々木順子  住田篤紀  近持こづえ  早田裕子  前亜友子(あいうえお順)       
――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――――

 
20191028-shippo 01 20191028-shippo 02 20191028-shippo 05 20191028-shippo 07 20191028-shippo 08
20191028-shippo 06 20191028-shippo 04 20191028-shippo 10 20191028-shippo 09 20191028-shippo 03  
 
主宰者の飯尾京子先生は東京芸術大学美術学部大学院彫金科を修了。有線七宝・鍛金・彫金を手掛けられ、米・仏・独などの国際七宝展に出品入選。1997年にはスペイン国際七宝展で大賞を受賞。(社)日本ジュウリー協会では前理事として活躍中です。
 
会場は有線七宝作品と彫金作品に分けて展示されますが、金・バロックパール・七宝を包括するといった高度な技法の作品が見られるのは、正にこの会ならでは。彫金作品には手頃な価格でお買い求め頂ける品も多数あります。
 
この会の出品者は三十歳代からご高齢の方までと、幅広いのですが、皆さん七宝・彫金の素晴らしさに魅せられた方々ばかりです。
今回からは住田篤紀さんが初参加となります。昭和・平成期の彫金作家 鴨下 春明(カモシタ シュンメイ/平成11年人間国宝に認定)に師事し、彫金を学んだ伝統工芸の技には卓越したものがあります。
江戸の【かざり職人】の仕事を彷彿とさせるような、精緻で真摯な作品からは、わが国の風土の美しさ、日本人の精神的豊かさを感じることでしょう。
 
飯尾京子さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。
 

* * * * * * * 飯尾京子(いいお きょうこ) プロフィール * * * * * * *

・昭和53年 国際七宝東京展 優秀賞受賞
・昭和54年 東京藝術大学美術学部工芸科卒業 安宅賞受賞 現代工芸展入選
・昭和55年 現代工芸展入選 フランス リモージュ国際七宝展入選(昭和57年・59年)
・昭和56年 アメリカ ウエストサイド メンバーショップショー入選 東京藝術大学大学院彫金科修了 青梅市天寧寺重要文化財仁王像眼部修復 アメリカ エナメルギルドウエストメンバーショー招待出品 国際七宝日本展 優秀賞受賞
・昭和58年 《遊》空間七宝展開催 以後隔年(ギャラリータカノ、青木メタル画廊他)
・昭和63年 《七宝の世界》展開催 愛媛県立美術館分館
・平成 元年 工和会展 佳作賞受賞 個展開催 三越松山 日展入選(平成2年)
・平成 3年 第一回日工会展新人賞受賞 《本七宝展》開催 銀座セントラル絵画館
・平成 4年 《本七宝展》ギャラリー銀鈴社企画展 日工会展入選
・平成 5年 日工会展入選 第34回URジュウリー新作展出品 ’93 THE ART OF JEWELLERY 入選 世田谷区美術館 伊丹市立工芸センター 日本ジュウリーデザイナー展出品(銀座和光 平成7年、9年、11年、13年、17年)
・平成 6年 THE ART OF JEWELLERY(Four Colors)入選 世田谷区美術館 THE ART OF JEWELLERY(美の力)出品 麻布工芸美術館
・平成 7年 THE ART OF JEWELLERY 出品 伊丹市立工芸センター ドイツ Email International 3 in Coburg 入選 伊藤賢治、飯尾京子二人展 ギャラリーゼフィール
・平成 8年 第37回URアートジュウリー新作展出品 日本橋高島屋 現代日本のクラフトとジュウリー展出品 ロサンゼルス アメリカ EXPOSITOIN“M”EMAUX ART LUNETTIERE 出品 フランス 飯尾京子とグループ七宝展 昇仙峡ロープウェイ七宝美術館(山梨県)
・平成 9年 スペイン国際七宝展 大賞受賞 受賞作品MCEG3(Contemporary Enamel Museum in Salou)コレクション エナメルズ‘97(米)入選 遊空間七宝彫金展開催 銀座鳩居堂
・平成10年 米 NCEG3国際七宝展 ボブ・リリー メモリアル賞受賞
・平成11年 仏 BOURGES国際七宝展批評家賞受賞 カナダ WATERLOO MASTER WORKS展招待出品 ハービンジャーギャラリー
・平成12年 スイス バレー・ド・ジュラ市後援“詩的な日本の七宝展”コーディネート
・平成13年 スペイン国際七宝展入選
・平成14年 スペイン バルセロナにて個展(FOCギャラリー)ワークショップ アート&クラフトスクールLLOTJA
・平成16年 スウェーデンJapan6開催(メタルムギャラリー)
・平成17年 スペイン Salou国際七宝展審査員特別賞受賞
現在(社)日本ジュウリーデザイナー協会理事

 

陶・五人展

□2019/09/30(月)~10/05(土)
11:00~18:00(最終日は5:00PMまで)

伝統工芸新作展・日本伝統工芸展入選、千葉県展知事賞受賞など高い評価を受けている今が旬の陶芸家、島田 猛 先生が主宰する西葛西陶芸教室の五人の仲間たちによるグループ展です。

20190930-tou5ninten 01 20190930-tou5ninten 03 20190930-tou5ninten 05 20190930-tou5ninten 07 20190930-tou5ninten 09
20190930-tou5ninten 02 20190930-tou5ninten 04 20190930-tou5ninten 06 20190930-tou5ninten 08 20190930-tou5ninten 10

水の中をイメージした涼やかな色合いの器。
動物をモチーフにした可愛いらしい絵柄の皿。
躍動感のあるオブジェ風の花器。
鉄絵椿文の素朴で温かみのある鉢。
花を活けなくても存在感のある花入れ。
などなど・・・

五人の個性あふれる作品を展示いたします。

――■ 出品作家 ■―――――――――――――――
    遠藤純代  神野寿美子  小久保玲子  
        箕輪洋子   安田三千郎
―――――――――――――――■ 出品作家 ■――

手作り5人展

□2019/09/24(火)~09/28(土)
11:00~19:00(最終日は5:00PMまで)
 

創作レザーアクセサリー作家 小島厚子さんを中心に、陶芸の清水治后(はるみ)さん、工房「猫と一緒」の太田曜子さん、グラスキルンワークの桜庭裕子さん、そして陶人形の小山 透さんが集まった「手作り5人展」です。

陶芸・ガラス・人形・皮革など、それぞれのジャンルから5名の作家が集いました。 様々な年代のクリエイターによる幅広いジャンルの工芸作品を通して、それぞれの素材の魅力と、オリジナリティ溢れる作家の創作エネルギーに直に触れて頂けるグループ展となっています。 

20190924-TEZUKURI5ninten 61 20190924-TEZUKURI5ninten 71 20190924-TEZUKURI5ninten 41 20190924-TEZUKURI5ninten 21 20180925 tezukuri5ninten-09 
20180925 tezukuri5ninten-06 20190924-TEZUKURI5ninten 81 20190924-TEZUKURI5ninten 51 20190924-TEZUKURI5ninten 31 20180925 tezukuri5ninten-10 

工房「猫と一緒」の太田曜子さんは「思わず笑ってしまう」をテーマに、様々な粘土を使った造形作品を作る粘土作家です。創作モチーフは「猫」。

石粉粘土・樹脂粘土・木の粘土など幾種類もの粘土を使い分けて作られるのは、招き猫はもちろんのこと、アクセサリー・インテリア・ランプ・時計など様々ですが、それらはすべて手びねりの一点もの。
キャリア20年の手技が作り出す猫たちからは、見れば見る程、元気をもらえます。今回は新作のカレンダーを携えて、長崎県大村市からの出品です。

桜庭裕子さんは板・粒・粉のガラスを組み合わせて、電気炉で焼いて溶かす「グラスキルンワーク」技法で作品を作っています。
透き通るガラスと不透明なガラス、さまざまな線や絵柄などをコラージュして一つの器が完成します。実際に使うとき、その多彩な表情の美しさに「はっ」と気がつくことでしょう。

陶芸は清水治后(はるみ)さん。山梨県から毎年恒例、四度目の参加となります。
安らぎの空間を生みだす陶人形と照明を出品。 優れた透過性をもつ白磁を使い、光が透けるやわらかな印象の陶人形ライトはとても細密な仕上がりです。

神奈川県座間市に住む小山 透さん陶人形作家です。2014年に開催された「陶ひなコンテスト in 有田」では、小山 透 作「春を迎え親子雛」が第3位(佳作)を受賞。陶磁器「有田焼」の産地として知られる佐賀県有田で高評を得ました。
小山さんは、市内の芸術家で構成される「アーティストファイル」にも加盟する立体造形作家。本業である工業デザイナーの技を活かした創作がユニークです。

小島さんの作品の特徴は彫金の経験から皮革を金属のように仕上げていること。お母様の­趣味のレザークラフト、お父様の趣味の油絵、自らの彫金の技術を合体させて独自の作風­を確立した創作レザーアートです。デザインはユニークで面白く、そして楽しい。実用的­には超軽量。長く使うほどに独特の艶が出てきます。

――■ 出品作家 ■―――――――――――――――――――――――――――――――――
       粘土で作る可愛い猫  / 工房「猫と一緒」太田曜子
       グラスキルンワーク  / 桜庭裕子
          陶人形と照明  / 清水治后(はるみ)
        陶人形・創作人形  / 小山 透
        皮革アクセサリー  / 「創作レザーアクセサリーWELL」小島厚子
―――――――――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――

前田和子&会津無一窯 【磁器・うつわ展】

□2019/09/03(火)~09/13(金)日曜日はお休みです
11:00~19:00 
 
三重県伊勢の花野窯 前田和子と会津無一窯 鈴木幹雄・孫枝夫妻による染付と色絵の磁器による食器と花入の作品展です。 

20140820 maeda-04 20180821 maeda-01 20140820 maeda-01 20180821 maeda-02 20140820 maeda-03
まずは花野窯、前田和子さんからご紹介。
三重県伊勢に生まれた和子さんは、愛知県瀬戸で修業し1988年に同地で独立。途中から実家のある伊勢に窯を移転し
染付一筋に励んでこられました。
テーマは山野草。繊細で淡い色香の漂うような風情は、非凡な描技あってのこと。移ろう季節と向かい合うなかで作られた器からは、
青と白を超えた豊かな彩りの世界が感じられます。
 
前田和子さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。
 
20180821 suzuki-01 20170822 suzuki-02 20170822 suzuki-03 20170822 suzuki-04 20170822 suzuki-05
一方は雪深い北会津で、白磁三昧のものづくりに打ち込む鈴木幹雄・孫枝さんご夫妻。
ふたりの仕事は、ご主人が器胎を作り、絵付けは奥さんがもっぱらに。ぽってりとしたあたたかみある生地と
ガッツあふれる元気な手描が魅力です。
 
鈴木孫枝さんの絵のモティーフは実にバラエティー豊か。 山野草もあれば、洋花・観葉植物もあり、パイナップル・マンゴーといった果物から、色々な野菜、果てはホッキ貝まで描きます。類稀な個性に出会う喜びが待つ作品展です。
 
会津無一窯 鈴木幹雄・孫枝ご夫妻の人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。
  
前田和子・無一窯(鈴木幹雄・鈴木孫枝)器展 in ぎゃらりー小川 2011を You Tube でご覧いただけます。
 

浜渡富雄 創作陶展

□2019/07/01(月)~07/06(土)
11:00~19:00(最終日は5:00PMまで)

彩泥紙抜きの達人 浜渡富雄さんは岩手県八幡平、国立公園松尾村に生まれ、現在は日本工芸会正会員。
数々の公募展において入選入賞多数という今が旬の陶芸家です。

20140609 hamawatari-01 20140609 hamawatari-02 20140609 hamawatari-03 20140609 hamawatari-04 20140609 hamawatari-05
20140609 hamawatari-06 20140609 hamawatari-07 20140609 hamawatari-08 20140609 hamawatari-09 20140609 hamawatari-10

陶芸の産地を持たない千葉県にあって、自由な発想で作品を創り、発表している浜渡富雄さんの作品に描かれた葡萄、泰山木、山法師、野山の草花や葉からは、緑に憩うような優しさが匂い立つようです。
浜渡富雄さんは岩手県八幡平、国立公園松尾村に生まれ、現在は日本工芸会正会員。数々の公募展において入選入賞多数という今が旬の陶芸家です。
成形方法はロクロ挽きがほとんど。特徴は『彩泥紙抜き』。絵柄を切り抜いた紙を器に貼り─紙抜き─、そこに化粧土で彩色する─彩泥─陶芸技法です。さらにはその上から手で絵を描き加え、丹念に花びら一枚、枝葉の一つ一つを完成させていきます。大変な集中力を必要とするこの細工を経て、初めて器に豊かな色彩と優美な表情が宿ります。一品一品に込められた思い入れと気合が、どんな小品一つをとってみても、大作なみの充実感を感じさせてくれます。

'゜★*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:..:*::・'゜☆。

【 略 歴 】
  1954年 岩手県八幡平国立公園松尾村に生まれる
  1989年 千葉県に築窯
  1992年 伝統工芸新作展入選
  1992年 全陶展新人賞受賞
  1995年 習志野市美術展覧会会長賞受賞
  1995年 長三賞陶芸展入選
  1996年 朝日陶芸展入選
  1997年 千葉県展文化振興財団会長賞受賞
  1997年 北の菓子器展奨励賞受賞
  1997年 日本伝統工芸展入選
  2002年 益子陶芸展入選
  2002年 千葉三越個展
  2004年 大滝村教育長賞受賞
  2005年 神谷紀雄氏に師事
  2008年 めし碗グランプリ展 スポンサー賞受賞
  2009年 河北工陶芸展 岩手県知事賞受賞
  2009年 伝統工芸陶葉会展 陶葉会賞受賞
  2013年 第1回 陶美展入選
  2013年 日本伝統工芸展入選
  2015年 日本陶芸展入選
  2015年 陶美展 優秀賞(高島屋賞)受賞
  2015年 めし碗グランプリ展グランプリ大賞受賞
  2017年 現代茶陶展入選
  2017年 菊池ビエンナーレ展入選

  創真窯 日本工芸会正会員 陶葉会会員
  日本陶芸美術協会会員 千葉県美術会理事

'゜★*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:..:*::・'゜☆。

* * * * * * * 作家全日在廊 * * * * * * *

浜渡富雄 創作陶展2013の会場と展示作品を撮影し、YouTubeにアップロードしました。
</p

正野 芳子 創作人形展

□2019/06/27(木)~06/29(土)
11:00AM~6:00PM(最終日は5:00PMまで)

今注目の人形作家・正野芳子さんの代表作や新作を一堂に集めた『正野芳子 創作人形展』を開催します

20190627-Syouno Yoshiko 01 20150511 shouno-03 20150511 shouno-02 20150511 shouno-04 20150511 shouno-05
20150511 shouno-07 20150511 shouno-06 20150511 shouno-08 20150511 shouno-09 20190627-Syouno Yoshiko 06

「埼玉女流工芸展(於 県立近代美術館)」に連続10回入選をとげるなど、いま注目の人形作家・正野芳子さんの代表作や新作を一堂に集めた『正野芳子 創作人形展』を開催します。

正野さんの人形をみるとき、私たちはその豊かな表情に魅せられ、いつしか不思議なノスタルジーの世界に誘われます。
見る人すべてに、たとえ一時でも、安らぎと幸せを与えてくれるはず。心の乱世ともいえるこの時代に生きる私たちにとって、それはかけがえのない宝物となってくれることでしょう。

* * * * * * * 略  歴 * * * * * * *

2007年 個展(東京 銀座 ギャラリーポート)
2008年 第32回
     埼玉女流工芸展にて埼玉県美術家協会賞受賞
2009年 個展(東京 赤坂 ぎゃらりー小川)
2011年 個展(東京 赤坂 ぎゃらりー小川)
2012年 DOLL EXPO2012入選 グランドプリンスホテル高輪
2013年 個展(東京 赤坂 ぎゃらりー小川)
2015年 個展(東京 赤坂 ぎゃらりー小川)
2016年 創立40周年記念 女流工芸展(於 埼玉県立近代美術館)にて「出初め式」がNHKさいたま放送局賞受賞
2019年 女流工芸展(於 埼玉県立近代美術館)にて「愛おしむ(いとおしむ)」がテレ玉賞受賞

埼玉女流工芸展(於 県立近代美術館)連続10回入選
埼玉県さいたま市在住

正野芳子 創作人形展 2011 in ぎゃらりー小川を You Tube でご覧いただけます。

島田 猛 作陶展

□2019/06/10(月)~06/15(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)

島田 猛さんは伝統工芸新作展・日本伝統工芸展・陶美展入選、千葉県展知事賞受賞など今が旬の陶芸家。
近年は、従来のイメージを一新する彩泥シリーズを発表。あたかも、伝統工芸をデザインで練り直したような新鮮な作品です。

20190610-ShimadaTakeshi 01 20190610-ShimadaTakeshi 02 20190610-ShimadaTakeshi 03 20190610-ShimadaTakeshi 04 20190610-ShimadaTakeshi 05
20190610-ShimadaTakeshi 06 20190610-ShimadaTakeshi 07 20190610-ShimadaTakeshi 08 20190610-ShimadaTakeshi 09 20190610-ShimadaTakeshi 10

春には里桜が咲き、柚子・木蓮に囲まれた工房でドクダミ・椿を中心に草花をモチーフとした器と花入れを
自由な発想で制作する島田 猛さんの陶芸展。

島田さんは伝統工芸新作展・日本伝統工芸展・陶美展入選、千葉県展知事賞受賞など高い評価を受けている今が旬の陶芸家です。
その作品は古格を偲びながらも季節の詩情や自然のニュアンスを大切に、落ち着いた色調に抑制の効いた筆致が美しいものばかりです。

* * * * * * * 島 田 猛(しまだ たけし) プロフィール * * * * * * *
【 略 歴 】
1956年  長崎県生まれ            
1986年  西葛西陶芸教室主催        
1990年  陶芸工房陶心 築窯         
1990年  伝統工芸展入選 以後11回入選
1990年  日本伝統工芸展入選          
1991年  千葉県展知事賞受賞          
2003年  千葉県展八街市長賞受賞       
2004年  千葉県美術会員推挙
2013年  陶美展入選
2014年  陶美展入選
2016年  陶美展入選
2018年  陶美展入選

島田 猛 作陶展 2013 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。