展示会スケジュール

手染・手紡・手編展(第30回)

□2014/10/20(月)~10/25(土)
11:00AM~7:00PM
 
――■ 出品作家 ■――――――――――――― 
            小林 令子              鈴木 博子 
―――――――――――――■ 出品作家 ■――
ニット歴四半世紀を超えるお2人のセーター・ベストなど、原毛の選定、糸づくりから始まる手編みの作品展です。
 
Joomla 20131021-01 Joomla 20131021-02 Joomla 20131021-03
Joomla 20131021-04 Joomla 20131021-05 Joomla 20131021-06 Joomla 20131021-07 Joomla 20131021-08
 
鈴木博子さんと小林令子さんの 手染・手紡・手編展は今回で30回目。 なんと!当ぎゃらりーで30年目の秋となります。
ニット歴四半世紀を超えるお2人の セーター・ベスト・ジャケットなど、原毛の選定、 糸づくりから始まる手編みの作品展です。
 
その明るい色使いと洗練された感覚は、 目を楽しませて余すところがありません。 
貴方を、そして貴方のかけがえのない大切な方々を きっと癒してくれることでしょう。
 
小林さんは茨城県守谷市、鈴木さんは世田谷区内在住。 ヴォーグ学園で得た指導者資格で 共に教室も開かれています。 
 
* * * * * * * 作家全日在廊 * * * * * * *
 
小林さんと鈴木さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。
 
手染・手紡・手編展2011 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。

第18回 RIDICULE

□2014/10/12(日)~10/18(土)会期中無休
 午前11時~午後7時(初日は午後1時から 最終日は午後6時まで)
 
第18回 RIDICULE(リディキュール)展が開催されます。
日本画・アクリル画・コラージュ、そしてガラス工芸まで、分野を横断した楽しいグループ展です。
 
20141012 RIDICULE-01 20141012 RIDICULE-02 20141012 RIDICULE-03 20141012 RIDICULE-04 20141012 RIDICULE-05
20141012 RIDICULE-06 20141012 RIDICULE-07 20141012 RIDICULE-08 20141012 RIDICULE-09 20141012 RIDICULE-10

そもそもこの会は出身大学は違えども、それを横断する美術部・美術研究部(略称:美研)の有志の美術展です。
卒業以来二十数年、集まれば学生時代のノリで和気あいあいとした熱気に包まれます。
美研に籍を置いた当店主も、当時のことが去来して胸が熱くなる想い、しばしです。

内容も日本画・水彩画・アクリル画、そしてガラス工芸(江戸切子・サンドブラスト)と多彩ですし
自分自身の来し方が投影出来るような(たぶん当店主だけの思い入れでしょうが・・・)不思議な懐かしみに満ちています。

――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――――――――――
             大津 美恵   大槻 亮子   尾崎 和子   小山 徳子
                    髙麗 順子    佐々木 貴子   須田 裕子
――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――

備前焼 清水政幸 作陶展

□2014/10/06(月)~10/11(土)会期中無休
 午前11時~午後7時(最終日は午後3時まで)
 
釉薬を一切使わず薪の炎だけによって堅く焼き締められた土肌の【窯変】には、一つとして同じものがありません。
炎の芸術【備前焼】作家の清水 政幸(しみず まさゆき)先生の個展です。
酒器を中心に向付、皿鉢など「手にとってお楽しみいただける備前焼」が並びます。
 
今回は特に岡山県津山市の勝間田という場所の土を使った作品が注目されます。
勝間田(かつまだ)の土独特の黒い光沢のある土肌からは、備前焼の代名詞とも言える、
緋襷(ひだすき)や胡麻(ごま)、 牡丹餅(ぼたもち)、桟切り(さんぎり)とは違う造化の妙を堪能できます。
 
20130829-BIZEN-Masayuki01 20130829-BIZEN-Masayuki02 20130829-BIZEN-Masayuki03 20130829-BIZEN-Masayuki04 20130829-BIZEN-Masayuki05
20130829-BIZEN-Masayuki06 20130829-BIZEN-Masayuki07 20130829-BIZEN-Masayuki08 20130829-BIZEN-Masayuki09 20130829-BIZEN-Masayuki10
 
東京有楽町 備前焼専門店『泰弘堂』のご店主様から
ブログ『泰弘堂 店主だより』で下記のようなお言葉をいただきました。
 
『こじんまりとした清潔感のある会場で、徳利、ぐい呑を主体に湯呑、壺、花入、掛花入などすっきりと展示されています。
清水さんもいらっしゃって、お客様との会話に花を咲かせていました。
 
ともあれ、造形の新鮮さ、焼味の深さ、とくに今回は勝間田土の作品が人気だそうです。
たしかに徳利、ぐい呑、湯呑、壺など勝間田土のジワリとした雰囲気は当店でも評判をよんでいます。
 
比較的お手ごろな価格の向付なども展示されて使って楽しむ作品が目を引きます。
清水さんのファンならずともぜひご覧になっていただきたい個展です。』
 
【 陶  歴 】
 昭和18年 横浜市戸塚区笠間街に生まれる。
 昭和42年 備前焼独特の「土」の魅力にひかれ、森 陶岳の門を敲く。
 昭和50年 備前長船の土師(はじ)に、半地下式窖窯を築窯する。(以後年2回焼成)
 昭和53年 昭和53年4月3日開窯の師・森 陶岳の「相生大窯」(全長50メートル)の仕事に参加。
 昭和56年 新しく窖窯を築窯。(年2回焼成。平成17年まで。)
 昭和58年 1月 東京・南青山グリーンギャラリーにて備前作陶展開催。(以後し、昭和60・62・63年に開催。)
      6月 第17回備前陶心会展にて「山陽新聞社賞」受賞。
 昭和61年 4月 天満屋にて作陶展。
 昭和62年 8月 日本伝統工芸展入選。茶の湯の造形展入選。
 平成 3年 ぎゃらりいおくむらにて作陶展開催。(以後隔年~開催)
 平成 4年 東京新宿・小田急百貨店にて作陶展開催。(以後隔年~開催)
 平成 5年 1月 第24回備前陶心会展にて「山陽新聞社賞」受賞。
 平成 6年 3月 森 陶岳師の「寒風大窯」に参画。(全長53メートル・焼成期間60日)
      日清めん鉢大賞展入選。ビアマグランカイ入選。
 平成15年 4月 森 陶岳師の新大窯に参画。(全長90メートル)
 平成18年 7月 窖窯を新しく築窯。
      12月 初窯出し。
 平成23年 6月 東京日本橋三越本店にて作陶展開催。
 平成24年 3月 岡山天満屋葦川会館にて森 陶岳大窯一門展開催。
 
 陶友会会員、陶心会会員。
 
* * * * * * * 作家全日在廊 * * * * * * *
 

手作り5人展

□2014/09/29(月)~10/04(土)
11:00~19:00(最終日は5:00PMまで)

創作レザーアクセサリー作家 小島厚子さんを中心に、工房「猫と一緒」の太田曜子さん、「アトリエ・メルシエール」の夏海知純さん
杢杢工房の野村 収さん、「創作人形あとりゑ KULA-LA(クララ)」渡邊 萠さんが集まった「手作り5人展」です。

 20140526 tezukuri5ninten-10 20140929 TEZUKURI5ninten-03 20140929 TEZUKURI5ninten-05 20140929 TEZUKURI5ninten-04 20140929 TEZUKURI5ninten-01
 20140526 tezukuri5ninten-05 20140929 TEZUKURI5ninten-08 20140929 TEZUKURI5ninten-06 20140929 TEZUKURI5ninten-07 20140929 TEZUKURI5ninten-02

工房「猫と一緒」の太田曜子さんは「思わず笑ってしまう」をテーマに、様々な粘土を使った造形作品を作る粘土作家です。創作モチーフは「猫」。

石粉粘土・樹脂粘土・木の粘土など幾種類もの粘土を使い分けて作られるのは、招き猫はもちろんのこと、アクセサリー・インテリア・ランプ・時計など様々ですが、それらはすべて手びねりの一点もの。
キャリア20年の手技が作り出す猫たちからは、見れば見る程、元気をもらえます。今回は新作のカレンダーを携えて、長崎県大村市からの出品です。

夏海知純(なつうみ ちすみ)さんのアトリエの名は「アトリエ・メルシエール L' atelier de Merciere」。夏海さんはパッチワーク指導員、クロッシェカフェ(かぎ針編み)インストラクターです。

杢杢工房の野村 収さんは三重県伊勢市で、選りすぐりの世界の銘木から手作りのペンを(ボールペン・万年筆・シャープペンシル)を制作しています。
伊勢神宮御用材の木曽檜、ウイスキーの古樽、唐木(黒檀、紅檀、紫檀)など、稀少価値や鑑賞価値を有すら木材で作られた作品は手に取った瞬間なんとも心地よい感触があるとともに、大人のステータスシンボルともなってくれるでしょう。

人形作家の渡邊 萠さんは武蔵野美術大学 日本画科を卒業。現在は神奈川県鎌倉市で人形教室「創作人形あとりゑ KULA-LA(クララ)」を主宰しています。ロマンティックでちょっと神秘的な少女や妖精の球体関節人形を創作しています。球体関節人形は、その名の通り関節部が球体でできており、自在なポーズが可能。この機会にアートとしての球体関節人形の魅力にぜひ触れてください。

小島さんの作品の特徴は彫金の経験から皮革を金属のように仕上げていること。お母様の­趣味のレザークラフト、お父様の趣味の油絵、自らの彫金の技術を合体させて独自の作風­を確立した創作レザーアートです。デザインはユニークで面白く、そして楽しい。実用的­には超軽量。長く使うほどに独特の艶が出てきます。


――■ 出品作家 ■―――――――――――――
粘土で作る可愛い猫  / 工房「猫と一緒」太田曜子
  レースとキルト  / 「アトリエ・メルシエール」夏海知純
     銘木ペン  / 「杢杢工房」野村 収
   球体間接人形  / 「創作人形あとりゑ KULA-LA(クララ)」渡邊 萠
 皮革アクセサリー  / 「創作レザーアクセサリーWELL」小島厚子
―――――――――――――■ 出品作家 ■――

絵と書 ・ 陶 ふたり展

□2014/09/08(月)~09/13(土)
11:00AM~7:30PM(最終日は5:30PMまで)
 
――■ 出品作家 ■――――――――――――― 
            絵と書 : 田村 英巳  
            焼き物 : 渡辺和比古 
―――――――――――――■ 出品作家 ■――
 
20140908 futariten-01 20140908 futariten-02 20140908 futariten-03 20140908 futariten-04 20140908 futariten-05
20140908 futariten-06 20140908 futariten-07 20140908 futariten-08 20140908 futariten-09 20140908 futariten-10 
 
共に古典に対する造詣が深く、古格を偲ぶその姿勢が作品を雅致深くしています。
 
田村さんは、ついこのあいだまで高校の書道の先生でした。
書を大学で学んだのち、渡辺­鍔空先生の薫陶を受け、絵と書の道を歩んでおられます。
絵には黒や褐色を主調とした、­風格ある重量感があり、明と暗、光と影が、幽玄で象徴的な世界を創り上げています。
 
さて、彩りを持たないながらも千変万化する墨の色に魅了されるのが書。
語りかけてくる­様な言葉を感じさせる字、薄墨で優しい字、飛び出して来るような元気の良い字。
この言­葉を、この字で書いてみたいという作者の情熱が伝わる、力のこもった作品が並びました­。
 
渡辺さんは埼玉県熊谷市に生まれ、日本画家にして陶芸家である父君、鍔空先生に師事さ­れました。
窯は登り窯で、時には染色やステンドグラス制作も手掛けるという多彩さも持­ち合わせています。
また多くの方が轆轤を廻しに通って来られるという「扉工房」の主宰でもあります。
 
作品は伝統に根ざし、あるいは新しい意匠に創意をこらし、一個の湯呑に、一枚の皿に心­を砕いた逸品揃いです。
風情豊かにして心が彩られる思いの作品が数々並びました。
 
渡辺和比古さんの人と作品は店主ブログ【モノもの応援帳】にて詳しくご紹介中。どうぞのぞいてみてください。
 
渡辺和比古・田村英巳 ふたり展 ━ 絵と書、陶 ━ 2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。
 

前田和子&会津無一窯 鈴木幹雄・孫枝【青と白の器展】

□2014/08/20(水)~08/30(土)日曜日はお休みです
11:00~19:00(最終日は5:00PMまで) 
 
三重県伊勢の花野窯 前田和子と会津無一窯 鈴木幹雄・孫枝夫妻による染付と色絵の磁器による食器と花入の作品展です。 

20140820 maeda-02 20140820 maeda-04 20140820 maeda-01 20140820 maeda-05 20140820 maeda-03
まずは花野窯、前田和子さんからご紹介。
三重県伊勢に生まれた和子さんは、愛知県瀬戸で修業し1988年に同地で独立。途中から実家のある伊勢に窯を移転し
染付一筋に励んでこられました。
テーマは山野草。繊細で淡い色香の漂うような風情は、非凡な描技あってのこと。移ろう季節と向かい合うなかで作られた器からは、
青と白を超えた豊かな彩りの世界が感じられます。
 
前田和子さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。
 
20140820 suzuki-02 20140820 suzuki-03 20140820 suzuki-04 20140820 suzuki-01 20140820 suzuki-05 
一方は雪深い北会津で、白磁三昧のものづくりに打ち込む鈴木幹雄・孫枝さんご夫妻。
ふたりの仕事は、ご主人が器胎を作り、絵付けは奥さんがもっぱらに。ぽってりとしたあたたかみある生地と
ガッツあふれる元気な手描が魅力です。
 
鈴木孫枝さんの絵のモティーフは実にバラエティー豊か。 山野草もあれば、洋花・観葉植物もあり、パイナップル・マンゴーといった果物から、色々な野菜、果てはホッキ貝まで描きます。類稀な個性に出会う喜びが待つ作品展です。
 
会津無一窯 鈴木幹雄・孫枝ご夫妻の人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。
  
前田和子・無一窯(鈴木幹雄・鈴木孫枝)器展 in ぎゃらりー小川 2011を You Tube でご覧いただけます。
 

よこたしょうこ&リンコナダ展 【犬や猫の鉛筆画と陶器の動物たち】

□2014/07/22(火)~08/08(金)日曜日はお休みです
11:00~19:00

ウルグアイの首都モンテビデオにある工房で作られる陶器の動物コレクション【アーテサニア・リンコナダ】とネコと犬の鉛筆画家・よこたしょうこさんの作品展です。

20140722 rinconada-01 20140722 rinconada-03 20140722 rinconada-02 20140722 rinconada-04 20140722 rinconada-05
20140722 yokota-01 20140722 yokota-02 20140722 yokota-03 20140722 yokota-04 20140722 yokota-05

【アーテサニア・リンコナダ】は彫刻家でもある店主が特にお勧めする南米ウルグアイ製の陶器の動物コレクションです。
彫刻にはテラコッタに代表される陶彫(陶芸手法による彫刻)というジャンルがあります。このリンコナダ・コレクションはユニークな個性と独創性において“陶彫”という名に相応しい世界の逸品です。
創作者であるカルヴァジャレス兄弟は20世紀前半を代表する芸術家、パブロ・ピカソ、サルバトール・ダリ、ホアン・ミロを生んだスペイン出身。兄弟は三大巨匠からモダンアートの影響を強く被ると共に、移り住んだウルグアイで南米の伝統彫刻からフォークアートの洗礼を受けたのでした。
二つの異なる世界を見事に融合したことで、リンコナダ・コレクションは類稀な芸術性を確立したといえるでしょう。 これこそ本物を志向する方々のためのコレクションであり、世界にふたつとない個性です。

次に昨年に引き続き、当ギャラリー四度目の登場となるネコと犬の鉛筆画家よこたしょうこさんをご紹介します。よこたさんは聖徳大学日本文化学科を卒業。一般企業勤務後、鉛筆画を独学で学びました。現在は鉛筆画家として首都圏を中心に制作・展示活動をしながら、カルチャー教室・自治体の講座などで鉛筆画教室の講師も勤められています。

今回の作品展ではネコと犬の鉛筆画をB5サイズ・A5サイズ・ハガキサイズまで展示販売予定。また、よこたさんの在廊時には簡易肖像画をその場で描く企画を行います。簡易肖像画(ハガキサイズ)一点、制作所要時間一作品につき約20~30分。細密鉛筆画とは仕上げや作風等異なりますが、作家直筆の一品作品を¥2,000という特別価格でお渡し出来ます。犬と猫は写真をお持ち頂ければ大丈夫。是非ご利用下さい。

竜胆窯 清水 陽 作陶展

□2014/07/07(月)~07/12(土)
11:00~19:00(最終日は5:00PMまで)

静岡県伊豆市の陶芸家 清水 陽(しみず よう)さんの作品は食器・花器など日常の器が中心で、凛としたたたずまいのなかに優しさを宿した磁器(青白磁・白磁)を得意としています。

20140707 shimizuyou-01 20140707 shimizuyou-02 20140707 shimizuyou-03 20140707 shimizuyou-04 20140707 shimizuyou-05
20140707 shimizuyou-06 20140707 shimizuyou-07 20140707 shimizuyou-08 20140707 shimizuyou-09 20140707 shimizuyou-10

静岡県伊豆市の陶芸家 清水 陽(しみず よう)さんは武蔵野美術短期大学を1982年に卒業後、愛知県瀬戸の赤津焼窯元で陶芸修業。
以降、各地で個展・グループ展を重ね、現在は伊豆市で制作を続けています。
作品は食器・花器など日常の器が中心で、凛としたたたずまいのなかに優しさを宿した磁器(青白磁・白磁)を得意としています。

月の満ち欠けをモチーフにして制作した花器「moon」など、様々な生け方を楽しむ事ができる花器も多く出品されます。
清水さんの花器は花との相性がよく、お洒落にいけやすいと評判。色は白ですが、いけかた一つ、素材の選択ひとつで、四季を問わずに通年活躍してくれます。

* * * * * * * 清水 陽(しみず よう) プロフィール * * * * * * *
【 略 歴 】
1982年 武蔵野美術短期大学 専攻科卒
同年 愛知県瀬戸市 赤津焼窯元 霞仙陶苑  勤務
1987年 東京代官山 陶芸教室 くらふと滝陶講師
1992年 東京銀座「陶悦」にて初の個展
1993年 伊豆畑毛温泉 大仙家 大仙窯講師
1994年 伊豆市 冷川に転居・築窯 

清水 陽 作陶展 2012 in ぎゃらりー小川を You Tube でご覧いただけます。
 

バパ・カトのMade in Bali 2014 イラストバティックとスケッチ展

□2014/07/03(木)~07/05(土)
11:00~19:00(最終日は6:00PMまで)

Baliとインドネシアの魅力の虜囚になったBpk.Kato(バパ・カト)さんのイラストバティック(ろうけつ染)とスケッチ展です。Baliとバリ海とバリ島と、サヌールとレンボンガン島の海とジュングッバトゥ村とレンボンガン村で制作された作品の数々を是非ご覧下さい。

20140703-Bali-01 20140703-Bali-02 20140703-Bali-03 20140703-Bali-04
20140703-Bali-05 20140703-Bali-06 20140703-Bali-07 20140703-Bali-08

越前焼 大森 正人 作陶展

□2014/06/19(木)~06/24(火)会期中無休
11:00~19:00(最終日は4:00PMまで)

日本の六古窯ひとつ越前焼の地、福井県に移り住み窯を構えて18年という越前焼の陶芸家 大森正人さんの陶芸展です。

20140619 OOMORI Masato-10 20140619 OOMORI Masato-01 20140619 OOMORI Masato-06 20140619 OOMORI Masato-02 20140619 OOMORI Masato-03
20140619 OOMORI Masato-05 20140619 OOMORI Masato-07 20140619 OOMORI Masato-04 20140619 OOMORI Masato-08 20140619 OOMORI Masato-09 

大森さんの作品は松の木を焚いて穴窯で3~5日間程、焼き上げる薪窯ものが多いです。

越前焼の伝統に根ざしながらも新しい意匠に創意をこらした浮土文、彩土文の食器や花器は逸品揃い。
新しい越前焼を求め【土のいのち】と【炎のこころ】を映した土のぬくもり溢れる作品の数々を是非お楽しみ下さい。

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

【 大森 正人  陶 歴 】

1957年 静岡県富士市生まれ
1979年 鈴木道雄に支持する
1985年 福井県坂井郡坂井町(現 坂井市坂井町)に築窯
1988年 ギャラリー大八木(銀座)個展
1993年 福井県坂井郡金津町(現 あわら市)に移築窯
パレ・ブラン高志会館(富山)個展
1997年 ギャラリー神通(青山)個展
1998年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
1999年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
近江合掌館(栃木)個展
ギャラリーストラダ(心斎橋)個展
2000年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
GALLERY 北野坂(神戸・三宮)個展
COCOROCCO ギャラリー(神戸・六甲)個展
2001年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
スペース みき(倉敷)個展
2002年 ギャラリー アルトラ(金沢)個展
2003年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
自由空間 アートの庭(国立)個展
2006年 金沢名鉄丸越百貨店エムザ(金沢)個展
2007年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
2009年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
横浜高島屋 特選和食器ギャラリー(横浜)個展
2001年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
スペース みき(倉敷)個展
2002年 ギャラリー アルトラ(金沢)個展
2003年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
自由空間 アートの庭(国立)個展
2006年 金沢名鉄丸越百貨店エムザ(金沢)個展
2007年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
2009年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
横浜高島屋 特選和食器ギャラリー(横浜)個展
2011年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
2011年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
2011年 横浜高島屋 個展