展示会スケジュール

BE SMART 第8回生徒作品展

□2014/06/05(木)~06/07(土)
11:00~19:00(最終日は5:00PMまで)

古江佳子(ふるえ けいこ)さんが主宰する東京都調布市のカルチャースクール「BE SMART」の第8回 生徒作品展。

20140605 BE SMART-01 20140605 BE SMART-02 20140605 BE SMART-03 20140605 BE SMART-04 20140605 BE SMART-05
20140605 BE SMART-06 20140605 BE SMART-07 20140605 BE SMART-08 20140605 BE SMART-09 20140605 BE SMART-10

「BE SMART」の第8回 生徒作品展が開催されました(会期:2014/06/05~06/07)。
作品はサンドブラスト加工を施したガラスの食器・花器・ランプ等とアートクレイシルバーによるアクセサリーです。

サンドブラスト技法を施したガラスは、さまざまな文様を「色被せガラス」などの表面に浮き彫りした、彩り鮮やかなガラス工芸品です。

この浮き彫りに用いる加飾技法を「サンドブラスト技法」といいます。サンドは砂、ブラストは爆風や空風という意味。エアーコンプレッサーで作った圧搾空気で、金剛砂をガラスの表面に吹きつけて、彫刻する技法です。エアーコンプレッサーを使うため、長いガラス工芸の歴史の中では、新しい技法で、他の彫刻技法に比べると彫るスピードが速いうえ、吹きつける圧縮空気の圧力調節によって、彫刻面の深さや繊細な曲線、ボカシなど、微妙な表現の変化をつけることもできます。

この「サンドブラスト技法」は「色被せガラス」に用いると、最も効果的な技法です。文様を彫る場合は、彫刻しない部分をマスクで保護しマスキングしていない部分に砂を吹きつけて研削します。
さて、「色被せガラス」は削っても削っても同じ色が出てくる単なる色ガラスとは違い、異なる色を吹く複層に重ねて溶着させた手作りの特殊ガラスです。一色被せ、二色被せなど、様々な種類の被せガラスがあります。素材のバリエーションは豊富にあり、インテリア工芸品からテーブルウェアまで創作イメージを限りなく広げ、ハンドクラフトの楽しさを満喫できます。


東京がひと冬に二度目の大雪となった2014年2月14日、古江佳子さんはご病気にて永眠されました。
在りし日のお姿を偲びつつ、心から哀悼の意を表しご冥福をお祈りいたします。
 

BE SMART 第8回生徒作品展の会場と展示作品を撮影し、YouTubeにアップロードしました。
 

手作り5人展

□2014/05/26(月)~05/31(土)
11:00~19:00(最終日は5:00PMまで)

皮革アクセサリーの小島厚子さんを中心とした手作り5人展。
多彩で多様な手仕事の粋が満喫出来ます。

20140526 tezukuri5ninten-01 20140526 tezukuri5ninten-02 20140526 tezukuri5ninten-03 20140526 tezukuri5ninten-04 20140526 tezukuri5ninten-05
20140526 tezukuri5ninten-06 20140526 tezukuri5ninten-07 20140526 tezukuri5ninten-08 20140526 tezukuri5ninten-09 20140526 tezukuri5ninten-10

創作レザーアクセサリー作家 小島厚子さんを中心に、大平晃司さん、藤田艶子さん、新谷 健さん、伊藤由香さんが集まった「手作り5人展」です。

『あとりえ うおぷく』 大平晃司さんは【染めの仕事】です。
東京新宿の染色工房で働き覚えた伝統的染色技術を活かして、オリジナルデザインのバッグ・ポーチ・ブックカバー・Tシャツなどの作品を制作しています。
デザイン・図案を考えて型紙を作り、摺り込み染を主に柿渋染・絞り染・浸染で白生地を染め、その生地を裁断・縫製して仕上げるまで、正に首尾一貫した一人の手仕事です。絵柄はネコ・カエル・フクロウ・タツ・ウサギなどのキャラクターものが中心。バッグの持ち手の凝りようなど、既製品では決してお目にかかれない魅力的な逸品ながらも、お値段が大変手ごろというのが、また嬉しいところです。

藤田艶子さんは倭紙芸鄙美式人形宗家(ヤマトシゲイヒナビシキニンギョウソウケ)山岡 草 の孫弟子にあたる人形作家。和紙を使い華やぎある美しさと、詫びたたたずまいが独特な作風となり、たいへん芸術性の高い作品です。

夢野頓坊農場窯の新谷 健さんの陶芸作品は「焼締め」という技法のものと「釉薬」をかけた「釉もの」です。
夢野頓坊農場窯はキャベツ畑にかこまれた神奈川県三浦市の山の中にあります。「穴窯」という奈良時代から続く原始的な形態の窯で、松の薪を5~6昼夜焚き続けます。作品は全て手轆轤により作られ、今では貴重となった手仕事の世界を次の世代に伝えるメルクマークともいえる味わいある真作です。

*Coko Works*ココワークス ハンドメイド・クリエイターの伊藤由香さんは現代のライフスタイルにあった【がま口】のバッグ・ポシェット・小銭入・長財布・ポーチ・ケースなどを制作。センスを大切に、こだわりを持って作られたオリジナル作品の数々です。
多種多様にある口金を使用し、生地も用途に合わせてチョイス。
ちょっとレトロだけど可愛いもの、ポップだけど普段使いに馴染むものなどテイストはいろいろですが、どれもが【日本最古のワンタッチ金具=がま口】を楽しむのに、うってつけな一級品です。

小島さんの作品の特徴は彫金の経験から皮革を金属のように仕上げていること。お母様の­趣味のレザークラフト、お父様の趣味の油絵、自らの彫金の技術を合体させて独自の作風­を確立した創作レザーアートです。デザインはユニークで面白く、そして楽しい。実用的­には超軽量。長く使うほどに独特の艶が出てきます。

――■ 出品作家 ■―――――――――――――
手染Tシャツと小物 / 「あとりえ・うおぷく」大平晃司
     和紙人形 / 藤田艶子
     穴窯陶芸 / 夢野頓坊農場窯 新谷 健
   がま口バッグ / *Coko Works*ココワークス 伊藤由香
 皮革アクセサリー / 小島厚子
―――――――――――――■ 出品作家 ■――

手作り5人展の会場と展示作品を撮影し、YouTubeにアップロードしました。

栗林桐子 紬服展~京都より2014年紬服 麻バージョン

□2014/05/12(月)~05/16(金)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
日本でもその時、その地でしか作り得なかった貴重で上質な伝統素材を、この道30年の手技が一点一点、大切に仕立てた逸品です。
昔のキモノがもつ、手織りの良さを存分に肌に感じて頂ける軽さと着心地をどうぞお楽しみ下さい。
 
20140512 KuribayashiKiriko-01 20140512 KuribayashiKiriko-02 20140512 KuribayashiKiriko-03 20140512 KuribayashiKiriko-04 20140512 KuribayashiKiriko-05
20140512 KuribayashiKiriko-06 20140512 KuribayashiKiriko-07 20140512 KuribayashiKiriko-08 20140512 KuribayashiKiriko-09 20140512 KuribayashiKiriko-10
 
栗林さんは京都在住。お家が帯の創作に携わっていたことからこのお仕事を創められて、はや30有余年。手織紬(大島紬・結城紬)を中心に趣味性の高い服を作ってこられました。今回は麻バージョンと題して春夏ものを中心にしたオシャレな服と素敵なバッグ、小物の数々が並びます。
 
* * * * * * * 作家全日在廊 * * * * * * *
 
栗林桐子 上布と紬の創作服展 2014 in ぎゃらりー小川  を You Tube でご覧いただけます。
 

備前焼 松井宏之 陶展

□2014/04/21(月)~04/26(土)
12:00~20:00(最終日は5:00PMまで)
 
─ 昔ながらの登り窯、松割り木の薪を用いた雅味深い備前焼 ─
森陶岳一門として新大窯プロジェクトに参加しつつ、独自の陶境を目指す備前焼作家 松井宏之の作陶展です。
 
20140421 matsui-01 20140421 matsui-02 20140421 matsui-03 20140421 matsui-04 20140421 matsui-05
20140421 matsui-06 20140421 matsui-07 20140421 matsui-08 20140421 matsui-09 20140421 matsui-10
 
森陶岳一門として新大窯プロジェクトに参加しつつ、独自の陶境を目指す備前焼作家 松井宏之さんの作陶展です。
 
兵庫県相生市の自工房に於いて、 登り窯で備前焼の器と花入れを作陶する 陶芸家 松井宏之さんは野村證券に勤務し、国際金融を長く担当したという変り種。

一念発起し、退社後、岡山県立備前陶芸センターに 研修生として入所、一年間の研鑽を積み、 森陶岳先生に五年のあいだ師事しました。 
現在は森陶岳一門として新大窯プロジェクトに参加しつつ、平成20年の初窯後は独自の陶境を目指し 日々制作にいそしんでこられました。

好きこそ物の上手なれの言葉通り、 永年の夢を叶えた松井さんの個展会場からは、 新たな文化が花ひらいた 織豊時代の颯爽とした息吹が感じられるようです。
 
* * * * * * * 松井 宏之(まつい ひろゆき) プロフィール * * * * * * *
【 略 歴 】
昭和35年6月 兵庫県相生市に生まれる
昭和54年3月 淳心学院高校(姫路市)卒業
昭和59年3月 上智大学 外国語学部英語学科卒業
昭和62年3月 同大学院 国際関係論専攻修了
昭和62年4月 野村證券入社、国際金融部配属
平成 4年3月 外務省アジア局へ出向、APEC担当(2年間)
平成12年3月 野村證券退社
 
【 陶 歴 】
平成12年 4月 岡山県立備前陶芸センターに研修生として入所
平成13年 4月 森陶岳に師事 森陶岳一門の新大窯プロジェクトに参加(継続中)
平成17年 1月 寒風の森陶岳大窯、第5回焼成に参加(66日間)
平成18年 4月 独立、相生に直炎式登窯の築窯開始
平成20年 4月 相生にて初窯焼成
平成20年 5月 初窯開き
平成20年 8月 新大窯完成、空焚に参加
平成20年11月 森陶岳一門展(瀬戸内市文化祭特別企画展)に出品
平成21年 5月 第2回窯焼成、窯開き
         古民家の常設ギャラリー開設(相生市)
平成21年11月 アトリエ・ヒロにて個展(大阪市淀屋橋)
平成21年11月 第39回全陶展入選
平成21年11月 天満屋倉敷店にて森陶岳一門展に出品
平成22年 2月 第4回現代茶陶展入選(織部の日記念事業)
平成22年 7月 第3回窯焼成、窯開き
平成22年 8月 山陽百貨店にて個展(姫路市)
平成23年 1月 寒風大窯第6回焼成に参加(60日間)
平成23年 7月 天満屋アルパーク店(広島)にて森陶岳一門展
平成23年10月 第26回国民文化祭(京都)陶芸部門入選
平成23年11月 20メートル直炎式登窯焼成
平成23年12月 東京銀座OS画廊にて個展
平成24年 1月 大阪アトリエ・ヒロにて個展 
 
備前焼 松井宏之 陶展 2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。
 

島田 猛 作陶展

□2014/04/14(月)~04/19(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は6:00PMまで)

島田 猛さんは伝統工芸新作展・日本伝統工芸展入選、千葉県展知事賞受賞など今が旬の陶芸家。
近年は、従来のイメージを一新する彩泥シリーズを発表。あたかも、伝統工芸をデザインで練り直したような新鮮な作品です。

20140414 shimada-01 20140414 shimada-03 20140414 shimada-05 20140414 shimada-06 20140414 shimada-07
20140414 shimada-08 20140414 shimada-09 20140414 shimada-10 20140414 shimada-02 20140414 shimada-04

春には里桜が咲き、柚子・木蓮に囲まれた工房でドクダミ・椿を中心に草花をモチーフとした器と花入れを
自由な発想で制作する島田 猛さんの陶芸展。

島田さんは伝統工芸新作展・日本伝統工芸展入選、千葉県展知事賞受賞など高い評価を受けている今が旬の陶芸家です。
その作品は古格を偲びながらも季節の詩情や自然のニュアンスを大切に、落ち着いた色調に抑制の効いた筆致が美しいものばかりです。

* * * * * * * 島 田 猛(しまだ たけし) プロフィール * * * * * * *
【 略 歴 】
1956年  長崎県生まれ            
1986年  西葛西陶芸教室主催        
1990年  陶芸工房陶心 築窯         
1990年  伝統工芸展入選 以後11回入選
1990年  日本伝統工芸展入選          
1991年  千葉県展知事賞受賞          
2003年  千葉県展八街市長賞受賞       
2004年  千葉県美術会員推挙 

島田 猛 作陶展 2013 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。

創作服ふたり展~立島三枝・更家節代~

□2014/04/09(水)~04/11(金)
11:00AM~7:00PM

大島紬(おおしまつむぎ)や久留米絣(くるめがすり)など日本の貴重で上質な伝統素材を一点一点、大切に仕立てた立島三枝(タテシマ ミエ)さんの着物地ウェアと、繊細なレースや刺繍を施したオリジナリティー溢れる作品で魅了される更家節代(サラヤ セツヨ)さんのシルクニットウェアの二人展です。

20140409 futariten-01 20140409 futariten-02 20140409 futariten-03 20140409 futariten-04

真珠のような気品のある光沢、染色後の鮮やかな発色、美しいドレープ性など繊維の女王と呼ばれるにふさわしい天然素材シルク。
素肌にも心地よいなめらかな肌ざわりで、通勤から休日まで幅広く活躍してくれる贅沢なシルクニットウェアを手がけるのは更家節代(サラヤ セツヨ)さん。
呉服と同じ撚りの強い糸をたっぷりと使用しているので型崩れしないのが特徴です。
共糸で施された手刺繍は刺繍一筋の熟練した専門家に依頼しています。
 
一方、着物地を一点一点、大切に仕立てるのは立島三枝(タテシマ ミエ)さん。
50歳代から60歳代くらいのお客様をイメージして、体型に合わせて素材選びからパターンを創作した婦人服は、既製服には無い着やすさがあります。使う布は大島紬(おおしまつむぎ)や久留米絣(くるめがすり)、刺し子、結城紬など日本の貴重で上質な伝統素材ですが、新しい反物ですので長くご愛用いただけます。
ブラウス・ジャケット・ベストなどを中心に気品のあるデザインで、見た目がとても美しく、着心地が良い逸品の数々を是非お手に取ってご覧下さい。
 

はら・かおり 作陶展 『猫が棲む』

□2014/03/24(月)~03/29(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は6:00PMまで)

猫の作品を中心にオブジェ、灯り等を発表している【はら・かおり】さんの陶芸展です。

20140324 HaraKaori-11 20140324 HaraKaori-12 20140324 HaraKaori-13 20140324 HaraKaori-14 20140324 HaraKaori-15
20140324 HaraKaori-16 20140324 HaraKaori-17 20140324 HaraKaori-18 20140324 HaraKaori-19 20140324 HaraKaori-20

2004年の個展「風にふかれて」で倫理的・宗教的な森を散策した原さんは「ふわり」(2005年)、「ぽっかり」(2006年)で
抽象化された立体に遊び、2007年と2008年は一転して猫という身近にありながら神秘的で芸術的な生き物をテーマに制作しました。

2009年は~赤坂・猫の森カフェ~で、テーマは同じ猫ながら一転してユーモアとウイットあふれる楽しい世界を展開し、
2010年の「優しい時間」では、小春日和のように温かな、ネコと人の日常を陶土で表現してくれました。

また、2011年の「鎮守の森」では~自然の中で、人も動物も同じように生かされ守られている
~そんな安心で楽しい世界を陶人形で描きました。
そして東日本大震災後の2012年の個展「Life vol.1」では本当の豊かな時間とは何なのかを問いかけました。

アートとクラフトの両面から現代陶芸のあり方を見つめる原さんの面目躍如というところですね。
2013年の「野良猫公園」を経て、さて2014年は『猫が棲む』。

ますます冴える造りの見事さに、今回は透光性のある陶土を使用したペンダントライトや
染付で写実的な絵付けをした器など益々意欲満々、ガッツあふれる個展となりました。

はら・かおりさんの人と作品は以前の記事ですが、店主サイト【"モノもの"応援帳】にて詳しくご紹介中。どうぞのぞいてみてください。
 
【 はら・かおり Profile 】
1959年 東京生まれ
1980年 大学在学中より陶芸に親しむ 吉祥寺「アトリエ飛行船」に通う
1982年 東京理科大学 数学科卒業
1987年 築窯「りんご窯」と名付ける
1991年~1993年 ロフトにて猫の作品を販売
1993年9月~1995年3月 イタリアに遊学 フィレンツェにてテラコッタと絵付けを学ぶ
1999年 岐阜県土岐市主催「ユーモア陶彫展」に入選
2001年 所沢に「Atelierうふ」を開設
2008年 静岡県河津町に「宇普庵」を開設
2011年 平成招き猫100人展 大賞
1988年~個展・グループ展を中心に活動 現在は所沢の自宅にて制作中
 
はら・かおり作陶展「野良猫公園」 in 東京赤坂ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。

宇田川雅章 作陶展

□2014/03/17(月)~03/22(土)
11:30AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
宇田川雅章さんは超絶技巧『切り込み』を考案し独自の陶境を切り開きながら、新しい意匠に創意をこらし挑戦をし続ける東京都世田谷区在住の陶芸家です。
 
20140317 UDAGAWA-01 20140317 UDAGAWA-02 20140317 UDAGAWA-03 20140317 UDAGAWA-04 20140317 UDAGAWA-05
20140317 UDAGAWA-06 20140317 UDAGAWA-07 20140317 UDAGAWA-08 20140317 UDAGAWA-09 20140317 UDAGAWA-10
 

宇田川さんは東京生まれ。駒澤大学経済学部を卒業して、笠間にて修業。1981年に都­内にて独立され、数々の公募展・陶芸展に入選・入賞を重ねる実力派です。

得意とするところは「切り込み」。宇田川さんのオリジナルであり、玄人の陶芸家をもう­ならせるほどの超絶技巧です。
その水際立って正確で慎重な手腕から生まれてくる作品は、表現の精緻さが明快さと矛盾­せず、形態の引き締まった美しさが気品を高めています。

また粉引・黄瀬戸・三島手・焼き締めなど、陶芸の多様で多彩な技法を駆使した器も制作されています。
宇田川雅章さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」でご紹介中。どうぞのぞいてみてください。

【 陶 歴 】
1954年 東京に生まれる
1977年 駒澤大学経済学部卒業
1978年 茨城県笠間にて修業
1981年 東京世田谷に窯を築く
1998年 カナダ・ケベックにて作品発表
1998年 陶芸ギャラリー 松羽陶房オープン
2005年 アメリカ・テキサス Sunrise Pottery にて陶芸家 Doug Oian 氏と交流

日本画府展 埼玉陶芸展 日本陶芸展 日本新工芸展
日本伝統工芸展
伝統工芸新作展 新綜工芸会展 益子陶芸展 明日への茶道美術展
日清めん鉢大賞展等 入選・入賞 個展・グループ展多数
現在 新綜工芸会会員 委員

宇田川雅章 作陶展 2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。

清水弥生 備前作陶展

□2014/03/10(月)~03/15(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は4:00PMまで)
 
─ 馥郁たる土味、千変万化する窯変の趣き、土と炎が織りなす備前焼。─
食卓を彩る春の器に旬の野菜を盛りつけ季節を感じていただけたらと思います。
 
20140310 shimizu-yayoi-01 20140310 shimizu-yayoi-02 20140310 shimizu-yayoi-03 20140310 shimizu-yayoi-04 20140310 shimizu-yayoi-05
20140310 shimizu-yayoi-06 20140310 shimizu-yayoi-07 20140310 shimizu-yayoi-08 20140310 shimizu-yayoi-09 20140310 shimizu-yayoi-10
 
備前焼の伝統に現代の生活感覚を取り入れた「使える」焼き物を、手捻りで作陶している清水弥生さんの個展は
平成元年の第一回展に始まり、隔年の開催。 今回で第13回展を迎えます。
 
備前の魅力はその陶土の特質にあります。
絵付けをせず、釉薬も掛けない『焼き締め』だけに土がとても大事。
備前の土は田圃の下の土ですが、そのままで使うことはありません。 土の力を十分引き出すために、
土づくりには大変な労力と手間ひまを掛けています。
こうして精製し熟成させた陶土はすべて手びねりで形作られ 半地下式の穴窯で14日間、
薪(火力が強いため赤松割木のみを使用)で硬く焼き締められます。
 
釉薬も使わず、絵付けもしない、ただただ焼き締めただけの、土と炎の芸術。
それはひとつひとつがかけがえのない個性を帯びた作家ものですが、清水さん自身が主婦であるという立場から
これくらいの価格で買えたらいいな、と思える手頃な値段に抑えてあります。
産声を上げたばかりの備前は、いわば原石。 使い込むほどに、滑らかな土肌となり、味わいを深めていきます。
器を育てる楽しみが、使い手にとっての備前焼の魅力でもあります。
 
そしてもう一つ付け加えたいのは水を美味しくするという、科学的にも立証された備前の力。
例えば清水さんのコーヒードリッパーを使えば味は格別。 美を愛でると共に味も楽しめるのが備前の器です。
備前の花器も、その花もちの良さでは定評があります。水を浄化する備前の力ならではのことですね。
 
店主ブログ『モノもの応援帳』では清水弥生さんの人と作品を御紹介中です。
どうぞのぞいてみてください。
 
【 陶 歴 】
昭和28年 東京に生まれる
昭和48年 武蔵野美術短期大学デザイン科卒業
武蔵野美術大学窯工研究部で備前を訪れた際、その土の素朴さに惹かれ、在学中より度々備前の作家を訪れ勉強する。
当時、森 陶岳先生のもとで修業中の作家・清水政幸との結婚を機に陶芸の道に進む。
昭和50年 備前長船の土師に、半地下式穴窯を夫・政幸が築窯
昭和60年 小型の穴窯を夫の指導で築窯
平成 元年 第一回 備前焼き食器展開催 於 東京赤坂・ぎゃらりー小川
平成 4年 第二回 備前の花入れとうつわ展開催 於 東京赤坂・ぎゃらりー小川 以後隔年毎に開催
平成18年 第九回 備前作陶展開催 於 東京赤坂・ぎゃらりー小川 師走 初窯
平成20年 第十回 備前作陶展開催 於 東京赤坂・ぎゃらりー小川
平成22年 第十一回 備前作陶展開催 於 東京赤坂・ぎゃらりー小川
平成24年 第十二回 備前作陶展開催 於 東京赤坂・ぎゃらりー小川
 
清水弥生 備前作陶展2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。
 

春の展示会 6人展 2014

□2014/03/03(月)~03/08(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
α工房の"薫風"こと鈴木 薫さんとその仲間たちによる
ジュエリーとアクセサリーなど、6人によるグループ展です。
 
 20140303 harunotenjikai-01 20140303 harunotenjikai-02 20140303 harunotenjikai-03 20140303 harunotenjikai-07 
 20140303 harunotenjikai-05 20140303 harunotenjikai-06 20140303 harunotenjikai-04 20140303 harunotenjikai-08
 
2014年(平成26年)3月3日~8日まで春の展示会 6人展2013が、ぎゃらりー小川にて開催されます。
 
α工房の"薫風"こと鈴木 薫さんとその仲間たちによるジュエリーとアクセサリーなど、6人によるグループ展です。
金・銀・プラチナなど多様な素材と、様々な宝石・貴石を使ったオリジナル作品のジュエリーは複数の作家がカジュアルからエレガンスまでをカバー。リフォーム相談も可です。
 
出品作家は前出の鈴木 薫さん、そして『ちりめん小物』の小池眞知子さん。『オリジナルジュエリー』は柏山節子さん。『彫金』の佐藤悦子さんに『ミネラルストーン』の三好郁子さんです。
もう、お一人は日本の貴重な伝統工芸品、幅1.5センチのアートともいえる『組紐』の塚田道代さん。
 
会場はジャパネスクコンテンポラリーとでも称すべき、上質な素材美と、モダンにアレンジされたデザインが調和した素敵で落ち着いた空間となることでしょう。
 
――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――――――――――
小池眞知子   佐藤悦子   三好郁子
塚田道代     鈴木 薫   柏山節子
――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――
 
春の展示会 6人展2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。