展示会スケジュール

春の展示会 6人展 2014

□2014/03/03(月)~03/08(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
α工房の"薫風"こと鈴木 薫さんとその仲間たちによる
ジュエリーとアクセサリーなど、6人によるグループ展です。
 
 20140303 harunotenjikai-01 20140303 harunotenjikai-02 20140303 harunotenjikai-03 20140303 harunotenjikai-07 
 20140303 harunotenjikai-05 20140303 harunotenjikai-06 20140303 harunotenjikai-04 20140303 harunotenjikai-08
 
2014年(平成26年)3月3日~8日まで春の展示会 6人展2013が、ぎゃらりー小川にて開催されます。
 
α工房の"薫風"こと鈴木 薫さんとその仲間たちによるジュエリーとアクセサリーなど、6人によるグループ展です。
金・銀・プラチナなど多様な素材と、様々な宝石・貴石を使ったオリジナル作品のジュエリーは複数の作家がカジュアルからエレガンスまでをカバー。リフォーム相談も可です。
 
出品作家は前出の鈴木 薫さん、そして『ちりめん小物』の小池眞知子さん。『オリジナルジュエリー』は柏山節子さん。『彫金』の佐藤悦子さんに『ミネラルストーン』の三好郁子さんです。
もう、お一人は日本の貴重な伝統工芸品、幅1.5センチのアートともいえる『組紐』の塚田道代さん。
 
会場はジャパネスクコンテンポラリーとでも称すべき、上質な素材美と、モダンにアレンジされたデザインが調和した素敵で落ち着いた空間となることでしょう。
 
――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――――――――――
小池眞知子   佐藤悦子   三好郁子
塚田道代     鈴木 薫   柏山節子
――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――
 
春の展示会 6人展2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。
 

鳥と花と魚たち 第28回 水留良雄 うつわ展

□2014/02/24(月)~03/01(土)
11:30AM~8:00PM(最終日は5:00PMまで) 
 
今回でなんと28年目の第28回展となる【水留良雄 うつわ展】。サブタイトルは【鳥と花と魚たち】です。
 
20140224 MIZUTOME-01 20140224 MIZUTOME-02 20140224 MIZUTOME-03 20140224 MIZUTOME-04 20140224 MIZUTOME-05
20140224 MIZUTOME-06 20140224 MIZUTOME-07 20140224 MIZUTOME-08 20140224 MIZUTOME-09 20140224 MIZUTOME-10
 
小鳥や魚、草花やフクロウ・猫・兎などをモチーフに自然の優しさ・大切さを、土の温もりと素朴さで表現した食器と花器の陶芸展です。
益子焼に魅せられ栃木県益子で学んだ水留さんの作品には、従来の益子焼のイメージをくつがえすに十分な驚きがあります。
ほっこりあたたか、ノスタルジックな釉調が魅力の日常の器から
匠を凝らして調度品としても存在感にあふれた力作まで、正に充実の内容です。
 
【水留良雄(みずとめ よしお) プロフィール】
 昭和24年 新潟県東蒲原郡津川町に生まれる
 同 49年 益子 秋山一夫氏に師事
 同 56年 栃木県那須郡烏山町にて独立
 同 57年 個展(烏山町 和紙会館)
 同 59年 個展(新潟 大和デパート)
 平成 4年 二人展(東京銀座 陶悦)
 同  6年 個展(新潟 羊画廊十回展)
 同  8年 個展(長岡市 ギャラリー紺十一回展)
 同 16年 個展(新潟 新発田市 ギャラリー栞三回展)
 同 17年 二人展(盛岡 かわとく壱番館キューブ店十一回展)
       個展(山形 よし埜画廊十一回展)
       個展(益子 ギャラリーもえぎ四回展)
 同 18年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十回展)
 同 19年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十一回展)
 同 20年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十二回展)
 同 21年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十三回展)
 同 22年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十四回展)
 同 23年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十五回展)
 同 24年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十六回展)
 同 25年 個展(東京赤坂 ぎゃらりー小川二十七回展)
 
水留良雄 陶展2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。

 

おつつみ展~和布に遊ぶ~(常設展)

□2014/02/05(水)~02/21(金)*会期中日曜祝日休廊
11:00AM~8:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
恒例の常設展となりました「おつつみ展」が開催されます。
 
20140205 OTSUTSUMI-01 20140205 OTSUTSUMI-02 20140205 OTSUTSUMI-03 20140205 OTSUTSUMI-04
20140205 OTSUTSUMI-05 20140205 OTSUTSUMI-06 20140205 OTSUTSUMI-07 20140205 OTSUTSUMI-08
 
風呂敷の普及と風呂敷文化の復興に努める京都の老舗「宮井」と「前田染工」の風呂敷、花のお江戸の情緒・風流・心意気を巧みに映した、東京は谷中「いせ辰」の江戸千代紙文様の手ぬぐいなどが賑やかに並びます。
『くらしの和布』は「古風」にも「今風」にも見事にマッチするオシャレな素材です。日本人の心の底に流れる「和」のなごみとゆとりを、暮らしの中で思う存分お楽しみ下さい。
 

小佐野哲二・小佐野美紀『石と木の作品展』

□2014/01/23(木)~02/01(土) *26日(日曜日)休廊
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
石の作家 小佐野哲二さんと、ウッドピクチャー作家 小佐野美紀さんの夫婦展です。
 
20140123 RAIZOU-01 20140123 RAIZOU-02 20140123 RAIZOU-03 20140123 RAIZOU-04
 
哲二さんは1956年、山梨県勝山村(河口湖畔)生まれ。油絵を学んだ後、石のクラフトを志し、Art Directorの中村重樹 氏に師事。自らの工房を「石工房 磊造(らいぞう)」と命名し活動を始めました。
美紀さんは1957年福島県いわきの海岸の町に生まれ、1992年より木工芸作家 小嶋 伸 氏に師事。木の素材の持っている暖かさに引かれ、ウッドピクチャー作家として作品制作を行っています。 
 
作品内容は自然の石の灯りや花器、フクロウをモチーフにした置物とアクセサリー、そしてウッドピクチャーです。
 
まずご紹介したいのは石の作品はフクロウです。石は波により柔らかい姿になった真鶴や小田原の海岸の石ころ。そんな石達の中にふくろうの姿を見つけ出し、その石本来の姿を損なうことなしに、一羽一羽を丁寧に掘り出して完成させています。また、安倍川の丸みのある茶色の珍石『鉄丸石』のフクロウもあります。鉄丸石は別名『達磨石』といわれ、体の気が弱っている部分を活性化し、電磁波をシールドしてくれる効果も期待出来るとか。人類創世の遥か遠い昔に地球が造りだした石の神秘に、想いを馳せる瞬間です。
 
一転、石の灯りはモダンでスタイリッシュ。LED(発光ダイオード)を使ったコードレスタイプの小さなものから、月夜のふくろうと題され力作まで、光と影に変化ができて、とてもいいです。
プライベートな空間では、上方から光が降り注ぐより足下に灯りがあった方がリラックスできるとか。そんな足下ライトにいかがでしょう。
 
"石のある生活"を提案する小佐野哲二さんの作品群のなかで、錦上に花を添えるのは小佐野美紀さんのウッドピクチャー。流木の板材を背景にした、木彫りの子供やウサギの像は、ほのぼのとした懐かしさに満ちています。
 
石工房磊造 raizou 小佐野哲二・美紀 石と木の作品展 2012 in ぎゃらりー小川 を You Tube でご覧いただけます。
 

松田イメルダ 手編みアルパカ展

□2014/01/14(火)~01/20(月) *18日(土)と19日(日)は休廊
11:00AM~6:00PM
 
アンデスの宝であるアルパカ糸100%を使用した工芸品を日本の皆様にご紹介しようと、
松田イメルダさんがリマの自社手編み工房で創作した、セーター・カーディガン・ベストをその他の小物とともに展示販売します。
 
20140114 ALPACA-01 20140114 ALPACA-04 20140114 ALPACA-05 20140114 ALPACA-02
20140114 ALPACA-07 20140114 ALPACA-03 20140114 ALPACA-06
 
松田イメルダさんの『イメルダ・コレクション』展。
祖国である南米ペルーが誇るアルパカ。このアンデスの宝とでもいうべき逸品を、第二の故郷である日本へ伝えたいという思いから、
アルパカ糸100%を使用したセーター・カーディガン・ベストなどをご紹介する作品展です。
 
イメルダさんがリマの自社手編み工房で、インカ時代から受け継がれる伝統手法を取り入れた手編みの技を駆使して創作したアルパカは
しっとりと肌に馴染みます。
丹念に柄合わせした丁寧な仕上げ、美しい色彩と上質な風合い、大胆で華やかな柄が織りなす一着は、
正にオリジナリティーあふれる作品であるとともに、心和む懐かしさに溢れています。
ペルー・クスコ地方の焼き物を使った可愛らしいボタンがお洒落に彩を添える手編み作品です。
 
アルパカの温もりと手編みの暖かさを是非お手に取ってご実感下さい。
松田イメルダ 手編みアルパカ展2013 in ぎゃらりー小川を You Tube でご覧いただけます。
 

吉田百合香 百合香工房手織り作品展

□2013/12/16(月)~12/21(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は4:00PMまで)
 
千葉県印西市で手織り教室『百合香工房』を主宰する吉田百合香さんの工房展です。
 
20131216 YURIKA-Koubou 01 20131216 YURIKA-Koubou 02 20131216 YURIKA-Koubou 03 20131216 YURIKA-Koubou 04 20131216 YURIKA-Koubou 05 
 
既に手織り歴が半世紀を優に超えるという主宰者の吉田百合香さんは東京生まれ。
女子美術大学 芸術学部 工芸科を卒業されました。その折に師事されたのが染織工芸家で、
民芸運動の創始者・柳 宗悦のおいに当たる柳 悦孝先生。当時は芹沢銈介先生も頻繁に同大学を訪れ、学生と親しく交わられたとか。
そんなキラ星のような先生方の薫陶を得られたことが、吉田さんをしてここまで織りに打ち込ませたのかもしれません。
 
ご自身曰く、機織りの原点は洋裁の得意だったお母様の影響と群馬県北軽井沢の自然の中での疎開体験とのこと。
その吉田さんに昨年、慶事がありました。
富士の国やまなし国文祭プレ企画「工芸公募展2012」に出展した「陽のあたる街」が奨励賞を受賞したのです。
「陽のあたる街」はビルの中からブラインドを通した街並みを織で表現した作品です。
▼富士の国やまなし国文祭プレ企画「工芸公募展2012」
 
テーマは『身にまとう』。
 
一色ずつ染め上げた糸を一本ずつ丹念に織り込んで行くという丁寧な手仕事から生まれた作品は着尺・タピストリー・ストール・マフラー・テーブルセンターからウェアまで様々。ひとつひとつ手で織った品は世界で一つしかないオリジナル作品です。
正に手織りの精髄を目に出来る作品展です。
吉田百合香さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。
 
百合香工房(吉田百合香)手織り教室作品展2013 in ぎゃらりー小川を You Tube でご覧いただけます。

本谷眞智子 柿渋染め展 『太陽の贈り物』

□2013/12/09(月)~12/13(金)
11:00AM~7:00PM
 
本谷眞智子さんが山形県小国町の染工房どんぐりで
昔の染め方のままに柿渋・藍・草木で染めた染色展です。
 
20131209 HONTANI-01 20131209 HONTANI-02 20131209 HONTANI-03re 20131209 HONTANI-04     
20131209 HONTANI-05 20131209 HONTANI-06 20131209 HONTANI-07 20131209 HONTANI-08
 
山形県小国町在住の染工房どんぐり 本谷眞智子さんの柿渋染め&むかし染めの個展です。
 
柿渋染めは太陽の贈り物とも呼ばれるほど太陽の光に何日もさらします。
 
何度も何度も染め付け作業を繰り返し、何日も何日も陽光にさらされることで、はじめて独特の深みのある色が生まれてくるのです。
そうして生まれる柿渋染めならではのやわらかく深く色合いはほんとうに魅力的です。
 
山形の柿渋は優しい色に染め上がります。
味わい深い布を使ったコート、ブラウス、スカート、ジャケット、ストール、帽子、タペストリー、のれん、その他小物類まで充実のラインナップです。
本谷眞智子さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。
 
本谷眞智子 柿渋染め展2013 in ぎゃらりー小川を You Tube でご覧いただけます。

手編みニット MINE 仲良し展

□2013/12/02(月)~12/07(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
天然素材にこだわり、着やすさを追求したオリジナルの一着からは、手づくりの温もりが伝わってきます。
 
――――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――――――――――
   水沼伊代子 室伏民子 福田静子 松下美智代 西谷豊子 渡辺幸子
――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――――
 
2013 MINE-01 2013 MINE-02 2013 MINE-03 2013 MINE-04 
 
今回で第12回を数える人気の恒例イベント、仲良し展は手編みニットのMINEさんの作品展です。
 
MINEとは編み物大好き仲間が集まったグループ名。ウールと草木染と藍染・・・天然素材にこだわり、着やすさを追求したオリジナルの一着からは、 手づくりの温もりが伝わってきます。
 
 特筆すべき阿波藍で藍正(あいしょう)の外山 正さんが染めた、 本藍染ウールを使用したセーターやベスト。
 確かに藍染といえば綿・麻・絹といった素材が普通ですね。 本藍染ウールは滅多にないんです。 
 美しい本物の藍は私たちの五感を、やさしく癒してくれるような奥深さがあります。きっと着るほどに鮮やかさを増して、飽きることがないでしょう。 正に大人の日常にふさわしい作品です。
 
手編みニット MINE 仲良し展2012 in ぎゃらりー小川を You Tube でご覧いただけます。

グループえりまき 手織りマフラー展

□2013/11/25(月)~11/30(土)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
─  さむさの冬。あったかく ─ 
――――■ 出品作家 ■――――――――――――――――――――――――――
    鬼嶋貴子 小林リエ 築添美土 三宅康子 増田治子 小林のぶ子
   宮田ますみ(ガラスアクセサリー) 築添菜生(ポストカード) 欅工房
――――――――――――――――――――――――――■ 出品作家 ■――――
 
20131125 muffler-01 20131125 muffler-02 20131125 muffler-03 20131125 muffler-04
 
この寒い季節に欠かせないのがマフラー。可愛らしいものから少しシックに大人っぽく装­いたい時のものまで、多種多彩に並びます。
 
ウール・カシミア・麻・絹などの天然素材の肌ざわりの良さ、着心地の良さ、普段使いの­ヘビーローテーションに耐えられる機能性に加え、アイテムも厚みのあるもの、薄地のも­の、ミニマフラー、ロングマフラー、羽織れる大判ストール・ショールまで色々あります­。鮮やかな色彩のマフラーは寒い冬、暗めになりがちな服装をパッと明るくしてくれますよ­! 
 
手織りマフラー展「さむさの冬、あったかく」2011 in ぎゃらりー小川を You Tube でご覧いただけます。

遊空間七宝彫金展 2013

□2013/11/18(月)~11/23(土/勤労感謝の日)
11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 
 社団法人日本ジュウリーデザイナー協会(JJDA)会員 飯尾京子先生と、先生の講座を受講されている皆さんの作品展です。
有線七宝による創造的作品とジュエリーアートの数々。現代の宝物を探しに来ませんか。
 
20131118 Shippou-Choukin-01 20131118 Shippou-Choukin-02 20131118 Shippou-Choukin-03 20131118 Shippou-Choukin-04
 
主宰者の飯尾京子先生は東京芸術大学美術学部大学院彫金科を修了。有線七宝・鍛金・彫金を手掛けられ、米・仏・独などの国際七宝展に出品入選。1997年にはスペイン国際七宝展で大賞を受賞。(社)日本ジュウリー協会では前理事として活躍中です。
 
会場は有線七宝作品と彫金作品に分けて展示されますが、金・バロックパール・七宝を包括するといった高度な技法の作品が見られるのは、正にこの会ならでは。彫金作品には手頃な価格でお買い求め頂ける品も多数あります。
 
この会の出品者は二十歳代からご高齢の方までと、幅広いのですが、皆さん七宝・彫金の素晴らしさに魅せられた方々ばかりです。
 
飯尾京子さんの人と作品は店主ブログ「モノもの応援帳」にて詳しくご紹介中。ちょっとのぞいてみてください。
 
遊空間七宝彫金展(飯尾京子)2012 in ぎゃらりー小川を You Tube でご覧いただけます。